中国ブースにも変化が


中国ブースのディスプレイ


次に向ったのは中国ブース。残念ながら中国ブースは、特に食品に関して安全面で問題が指摘されるなど、日本では受け入れ難い状況があるため、なんとなく他の国のブースに比べると全体的に閑散としている印象を受けました。

もともと中国のブースは、何処に行ってもやる気があるのか?と思うほど、ブースのスタッフはテーブルに陣取り自分たちの話に夢中になって、訪問者にもみ向きもしないという感じでした。

しかし、今回回った茶荘のブースの多くは、以前とは打って変わりフレンドリーに対応してくれるのが、とても印象的でした。座っているだけでは人が来ないということが解ったのか、あるいは、やり手の営業マンを送り込んできたのか(笑)。

それから、中国ブースの中国茶の関係は、以前その多くが日本向け緑茶の卸問屋がメインでした、。中国浙江省で作られる日本茶を日本の商社や飲料会社に販売するのが目的で、我々の興味のある、中国茶そのものを扱っているお店はほとんど無かったのです。ところが、今回は逆に福建省の烏龍茶などを扱うブースが増えていて、中国のブースの印象が大きく変わりました。

今回中国から出展した茶関係のブースは以下のとおりです。

■ 福建仙洋洋食品科技(Fujian Xian Yang Yang Food & Technology)
こちらは、中国茶から抽出した濃縮液と茶粉末を卸す会社です。もちろん、日本では小売目的ではなく、飲料会社への卸を目的に展開していますが、それだけではなく、業務用の茶葉についても、「禅茶」などとオリジナルのブランド名をつけたシリーズの販売に注力していました。現在は台湾、インドネシア、カザフスタンなどを取引相手イにしており、更に日本にも進出したいというのが、今回フーデックスに出展した理由だそうです。ちなみにこの会社の手伝いをしていたのが、日本でもオンラインショップを展開している漢源茶荘のスタッフの方々でした。オーナーの黄さんに久しぶりにお会いして、ちょっとびっくりでした。
住所:Room501 Jianxin Road 32# Ningde City, Fujian Province CHINA
電話:86-593-2807677/Fax: 86-593-2805777
HP:http://www.seian.com.cn; www.xianyy.com/


日泰茶業の茶パッケージ


■ 福建省南安日泰茶業有限公司(Fujian Nanan Rittai Tea)
福建省南安日泰茶業は、1991年の設立された福建省南安市にある茶企業です。茶葉の栽培から加工、輸出まで一貫して実施しており、岩茶など福建烏龍から白茶、紅茶、緑茶、さらにプーアル茶まで幅広く取扱っているのが特徴です。この会社も他の中国企業と同様、有機JAS規格に基づくオーガニック茶であることを全面に出していました。パッケージデザインにも力を入れており、上品なデザインは好感がもてました。
住所:Maoshan Industrial Area in Nanan City, Fujian ,China.
電話:+86-(0)595-6353638/Fax: +86-(0)595-6357222
HP:http://www.ritaitea.com/

■ 浙江臨安九城茶業有限公司(ZHEJIANG LINAN JIUCHENG TEA)
こちらの会社は、非常に幅広く茶関連の商品を取扱う商社でした。龍井茶から鉄観音、中国紅茶、工芸茶のみならず、日本向けの日本茶、ティーバッグ、速溶茶と呼ばれるインスタントティーなど、様々な商品を扱っていました。もちろんフーデックスでは、日本向けの日本茶とメインに展示をしていましたが、ブースにいたスタッフにインタビューしたところ、経山茶、碧螺春、竹葉青、西湖龍井などの高級茶も取扱っているとのことで、日本ではそんな高級茶が人気なのかと逆にインタビューされてしまいました。まあ、安ければみんな欲しいとは思うのですけれど、高級茶葉やはり高いというのが印象でした。
住所:RM1903, 218 TI YU CHANG ROAD, HANGZHOU,CHINA
電話:0086-571-85170216/Fax: 0086-571-85170213
HP:http://www.jiuchengtea.cn/

■ 浙江茗皇天然食品開発有限公司(ZHEJIANG MINGHUANG NATURAL PRODUCTS DEVELOPMENT)
こちらは、茶飲料会社向けの速溶茶や粉末茶をメインに製造販売している会社でした。残念ながら茶葉のお茶はありませんでしたので、特に取材はしませんでした。
住所:XIAONANHAI TOWNSHIP, LONGYOU CITY, ZHEJIANG 324404 CHINA
電話:0086-571--89923671/Fax: 0086-571-89923697
HP:http://www.minghuang-cn.com/


日泰茶業の茶パッケージ


こうして見ると、浙江省の企業は以前とはあまり変わらない感じでしたが、福建省の企業はまさに中国茶を販売するところに注力している感じがあり、特に 中銘茶業有限公司のスタッフは熱心に人を呼び込み、中国茶の魅力を説明していました。中国の企業ももっと販売戦略を考えれば、日本に進出できる可能性があるのだとは思うのですが・・・。しかし、単独進出は難しいのでしょうね。

<関連リンク>

FOODEX 2010レポート Vol.1

紅茶ガイド桑原さんのFOODEXレポート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。