パリっジューシー、めちゃウマの焼き餃子

池袋東口から明治通りを王子方面へ。六又交差点の春日通りを右折して二つ目の信号を左折、すぐ先に餃子専門の「東亭」が現れる。徒歩10分ほど。
画像の代替テキスト
「焼き餃子定食」820円 分厚い鉄鍋でじっくりと焼きあげる

中華にかかわらず僕は飲食店のメニューに餃子があったら必ず食べるし、家でも冷凍庫に餃子がなくなりかけると、皮も自家製して 100 個ぐらいは作りおきしている。そのくらい餃子が大好きだ。
池袋にある出版社に勤めていた頃、この「東亭」に出会った。昼飯時、同僚と界隈を散策していて、行列を発見。
「へー、餃子専門店か」
「今日、お客さん来るよな、ニンニク大丈夫かな?」
「だな、確かお客さんって女の人だったな。餃子だからね、しょうがないよ、ガムでも噛むか」
と意を決して入店。みな「焼きぎょうざ定食」820円を注文。登場したのがご覧のもの。餃子6個、かなりの大きさ。そして一口、
「旨いね! 餡がぎっしりと詰まっていて皮がパリパリでいいし、具の粗みじんの野菜が、いい具合いに主張していて存在感があるね」