カクテルファンが多い店だが、ウイスキーの品揃えも充実していて、またフランスワインを中心にワインを50銘柄ほど置いている。
『Bar arcenciel』。アルカンシェルと読む。店主は石垣隆氏。ハスキーボイスの好男子だ。

仙台市の歓楽街、国分町に店はある。ビルの地下だが、店内は蔵の中のバーをイメージした設計になっている。
木の柔らかさ、石の重厚感、漆喰の白の温かみ。カウンターはタモ材の一枚板で、材の持つ自然のラインをそのまま活かしている。壁には大谷石、上壁から天井は漆喰とくるとなるほどと思う。だがところどころにガラスが施され、またカウンター席背後にはイタリア・モダン調のソファがしつらえてある。
ガラスとソファがキレ味となり、重々しさを消し去り、老若男女が気軽にくつろげる空間を上手くつくりだしたといえよう。

石垣氏は20代前半、東京・霞ガ関の名店『ガスライト』で修業をして郷里に帰って独立した。仙台は都会でありながら、田舎臭い部分もあり、接客にもいろいろ気を遣うことが多かったというが、30代半ば過ぎにして苦労人的な気配さえ漂う。根っから人間的な優しさがある人なのだろう。誠実さが伝わってくる。

彼のカクテルを飲むと優しい気持ちになれる。
ウイスキーはシングルモルトのマッカラン、ラフロイグ、タリスカーが人気だという。私はあえてスタンダードなブレンデッドウイスキーを数種飲んだ。石垣氏にはブレンデッドウイスキーに似た柔らかい味わいがある。(写真/佐藤慎吾『日本のグッドBAR』新潮OH!文庫より)

Bar arcenciel
宮城県仙台市青葉区国分町2-10-21 邦栄ビルB1
Tel.022-712-6285 19:00~3:00(祝19:00~24:00) 日休

チャージ¥1200、ウイスキー¥700~、カクテル¥800~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。