ラブプラスとゲームと現実

ラブプラスの図
ラブプラスは、勉強や部活やバイトなど、高校生活の中で彼女と楽しくおつきあいする恋愛シュミレーションです。
あまりゲームをやりすぎると、現実との区別がつかなくなって危険だ、そんな風に言われることがあります。ですが、本当に現実と区別がつかなくなっているのか、どういう状態を指して現実との区別がついていないと言うのか、明確に示されていることは少ないように思います。

今回は、そこのところをちょっと整理してみようと思います。科学的な証拠を挙げて検証しよう、というのではありません。ごく普通に、当たり前の感覚で、現実と区別がついているのか、ついていないのか、考えてみようというのです。

とても分かりやすい題材として、ラブプラスというシリーズタイトルを例に挙げたいと思います。ラブプラスシリーズは、コナミデジタルエンタテインメントからニンテンドーDS(以下DS用)に発売された恋愛シミュレーションです。登場する3人の女の子の中から1人を自分の彼女にして、一緒に通学したり、デートにいったり、メールでやり取りしたりなど、恋愛気分が楽しめるゲームになっています。

DSの内蔵時計と連動して、例えばデートの約束をしたら、その時間に実際にDSを起動してデートをしたり、朝、起きた時や、夜寝る前に女の子とメールの交換をしたりと、まるで本当に恋愛をしているかのように、生活のリズムの中にゲームが入ってくるのが特徴的です。タッチペンでのキスなんていうのも話題になりました。2010年6月24日に最新作のラブプラス+も発売され、初週約10万本を販売しました。

【関連記事】
ラブプラスが彼女を怒らせる構造(AllAboutゲーム業界ニュース)

いかにも、現実とゲームの区別がつかなくなりそうなニオイがしますよね? それでは、整理して考えてみましょう。

ゲームの彼女と旅行に行く人達

ラブプラス+の図
彼女とお泊り旅行というのは、ラブプラス+からの目玉となる新要素。ゲーム中のイベントはリアルタイムに反映されるので、ゲームで約束した日に、自分も熱海に行く、なんて遊び方ができるわけです。
今、熱海では、大変面白いキャンペーンが行われています。その名も、熱海ラブプラス現象キャンペーン。ちなみに、ラブプラス現象と書いてラブプラスまつりと読みます。最新作のラブプラス+では、ゲームの中で彼女と熱海旅行に行けることが目玉の1つになっていまして、このキャンペーンでは、ゲームの中だけではなく、実際にDSを持って旅行に行ってもらおうと、熱海市と協力したイベントが行われています。

熱海ではゲームにも登場する実在の観光スポットを回るスタンプラリーなどが用意されているのですが、参加資格はラブプラス+ カノジョ同伴の方ということで、現地でゲームの彼女を見せることが条件になっています。さらに、やはりゲーム中に登場し、熱海に実在するホテル大野屋では、ラブプラス+持参のユーザーに、1室1名で止まっても、布団を2名分、つまり彼女の分を用意してくれるなんていう、驚きのサービスまで登場しました。

ゲームの中の彼女と旅行にでかけ、1人で泊まるのに2組の布団を用意してもらって宿泊するなんて、まさしく現実とゲームが混同されているかのように言われそうな事例ですね。次は、これを楽しむ人達がゲームの世界と現実の世界を混同しているのか、というお話をしてみたいと思います。

もちろん、ゲームだと分かってやってます

ラブプラスの図
むしろ、ゲームだと分かっているから色々できる、という側面が強いかもしれません。
さて、ゲームの彼女と一緒に熱海旅行なんていうと、あたかも現実とゲームを混同しているような印象を与えるかもしれませんが、おそらくは、そんなことはないと思われます。あえて無粋なことを言うようですが、みんなゲームの中の彼女が生身の人間ではないことなんて分かっています。分かっていて、気分を出して遊んでいるにすぎません。

気分、ムードというのは大事です。ゲームの中の彼女が本物でないからこそ、まるで本物かのようなムードで遊ぶことに意味があります。本物の彼女が相手だったら、熱海に1泊旅行ってそれ程特別なことではないかもしれません。都内から1時間で行けちゃう近場の温泉スポットですよね。

