yomoyma.jpg
既報の通り、お米はあんまりよくないようです。しかし、川越/坂戸あたりはさほどの被害でもないみたい。でも例年より10日~2週間程度は収穫が遅れています。
さて、8月26日に播いた我々のそばの様子です。この画像は9月15日のものですから、播種後20日目の画像ということになります。
外観
▲山田のなぁ~かぁの 画像拡大


外観
▲一本足のかかし 画像拡大


外観
▲そばは順調な生育 画像拡大


外観
▲一部条播きした所 画像拡大


外観
▲圃場全体の様子 画像拡大


外観
▲来週花が咲く 画像拡大


ちょっと寄り道


ここは、川越街道の落合橋南詰めを少し東に入った山田地区。川越街道からもこれらの案山子が楽しげに見えます。

今回は畑に行く前にちょっと寄り道。なかなか可愛い案山子さんたちで、思わずにっこりしてしまいました。


さて畑に…


エンジン付の播種機でガンガン播いたため、圃場中央がちょっと「厚」かったかなぁというのが、生産者と私の反省点。でも、現在のところ個体は茎もしっかりとしていて、なかなか順調に生育しているようです。


15日の作業は、圃場周辺の雑草取りと、昨年の落粒が圃場周辺に発芽・生育しているのでそれらを三角ホーで処理。4反強に対し、5人参加で30分ほどの作業となりました。


夏は去ったはずなのに、強い紫外線を感じさせる陽ざし。そばにとっては悪くないことですが、暑さに慣れていないカラダにはちょっとツライ暑さではありました。


そばに寄ってみると、すでに蕾をつけて開花を待つばかり。


来週からは真っ白な花を咲かせると思いますので、そうなったらミツバチを放して他家受粉を促す計画です。


次回の作業は9月23日(祝)に行う予定。作業後のイタリアンレストランでの会食も楽しいイベントとなりそうです。


場所は埼玉県 坂戸市中小坂、東坂戸団地の西側あたりに位置し、11時頃から作業をしていますので、ご興味のあるかたは冷やかしにきてください。


(記事は以上)
Vol.1 | Vol.2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。