Wiiスポーツリゾートのピンポンだけをご紹介します

マリンバイクの図
マリンスポーツなども収録されて、リゾート感満載のゲームになっています。夏休みに遊ぶにはピッタリですね
仕事に支障をきたすほど、肩と腕が痛いです。Wiiスポーツリゾートのせいですね。いや、日頃の運動不足のせいと言った方がよいでしょうか。というわけで、2009年6月25日に任天堂が発売したWii専用ソフト、Wiiスポーツリゾートのお話です。

Wiiと同時発売し大ヒットしたWiiスポーツの続編ということもあり、大きな期待が寄せられていましたが、その期待に応えて初週約35万本を売り上げています。しかも、長く時間をかけて売れることが予想されるソフトですから、これからの伸びがさらに期待できそうです。

12種目の競技が楽しめるWiiスポーツリゾート、今回はあえて、その中から1種目、ピンポンだけを取り上げてご紹介してみたいと思います。何故、ピンポンだけを取り上げるのか。それは、ただリモコンを振ってボールを打つという単純な競技に見えるピンポン1つとっても、奥深く作りこまれているからです。

遊び方は、振るだけ。

ピンポンの図
Wiiスポーツリゾートのゲームに複雑な操作を要するものは1つとしてありませんが、ピンポンはその中でもとりわけシンプルに操作できる競技です
まず、Wiiスポーツリゾートのピンポンがどんなゲームなのか説明しましょう。といっても説明する必要が無いほどシンプル。Wiiリモコンを振ってボールを打ち合うだけですね。リモコンを2つ使って対戦したり、コンピューターを相手に1人で遊んだり、ひたすらミスをしないように打ち返す連続リターンなどのモードもあります。コンピューターを相手にする場合は、熟練度というポイントが設定されていて、勝つたびにポイントがあがり、負けると下がります。熟練度が高いと登場する対戦相手も強くなるので、勝てば勝つほど強い相手と対戦することになります。

今回、WiiスポーツリゾートにはWiiモーションプラスという周辺機器が同梱されています。これはWiiリモコンのお尻に接続することで、Wiiリモコンの複雑な動きを感知できるようになるものです。ためしにピンポンでゆっくりリモコンを動かしてくると、Miiの手元のラケットが見事にリモコンの動きとシンクロします。これを利用して、上から被せるように捻りながら打つとドライブ回転がかかります。逆に掬い上げるように捻りながら打つと、バックスピンがかかります、卓球用語でいうところのカットですね。

最初のうちはとにかく球がきたら振るというだけで遊べます。右に左に打ち分け、カットもドライブも簡単にできます。ただ球を打ち返すだけなのに実に楽しい。しかし、コンピューターとの対戦を進めていくと、途中から急にコンピューターがビックリする球を打ってきます。なんというか、スピードを殺したフワッとした球が飛んでくるのです。今までテンポよくラリーをしていたのが、そのフワッとした球によってタイミングをはずしてきます。

実はここから、このピンポンはさらに面白くなります。