『大乱闘スマッシュブラザーズX』

誰もが認めるWii最大の期待作、『大乱闘スマッシュブラザーズX』がいよいよ本日発売となりました。いま、あえて「誰もが認める」なんて書きましたが、じつは『スマブラ』はニンテンドウ64で第一作が発売された当初は、必ずしも「誰もが認める」ゲームではありませんでした。

『スマブラ』というゲームが、全世界で待望されるシリーズにまで成長した理由はどこにあるのでしょう。いったいどこが、そんなにスゴいのでしょう。当記事では、『スマブラ』誕生の舞台裏を探ってみることにしましょう。

任天堂オールスター「勢ぞろい」の理由

『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』(ニンテンドウ64)

初代『スマブラ』の企画がスタートしたのは、1996年の10月ごろ。ニンテンドウ64が発売された直後の時期でした。企画当初は、任天堂のキャラクターたちが登場すると決まっていたわけではありませんが、「敵にダメージを与えると次第にふっとびやすくなり、場外に吹っ飛ばせば勝ち!」というアイデアは当初からすでに出来ていたものでした。

そもそも『スマブラ』は、いわゆる「格闘ゲーム」とは一線を画すようなゲームを作りたい、というコンセプトから生まれた側面があります。格闘ゲームというと、初心者には技のコマンド入力が難しそう……とか、昔からのファンには敵いそうにない……とか、そういうイメージをどうしても持たれがちですよね。しかも格闘ゲームは、まず業務用ゲーム機(アーケード)で人気が出てから、家庭用ゲーム機に移植されるパターンが多いですから、格闘ゲームを最初から家庭用ゲーム機向けに作っても、認知されるまでが大変だったりするのです。

だからこそ、『スマブラ』は格闘ゲームらしくない2つのボタンと方向の組み合わせによるシンプルな操作になり、広く認知してもらうために任天堂のキャラクターたちが総登場することになったのです。

※画像をクリックすると拡大表示します。
2ボタンといっしょに十字ボタンを押せば「通常ワザ」、1ボタンなら「必殺ワザ」を出せる(Wiiリモコンを使う場合)。これさえ理解していれば、『スマブラX』のほぼすべての技を出せる。

「勢ぞろい」は、そう簡単にできることじゃない

任天堂が発売するゲームなんだから、任天堂のキャラクターを「勢ぞろい」させるのは簡単でしょ? ……そんな風に思ってしまう人も、いるかもしれません。しかし実際には、『スーパーマリオ』や『ポケットモンスター』などの作品にはそれぞれ原作者が存在し、たとえ任天堂であっても原作者の許可なしにはキャラクターを別の作品に登場させることはできないのです。

つぎのページでは、「勢ぞろい」が実現するまでの道のりを探ります。

 


『スマブラX』はここがスゴいんです

歴代『スマブラ』のディレクター・桜井政博氏は、開発中のものすごく忙しい時期であっても、ゲームの原作者に了解を求めたり、説明をするための時間を惜しむことはなかったという。『スーパーマリオ』や『ゼルダの伝説』の生みの親である任天堂の宮本茂氏に対しても、相当に気合の入った試作版でプレゼンテーションを行って、ようやくオーケーをもらえたようです。その経緯についてはこちらの記事で触れられていますが、とくに印象深い部分を以下に抜粋します。

========
桜井氏:
マリオとか、リンクとか、いままで何年間も携わってきたひとたちっていうのが、必ずいるわけじゃないですか。ユーザーもそうだけど、まずそのひとたちを裏切っちゃいけないなってことを思っていて、それはもちろん、大きなプレッシャーになっていましたね。

========

桜井氏は、幅広いゲームに対して造詣の深いゲームクリエイターとして知られています。たとえばゲームキューブの『大乱闘スマッシュブラザーズDX』では、300個近くもある「フィギュア名鑑」の解説文をすべて桜井氏みずからが書いていますし、週刊ファミ通の連載コラム「ゲームについて思うこと」でも、ゲームに対する幅広い知識と愛情をうかがい知ることができます。そんな桜井氏だからこそ、原作者も信頼することができるのでしょうね。

※画像をクリックすると拡大表示します。
『スマブラX』では任天堂のキャラクターのみならず、ソニック(版権元:セガ)や、スネーク(版権元:コナミ)といった他社の人気キャラクターまで参戦する。ほかのゲームでは絶対に実現しない夢の競演!

初代『スマブラ』の発売当初は、任天堂のキャラクターどうしを戦わせる「安直なゲーム」といったネガティブな意見も、少なからずありました。しかし発売から時間が経つにつれ、既存の格闘ゲームとは一線を画するシンプルな操作性と、ゲームとしての奥深さが口コミで広がり、しだいに評価を高めていきました。シンプルなのに奥深い……というゲームコンセプトは、もともと「任天堂のゲーム全般」に当てはまるものですが、その姿勢を、「任天堂キャラが勢ぞろいするゲーム」で実現している作品。それが『大乱闘スマッシュブラザーズ』の何よりスゴいところなのです。

Wiiで登場するシリーズ最新作は、間違いなく、歴代作品の中でもっとも間口が広く、もっともボリュームのある作品になっています。Wiiで“ゲームらしいゲーム”を遊んでみたいすべての方に、『大乱闘スマッシュブラザーズX』を体験してみることをオススメしますよ!

【関連記事】 本日発売! 写真で解説する『スマブラX』 >>

【関連ページ】
『大乱闘スマッシュブラザーズX』公式サイト

(C) 2008 Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon / Creatures Inc. /GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment Co., Ltd. / SEGA

 





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。