カクテル名は『麦秋』。
潮の香の独特のスモーキーフレーバーに、ハーブ系の甘くまろやかな香味を併せ持つアイラモルトのボウモア、そして日本酒とのステアというレシピだ。

麦秋



英勲 純米大吟醸  45ml
ボウモア12年   15ml
上記材料をステアしてグラスに注ぐ。


京都のBAR K6のオーナーバーテンダー、西田稔氏のオリジナル作品で、簡単に言えば日本酒ベースのマティーニ、サケティーニである。
このカクテルは普段いつもで飲めるのだが、とくに新年は香味にいっそうの華やぎが増す。ボウモアは12年を使う。これはつねに変わらない。何が特別で華やぎが増すかというと、日本酒だ。


京都独自の酒米“祝”(いわい)から誕生した『英勲 純米大吟醸』(斉藤酒造)をこの時とばかり使うのだ。
新年から祝米というのが何はさておきいいではないか。


かつて祝は京都の酒蔵で盛んに使われていた酒米だったが、育成の難しい品種であったため1970年代に栽培されなくなってしまった。“京都の米で京都の酒を”を謳い文句に、京都府が祝の復活を試み、90年に試験醸造をおこなったのが英勲の斉藤酒造である。京都の奨励品種としてその2年後に復活し、本格栽培がはじまった。


ウイスキーのサイトなのに日本酒の説明ばかりで申し訳ないが、この純米大吟醸、とっても上品で、口中のキレのよさがある。ひと口に淡麗と表現できない気もする。味にも芳香にもメリハリがあって、口に含み噛みしめるとその奥深さに味雷の芽が開くようだ。


伏見の名水『白菊水』で仕込んだ後、低温でじっくりと発酵させ、斗びんしずく搾りという方法でつくられている。限定も限定、年間200本という少量生産だ。
だから『麦秋』というカクテル名は新年にふさわしくないのだが、祝の酒米名と限定酒というこの2点が、春を寿ぐのだ。