「例の持ち方」とは何だ!?

海千山千のポーカープレイヤーたちの生態を描いた、映画の『ラウンダーズ』では次のようなシーンが出てきます。主人公のマイクにポーカー仲間のクニッシュが苦言を呈します。マイクの幼馴染でムショ帰りのワームがイカサマを使って賭場を荒らしているからです。

クニッシュ「ヤツはお前の名を汚しているぜ」
マイク「くそ、あいつめ、やめておけと言ったのに! 誰かにバレたのか?」
クニッシュ「まだ誰も気が付いていない。(中略)でも、例の持ち方をしてたんでオレには分かったんだ。」


注目すべきは「例の持ち方」という言い方です。原文ではこうなります。

with that mechanic's grip,

これは一体何のことなのでしょう?

「いかさま師の握り方」-メカニック・グリップ

普通にデックを保持している手
通常は、デックの縦長方向に、親指以外の4本がかかっているはず。
このメカニック・グリップ(mechanic's grip)こそイカサマ師たちの秘密の一部なのです。そもそもメカニックは俗語で「イカサマ」の意味になります。

みなさんがカードを配るときを思い出してみてください。デック(山札)を左手に保持し、左手の親指でデックの一番上のカードを一枚づつ繰り出し、右手にパスして配るはずです。

この時、左手の他の指はデックの縦長方向の縁に4本揃っているはずです。





メカニカル・グリップでデックを保持している手
普通の持ち方と違うのは人差し指の位置。たったコレだけのちがいなのだが・・・
しかしこの映画でワームがやっていたように、イカサマ師が、イカサマを使う場合はこのデックの保持の仕方に秘密があります。

左手の人差し指が、普通にカードを配るときとは異なった位置にかかるのです。これがメカニック・グリップです。そしてこの「例の持ち方」こそある秘密の技法の前段階になります。

ではその秘密の技法を次のページで!

光速の手妻。セカンド・ディール、ボトム・ディール

メカニック・グリップ自体は技法ではありません。デックの持ち方の名称です。ただこの持ち方をすることでフォールス・ディール(fales deal デックの一番上のカードを配ると見せかけて好きな場所からカードを引き抜くテクニック)というイカサマを可能にするのです。

このフォールス・ディールにはセカンド・ディール(second deal デックの上から2番目のカードを引き抜くテクニック)やボトム・ディール(bottom deaI デックの一番下からカードを引き抜くテクニック)といったものがあります。

残念ながら企業秘密のため・・・

が、残念ながらここでこれ以上の技法の解説はできません。カードテクニックは双子の兄弟。不正として使えばイカサマになりますが、エンターテイメントとして使えばマジックになります。

つまりこのフォールス・ディールはイカサマ師の秘密兵器ではありますが、同時にマジシャンたちの企業秘密です。専業的マジシャンでもない双六屋が、その技法を詳細に解説するのはこのサイトの目的ではないからです。

ただヒントだけ述べておくと、左手の人差し指のポジションがキーとなって、任意のカードを引き抜きやすい環境を作ります。

またこれらの技法は膨大なカードコントロールテクニックのほんの一端でしかありません。カードを配る時以外でも、カードをシャッフルするときや、カードを秘密裡に隠し持ったりと、イカサマ師たちの細かい技法まで数えれば、それこそ何百という技が存在します。こうした技法を駆使して、イカサマ師は好きなときに、強いカードを手札に配ることができるのです。


ただしメカニック・グリップやフォールス・ディールなどは、ベーシックなカードテクニックであり、専門書籍やDVDといったマジックの教材を購入すれば、その技法の秘密を誰でも知ることができます。


イカサマは使わなくても知っておく必要はある

ゲームでイカサマを使う必要はまったくありません。しかし、あなたが競技志向のプレイヤーで、その道のトッププレイヤーになりたいのであれば、イカサマに騙されないための知識は身につけておく必要があります。


見知らぬ対戦相手とテーブルを交えるとき、ディーラーの手元を(少なくともメカニック・グリップしていないかどうか)チェックすべきであることは言うまでもないでしょう。

以前、『人生を勝利に導くゲームの名言3』で紹介しましたが、イカサマ師・ダービーの言葉が、かえすがえすもイカサマの本質を突いているからです。

「ばれなければイカサマとはいわないのだよ」




本日の関連・参考サイト

キョロちゃんに習うカード透視術 イカサマを使わずに、裏からカードの内容を見抜いてしまう驚異!
勝負師の魂が染み付いた花札 本物のグラサイ(イカサマダイス)の画像付き
僕のサイコロコレクション ジョークグッツとしてのグラサイをご紹介
書籍で味わう究極の勝負 技術、運、イカサマ。己の技量の全てを賭けて勝負する男たち
こちらを見ろ!丸裸にしてやる 相手の手札を見抜くテクニックはなにもイカサマばかりではない
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。