何故あのリンゴは人々から支持されるのか!?

ユーザーから絶大な支持を受けるリンゴ。といってもPCのマックのことではありません。

ボードゲーム界で支持されているキッチンタイマーのことです↓

お知らせタイマーりんごちゃん
商品名:お知らせタイマーりんごちゃんTE3850P

メーカー:ナショナル

実勢価格:880円(税込)



今日日100円ショップでキッチンタイマーを買える時代です。りんごちゃんはそういったものと比べると割高感は否めません。

しかし、あなたがボードゲームプレイヤーであるのなら、このりんごちゃんを手元に置いておくことも悪くないでしょう。その秘密は・・・


ラミィキューブの例会で出会ったりんごちゃん

双六屋がこのタイマーの存在を知ったのは、ラミィキューブの例会に参加したときでした。

お知らせタイマーりんごちゃん
持ち時間のあるゲームにあっては、燦然と輝きはじめるりんご!
ラミィキューブは手元と場のタイルと組み合わせ、手持ちタイルをいち早くなくしたプレイヤーが勝利するというゲームです。

公式の大会だと、プレイヤーは毎手番、1分の持ち時間があります。

これを計測するのにりんごちゃんが用いられていました。

正直、男の目からみると「りんごモチーフ」というのはキュート過ぎます。もっとカッコいい見た目のタイマー使えばいいのになぁと思いました。

しかし、りんごちゃんがラミィキューブの例会で支持されていたのは、他のキッチンタイマーにはない優れた機能面からでした。

他のタイマーにはないリンゴの優れた特性とは→

計るだけなら他のアイテムでもできる

1分を計るのに、砂時計や普通のキッチンタイマーではダメなのか? いいえ、プレイヤーが持ち時間をまるまる使用するなら、それらのアイテムでも事足りますし、まったく問題ありません。

りんごちゃんが絶大な威力を発揮するのは、持ち時間半ばで、手番プレイヤーがプレイを終了し、次のプレイヤーにターンが移るときです。

例えば、プレイヤーが30秒でプレイを完了したとしましょう。1分の砂時計を使用していた場合、砂時計をリセットし、再スタートさせるためには、砂が落ちきるまでもう30秒待たなければなりません。

それは僅か数秒の作業とはいえ・・・

キッチンタイマーなら、リセットは簡単です。しかし再スタートまでの手順を考えてみると。

→「タイマーを止める」
→「残り時間をリセットする」
→「タイマーを1分にセットする」
→「タイマーをスタートさせる」

という具合に、3~4手順かかります。とはいえ、操作としては数秒で終わります。しかしゲーム中は何度もこの作業をする場面があり、できれば作業を軽減したいもの。

そこで絶大な威力を発揮するのがりんごちゃんなのです。

たった2押しでゲーム再開!

りんごちゃんには、セットした時間を記憶するメモリー機能がついています。このため、持ち時間の半ばで、再スタートするには、以下の手順を踏むだけです。

→「タイマーを止める」
→「タイマーをスタートさせる」

ボタンをたった2回押すだけで、プレイが再開できるのです。普通のキッチンタイマーと比べ、作業時間は数秒だけのアドバンテージでしかありません。

お知らせタイマーりんごちゃん
ピッ、ピッで再スタート。僅か1秒でゲームが再開できる快適さ! 他のタイマーでは味わえない。
しかし実際にやってみるとわかるのですが、わずか2回のボタン押しただけで、ゲームを再開できる快適さは、絶大なものがあります。

操作の簡易性、ゲーム再開への即応性。ゲームに使用することにおいて、これ以上のタイマーは存在しないと言い切るプレイヤーもいます。(双六屋もその意見に賛成です)

あなたがボードゲームプレイヤーであるのなら、このりんごちゃん、かなり頼りになる相棒です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。