ゲームに登場した実在のホテルや港で、気分を出してゲームを楽しむというイベントだからこそ、近場の温泉スポットだって特別な場所になるんです。大掛かりなゴッコ遊びのようなもので、普通の遊び方とは言えないかもしれませんが、ゲームと現実を混同しているというような話ではありません。

モテないから、ゲームで彼女を作るんだと言う人

ラブプラスとARカメラの図
iPhone版のラブプラスiではARカメラという仕組みで、現実の世界にゲームの彼女を登場させた写真を撮ることもできたり。熱海で撮影したこんな写真を見ると、よく知らない人はビックリしちゃうかもしれませんね。
冷静に考えれば当たり前のことで、ゲームの中の女の子と生身の女の子の区別がつかなくなる人なんて普通はいません。でも、勘違いが生まれることがあります。ラブプラスのような恋愛シミュレーションが売れているのをみて、あれはモテない人がやるゲームだとか、現実の女の子と付き合う代わりにゲームの女の子と付き合っている、というような勘違いです。

ゲームの女の子が生身の女の子の代わりになると、そう思ったのなら、それは少し危険です。ゲームはゲーム、現実の女の子の代わりになるはずがありません。ゲームと現実を混同してしまっていると言っていいかもしれません。おそらく、こういう勘違いをしてしまう方は、実際にゲームを遊んでいない人が多いのではないかと想像されます。何故なら、ゲームを遊んでみれば、これはゲームだと誰でもすぐに分かるからです。

ゲームを遊ばずに、何を見て勘違いしてしまうのでしょうか。それは、気分を出してゲームを遊んでいるプレイヤーを見て勘違いしてしまうのではないでしょうか。つまり、ラブプラスを遊んでいる人があまりにゲームの中の彼女と楽しそうにして、あまつさえ温泉旅行にまで出かけて行くのを知って、これはゲームの彼女と本当に恋愛しているに違いない、と勘違いしてしまうというわけです。

ラブプラスを遊んでいる人はモテるのか、モテないのか、なんて話は笑い話ですみますが、ゲームを遊んでいる人は気分を出して遊んでいるだけなのに、それを見る人は勘違いしてしまうということは、ゲーム業界にとってはちょっと考えなければいけない現象です。

本当に混同しているのは誰なのか

恋愛シミュレーションの図
本当に、現実とゲームを混同して行動してしまったら、それは大変なことになります。(イラスト 橋本モチチ
サッカーをする人が、何故サッカーゲームをするのでしょうか、現実のサッカーを楽しめばいいのに。ゲームはゲームです、違う楽しみがあるんです。格闘ゲームをする人は、ケンカがすきなのでしょうか。ゲームはゲームです、本当のケンカなんてまっぴらごめんです。

多くの場合は、ゲームはゲームとして、みんな楽しんでいます。ラブプラスのプレイヤーも、雰囲気を出してゲームの恋愛をより楽しむということはしても、ゲームの中と同じように現実の女の子を口説けばうまくいく、なんて混同はそうそうしないでしょう。しかし、ゲームと現実の区別がつかなくなる可能性というのは、ことあるごとに話題にあがります。

本当にゲームと現実の区別がつかなくなっているのであれば、それは大問題です。レースゲームを遊んでいる人が、実際に運転ができると錯覚でもしたら危険です。しかし実際には、大いなる勘違いもたびたび起きているような気がしてなりません。ゲームを遊んでいる側が現実との境目を見失っているのではなく、ゲームを遊んでいない人が現実と結びつけて考えてしまっているという勘違いが。

このことは、場合によってはゲームの表現規制や年齢制限とも関わりのある話です。そういったことが誤解によって左右されてはいけませんね。ゲーム業界は、ゲームをする人だけでなく、ゲームと人との関わりを広く社会に対して説明し、ゲームの世界と現実の世界を交錯しないよう、訴えていく必要がありそうです。

【関連記事】
ラブプラスが彼女を怒らせる構造(AllAboutゲーム業界ニュース)
「ラブプラスが彼女を怒らせる構造」の続き(田下広夢の記事にはできない。)
なぜ、積みゲーをするのか(AllAboutゲーム業界ニュース)
テレビの前に座ってもらうことの難しさ(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。