『ギャバン』といえば?

『ギャバン』というと、映画ファンだったら映画俳優のジャン・ギャバン、特撮ファンだったら『宇宙刑事ギャバン』を思い出すことでしょう。そしてラーメン好きな人だったら、店のカウンタに置いてある『ギャバンのコショウ』を思い出すのではないでしょうか。そう、今回はギャバンスパイスの話です。

ギャバンスパイスは主に業務用として出回っておりましたが、2004年8月にハウス食品と業務提携を行いました。ギャバンの販売子会社がハウス食品に譲渡され、2005年2月から、ハウス食品がギャバンの家庭用商品を販売することになりました。
ギャバンポテトチップス
そして今回、ハウスからギャバンスパイスを使用した成型ポテトチップ『GABAN POTATO CHIPS』が発売されました。ハウスはかつて『チップスカンパニー』を販売していましたが、その後継商品ということになるようです。
パッケージはスパイス缶と同様、メタリックな色に『GABAN』のロゴが入っているシックなパッケージです。缶好きな私としては、スパイス同様スチール缶を期待しましたが、残念ながら紙パッケージです。味は『あらびきブラックペパー』と『チリペパー』の2種類。ポテトにスパイスを練りこみ・振りかけて揚げてあります。
ギャバンポテトチップスの内袋
内袋は2つ入っています。他社の成型ポテトチップスの内袋は1つのことが多いですが、2つに分かれていると湿気ないのでいいですね。

爽やかな大人の辛さ

ギャバンポテトチップスの中身
あらびきブラックペパーはコショウのつぶつぶがよく見えます。チリペパーは他社チリペッパー入り製品同様、赤っぽい色になっています。
試食してみますと、これが意外に辛い。『暴君ハバネロ』のような破壊的な辛さではありませんが、普通のポテトチップスのつもりで食べると驚きます。ブラックペパーは最初ピリっと辛く、チリペパーは食べた後ジワジワ辛さがやってきます。

このギャバンポテトチップス、ただ辛いだけではなく、ポテトチップとしておいしく食べられる辛さが良いと思います。同社カレールーのキャッチフレーズではありませんが、さわやかな大人の辛さでヒデキも感激することでしょう。

ハウス食品(トップ>スナック・菓子>GABANポテトチップス)
ハウス食品・Spice of Life(ギャバン家庭用スパイスカタログ)
ギャバン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。