幹部候補者に最後に投げかけられる質問

ナポレオンは司令官候補者の面接にあたり、最後には決まって次の質問をしたそうです。

「ところで君は運が良いか?」

戦争に勝つ方法は現実の力です。兵力、武器、物資、兵站、戦術。これら要素を決戦時までにどれだけ相手よりも拡充できるかにかかっています。

戦争の天才であったナポレオンは、その意味では徹底的なリアリストであったといえます。しかしこの逸話は、そんなナポレオンでさえも、運の要素を重要視していたという証左になりそうです。

運を引き込む

一流の人間は、制御不能な運でさえも、何とか味方につけようとしている。そんな執念を感じたエピソードを、双六屋が目撃した試合からご紹介しましょう。

2001年のバックギャモン日本選手権でのこと。国内4名、海外4名のトッププレイヤー8人による、特別なトーナメントが立ちました。そして決勝は長谷川俊介、アメリカのナック・バラットの激突となりました。

ナック・バラットこそこの競技では「超」のつく一流プレイヤー。彼を世界最強と呼ぶ人も少なくありません。彼にはあるジンクスがあるのですがそれが決勝での戦いに微妙な綾を生むことになります。

世界最強のプレイヤーのジンクス

ナックは常に自分のゲームボードを持ち歩いています。彼のジンクスは自分のボードで戦うというもの。

バックギャモンの世界では大会運営側が用意したボードを使わずにマイボードを使うという行為自体は珍しくありません。ナックは決勝でもそれを主張しましたが、しかしその願いは、大会運営者から却下されました。

というのも大会の公式ボードにはスポンサーのロゴ入り。試合の模様は俯瞰カメラで別室にて観客達が観戦していますので、今回ばかりはボードの変更は不可能です。

その時ナックがとった驚きの行動とは→

一流プレイヤーの執念、それは・・・

しかしそれでも彼は食い下がり「ボードは公式用をつかっても駒は自分のものを使用する」という執念ともいえる妥協案を大会運営者に認めさせたのです。

本来赤と青であるはずの駒が黄色と黒(ナックの持参の駒)になっていたので少し奇異に感じたのを憶えていたのですが、水面下ではジンクスに拘ったナックの執念があったことを後で知りました。

しかし結果はナックの恐れていたとおり。長谷川がナックを降し勝利! 海外のビックネームを日本人プレイヤーが破るという、日本バックギャモン界にとっては歴史的な一日となったのです。

ネガティブな要因はことごとく排除する

優勝をしたのは長谷川の実力であり、マイボードをでないとナックが弱いということではありません。しかし一方ではダイスを使うこのゲームは確かに運によって勝負の趨勢が決まってしまう場合もあります。

世界最高と謳われるプレイヤーでさえ、運を呼び込むためにこれだけの努力をしているという証左になるとおもいます。

これらのエピソードを知った当時は一流の人間もジンクスやゲンを担ぎ、運任せなのだなとおもっていましたが、最近考えを少し改めました。

人生には多くの挫折や失敗があります。仕事で、スポーツで、勝負事で、ゲームで、つい「運が悪かった」と軽々しく口にしていました。

しかし、失敗の大抵の場合は自分の不注意や努力不足が原因であり、振り返ってみれば準備さえしていれば避けられたものが多くありました。

神頼みは、準備をしたものだけの特権

運にこだわるという態度は文字通り「人知を尽くして天命を待つ」を行った者だけに許される言葉なのです。

徹底した研鑚と努力を積み重ね、最後に残った制御不能である運であっても、ネガティブな要因があれば徹底的に排除する。そこに一流の人間の凄みがあるのだと思いました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。