2001年10月に、南青山のモーダポリティカで開催されたサロン・ディターフェルというテーブルコーディネート教室のパーティーで、茶藝のデモンストレーションが行われました。その名も「四序茶会」
四序茶会は、四季の秩序と生命力をお手前で表現した茶会だそうですが、今回は、天仁茶藝文化基金会で茶藝を学んだ東方美人の禰津さんが、台湾から天仁茶藝文化基金会の秘書、劉 淑娟(リョウ・シュウジュェン)さんを招いて、このデモンストレーションをプロデュースされました。

そこで、今回は、奥が深くて優雅な「四序茶会」のほんのさわりをご紹介しましょう。♪

「四序茶会」

上原さん率いるサロン・ディターフェルというテーブルコーディネート教室の発表会を兼ねたパーティーでは、毎年テーマを決めて、パーティーを運営しているそうですが、今年のテーマは「清香宴」。いま注目の中国茶に見せられた上原さんが、いつも中国茶を楽しんでいる東方美人の禰津さんに声をかけて、茶藝のデモンストレーションを中心にパーティーを行う事にしたのだそうです。

禰津さんは、前から是非日本にも紹介したいと思っていたのが、「四序茶会」。このお手前は、台湾にある天仁茶藝文化基金会の林易山先生が10年ほど前に四季の移り変わりを表現するものとして制定された、非常に見ごたえのあるものでした。

まず、4つの茶席が設置され茶席の中央には黄色のテーブルが用意されます。それを囲うように方位にしたがって四つの茶席(緑赤白黒のテーブルクロスが敷かれる。)が東西南北を向いて設けられ、それぞれ春夏秋冬を示すようになっています。それぞれの方位を守護する青龍・白虎・朱雀・玄武の色に因んで茶器の色が揃えられて、五行の色が整えられるという、非常にシンボライズされた空間が出来あがっていました。茶人の前には、5つずつ客席がもうけられていて、客は全部で20名。合計24人の大きな茶会となります。24人というのは、24節季を表ということです。

 

四季を表すテーブルの配置

 
 

茶器も色違いのものを使用


中央と各テーブルには花が飾られ、中央のテーブルには香炉も運ばれ、各茶席には四季をあらわす言葉(「春風」「夏露」「秋籟」「冬陽」)をしたためられた扇子も飾られます。客席は各茶席に5つづつ用意され、これにより一年の二十四節季を表わしています。