創立(1889年)
~ファミリーコンピュータ(1983年)

1889
◆山内溥氏(前・任天堂社長)の曾祖父にあたる山内房治郎氏が、京都市下京区正面通り大橋西入の地において「任天堂骨牌」を創立、花札の製造を開始。
1902
◆日本最初のトランプ製造に着手。
1927
◆山内博氏(のちの任天堂社長、50歳のときに「博」から「溥」に改名)が生まれる。
1933
◆「合名会社山内任天堂」を設立。
1947
◆「株式会社丸福」を設立。かるた、トランプ類の販売開始。
1949
◆山内溥氏が三代目取締役社長に就任。当時はまだ早稲田大学法学部の学生だった。
1950
◆合名会社山内任天堂より、大統領印等のかるたの製造業務を継承。
1951
◆「株式会社丸福」の商号を「任天堂骨牌株式会社」に変更。
1952
◆京都市東山区に本社工場を建設、京都市内の製造場を統合。
1953
◆国内で初めてプラスチック製トランプ製造に成功、量産開始。
1959
◆ディズニーキャラクターを使用したトランプを発売し、子供向けトランプ分野を開拓。
1962
◆株式を大阪証券取引所市場第二部、ならびに京都証券取引所に上場。
1963
◆社名を現在の「任天堂株式会社」に変更。
◆カード類以外の室内ゲームの生産を開始。
1965
◆横井軍平氏、任天堂入社。横井氏はのちに「ゲーム&ウォッチ」や「ゲームボーイ」の開発に携わる。
1969
◆室内ゲーム部門を拡充強化し、京都府宇治市に宇治工場を建設。
1970
◆大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定。
◆オプトエレクトロニクス応用の光線銃シリーズの販売を開始。
1977
◆宮本茂氏、任天堂入社。宮本氏は言わずと知れた『マリオ』『ゼルダ』『ドンキーコング』など任天堂の看板キャラクターたちの生みの親。
◆任天堂最初の家庭用ゲーム機「テレビゲーム15」を三菱電機と共同開発、発売開始。
1980
◆家庭用液晶電子ゲームとデジタルクオーツ時計を複合させた「ゲーム&ウォッチ(写真)」発売(4月28日)。横井氏が新幹線に乗っているときに、サラリーマンが暇つぶしに電卓をいじっているのを見て発想したという。
◆米国ニューヨーク州に現地法人Nintendo of America Inc.(NOA)を設立。
1981
◆アーケードゲーム『ドンキーコング』発売。ちなみに、翌年に発売されたマルチスクリーンのゲーム&ウォッチ『ドンキーコング』にて任天堂は初めて十字キーを採用した。
◆NOA、ワシントン州シアトル郊外に本社を移設。
1983
◆業容拡大に伴い、生産能力拡充のため宇治市に新工場を建設。
◆株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
◆カスタムCPU(中央演算処理装置)・PPU(映像処理装置)を使用した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(写真)」発売(7月15日)。
◇セガ最初の家庭用ゲーム機「SG-1000」発売(7月14日)。

ファミリーコンピュータ(1983年)
~ニンテンドウ64(1996年)

1983
◆業容拡大に伴い、生産能力拡充のため宇治市に新工場を建設。
◆株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
◆カスタムCPU(中央演算処理装置)・PPU(映像処理装置)を使用した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」発売(7月15日)。
◇セガ最初の家庭用ゲーム機「SG-1000」発売(7月14日)。
1985
◆ファミリーコンピュータの米国仕様「NES(Nintendo Entertainment System)」販売開始。
◆ファミリーコンピュータ用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』発売(9月13日)。同年、ファミリーコンピュータは374万台、翌年には383万台を売り上げた。前年までの累計販売台数が210万台であったことを考えると、その勢いは凄まじい。
◇「セガマーク3」<セガ>発売(10月20日)。
1986
◆「ファミリーコンピュータ ディスクシステム(写真)」発売(2月21日)。『ゼルダの伝説』と同時発売し、発売初年度には224万台を売り上げた。
1988
◆「ファミコンネットワークシステム」サービス開始。さまざまなサービスが行われるも、野村証券と共同で証券情報及び証券取引のネットワークサービスを行った「ファミコントレード」以外は広く普及するには至らなかった。
◆米国におけるNESの飛躍的な需要増等に対応するため、宇治工場増築・宇治小倉工場新設・本社開発棟新設・本社工場整備工事を完了。
◇「メガドライブ」<セガ>発売(10月29日)。
1989
◆液晶ディスプレイゲーム機「ゲームボーイ(写真)」発売(4月21日)。
1990
◆「ファミリーコンピュータ」の後継機「スーパーファミコン(写真)」発売(11月21日)。
◆旧西独フランクフルトにNintendo of Europe GmbHを設立、本格的な欧州市場での事業展開を開始。
◇「ネオジオ」<SNK>発売(7月1日)。
◇「ゲームギア」<セガ>発売(10月6日)。
1991
◆「任天堂エンターテイメント」という統一店舗名のもとに、フランチャイズ事業の全国展開を開始。
◆ソフトウェアを評価、その情報をファミコンネットワークを通じ流通業者に提供する「スーパーマリオクラブ」発足。
1993
◆ファミコンの本体デザインを一新した「ニューファミコン」発売(12月1日)。
◆フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、スペイン、オーストラリアの六カ国に現地法人を設立。
1994
◆ゲームボーイ用ソフトがスーパーファミコンを通じてテレビ画面で遊べる「スーパーゲームボーイ」発売(6月14日)。
◆任天堂宇治工場(宇治小倉・宇治大久保工場を含む)が国際品質保証規格「ISO9002」の認証取得。
◇「3DOリアル」<松下電器>発売(3月20日)。
◇「セガサターン」<セガ>発売(11月22日)。
◇「プレイステーション」<SCE>発売(12月3日)。
1995
◆スーパーファミコン専用の衛星放送受信アダプタ「サテラビュー」による、世界初の衛星データ放送「スーパーファミコンアワー」放送開始(4月23日)。
◆デュアルディスプレイシステムにより、テレビ画面では不可能な完全立体空間を表現できる「バーチャルボーイ(写真)」発売(7月21日)。
1996
◆ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤/緑』発売(2月27日)。
◆64ビットCPUを搭載した世界初の家庭用ゲーム機「ニンテンドウ64(写真)」発売(6/23)。

ニンテンドウ64(1996年)
~ゲームボーイミクロ(2005年)

1996
◆ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤/緑』発売(2月27日)。
◆64ビットCPUを搭載した世界初の家庭用ゲーム機「ニンテンドウ64」発売(6/23)。
1997
◆TVアニメ『ポケットモンスター』放映開始(4月1日)。
◆ローソンに設置されたMMS(マルチメディアステーション)でスーパーファミコンソフトの書き換えを行うサービス「ニンテンドーパワー」開始(11月1日)。
1998
◆スーパーファミコンの本体デザインが変更された「スーパーファミコン ジュニア」発売(3月27日)。
◆反射型TFTカラー液晶を採用した「ゲームボーイカラー(写真)」発売(10月21日)。
◆家庭用ゲーム機としては世界初となる、音声認識システム(ニンテンドウ64 VRS)を活用した対話ゲーム『ピカチュウげんきでちゅう』発売(12月12日)。
◆劇場版『ポケットモンスター』日本封切。ポケモンの海外展開を開始。
◇「ネオジオポケット」<SNK>発売(10月28日)。
◇「ドリームキャスト」<セガ>発売(11月27日)。
1999
◆任天堂と松下電器が、次世代ゲーム機を主体としたデジタルネットワーク家電戦略で包括提携。ニンテンドウ64の後継機「Dolphin(コードネーム)」を発表(5/12)。
◆ニンテンドウ64用周辺機器「64DD」を使った会員制ネットワークサービス「ランドネット」の運営のため、任天堂とリクルートの合弁会社「ランドネットDD」設立(6月30日)。

◇「ワンダースワン」<バンダイ>発売(3月4日)。

2000
◆HAL研究所相談役の岩田聡氏(現・任天堂社長)、任天堂の取締役経営企画室長に就任。
◆京都市南区に新本社建設、本社移転。
◇「プレイステーション2」<SCE>発売(3月4日)。
◇「ワンダースワンカラー」<バンダイ>発売(12月9日)。
2001
◆ゲームボーイの後継機「ゲームボーイアドバンス(写真)」発売(3月21日)。同時発売ソフトは任天堂ハード史上最多の25本。なお、歴代任天堂ハードのなかで最も同時発売ソフトの数が少ないのはスーパーファミコン(2本)。
◆ニンテンドウ64の後継機「ニンテンドーゲームキューブ(写真)」発売(9月14日)。
◆パナソニックより、DVD/ゲームキューブ互換プレーヤー「DVD-GAME Player Q(キュー)」発売(12月14日)。
2002
◆セガ・ナムコ・任天堂の3社、アーケード基板「トライフォース」の共同開発で提携(2月18日)。
◆スクウェア、6年ぶりに任天堂ハードへのソフト供給を発表(3月9日)。
◆任天堂代表取締役社長に岩田聡氏が就任。52年ぶりの任天堂社長交代となった(5月31日)。
◆ローソンでの書き換えサービス「ニンテンドーパワー」終了(8月31日)。
◇「Xbox」<マイクロソフト>発売(2月22日)。
2003
◆折りたたみ式でフロントライトを搭載した、ゲームボーイアドバンスの高級モデル「ゲームボーイアドバンスSP(写真)」発売(2月14日)。
◆バンダイ、ゲームボーイアドバンスへのソフト供給を発表。同社の携帯ゲーム機「ワンダースワン」は受注生産方式に移行(2月18日)。
◆誕生20周年にして、ファミコンの生産が終了(9月25日)。
◆インターネットを利用した会員登録サービス「クラブニンテンドー」開始(10月30日)。
◆中国市場においてコントローラ型ゲーム機「神遊機(写真)」販売開始。2002年にケイマン諸島に新会社「神遊」を設立した任天堂が、ゲーム機メーカーとして初めて正式に中国進出を果たしたことになる。
2004
◆ファミコンの名作ソフト10タイトルをゲームボーイアドバンス向けに復刻した「ファミコンミニ」発売(2月14日)。のちに第2弾、ディスクシステムセレクションへとシリーズ化された。
◆2画面、タッチスクリーン、音声認識機能などを搭載した携帯ゲーム機「ニンテンドーDS(写真)」発売(12月2日)。
◇「プレイステーション・ポータブル」<SCE>発売(12月12日)。
2005
◆ニンテンドーDSやゲームボーイアドバンスSPで音楽や動画を楽しめる、ポータブルAVプレーヤー「プレイやん」発売(2月21日)。
◆ゲームボーイアドバンスをスリム化・軽量化した「ゲームボーイミクロ(写真)」発売(9月13日)。「プレイやん」をスリム化した「PLAY-YAN micro」も同時発売。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。