数人が作ったゲームを100万人以上が遊んだ

柳澤さんと塚田さんの図
右側が代表取締役社長の柳澤さん。左側が、副社長の塚田さんです。2人とも若い!
iPod touchやiPhone向けのゲームやアプリケーションをダウンロード販売するオンラインサービスApp Store。10,800円のデベロッパプログラムを購入すれば、個人レベルでも開発を行うことができ、全世界77ヵ国で配信することができるという仕組みが、ゲーム流通の新しい形として注目を集めています。

【関連記事】
ゲームに対するアップルの本気を聞いてきた(AllAboutゲーム業界ニュース)

そんなApp Storeにゲームをリリースして、成功を収めつつある、パンカクというベンチャー企業があります。ソフトの名前はLight Bike。ゲームにメインで関わったのはたったの2人で、メインの開発期間はほぼ2ヶ月。コンシューマーゲーム業界では考えられない小規模の開発ですが、既に無料版は100万回以上、そして有料版でも18万回もダウンロードされ、App Storeの全米ランキングで1位を取ったこともあります。

今回は、パンカクの代表取締役社長の柳澤 康弘さん、そして取締役副社長でありLightBikeのプロデューサーでもある塚田 真之介さんにインタビューすることができました。Light Bikeがどんなゲームなのか。そしてこれだけたくさんの人たちが遊ぶことになったのはどうしてなのか、お話を伺いたいと思います。

LightBikeってどんなゲーム?

LightBikeの図
画面右側をタップするとバイクが右へ曲がり、左側をタップすると左に曲がります。真ん中タップで一定時間加速します
インタビューはパンカクがある神奈川県は慶応藤沢イノベーションビレッジ(以下イノベーションビレッジ)で行われました。イノベーションビレッジは独立行政法人中小企業基盤整備機構という組織が、慶應義塾大学や地域と連携し、起業家達をサポートしている施設です。

ガイド:まずは、Light Bikeがどんなゲームであるかについてから、お伺いしたいと思います。

塚田:iPhone、iPod touch向けに作った、3D対戦型のトロンゲームです。スネークゲームという、蛇が自分のしっぽを踏まないように歩くゲームがあるのですが、これを対戦型にしたジャンルをトロンゲームといいます。Light Bikeは自分が操作するバイクの後ろに光の軌跡が作られ、同時に4人がバイクを走らせる中、相手と自分が作る光の軌跡を踏まないように走って、最後まで生き残った人が勝者、というシンプルなゲームですね。

ガイド:何故このようなゲームを作ろうと思ったのでしょうか?

塚田:1つは我々みたいに無名のパブリッシャーがちょっと変わったゲームをリリースしたとしても、理解されるまで時間がかかるっていうか、理解される前に面白いんだけど普及しないっていうことがありがちだと思うんですね。で、少なくとも既にみんなが知っているものを作りたい、と。既に知られているものを良い形で実装して作ることが、最初のきっかけとしてはいいんじゃないカと思いました。そういうことを考えていた時に、トロンゲームというのが英語圏というか、特にアメリカでは人気があるというのを聞きていました。幸いApp Storeにはトロンゲームっぽいものはあったんですが、トロンゲームそのものというゲームはまだでてきていなかったので、じゃあトロンゲームを作ろうかということになったんです。

実にシンプルなルールのLightBike。次はこのシンプルなゲームがヒットした理由を、伺っていきたいと思います。

メインでプログラムを組んだ人間は1人

DSとPSPとiPod touchの図
PSPはもちろん、DSと比べてもはるかに低いゲーム開発、そしてリリースの仕組みが、新しいゲームメーカーが生まれる土壌となります
ガイド:大きな成功を収めたLight Bikeですが、開発体制はどのようなものだったのでしょうか?

塚田:最初のリリースまで、メインでプログラムを組んだ人間は1人です。そこに私がプロデューサーという形で入って、本当にフルで関わったのはこの2人だけです。あとは、音楽や、グラフィック、ローカライズなどの人間が少しずつ関わっていったという感じですね。最初のリリースまでの期間は2ヶ月……2ヶ月弱ぐらいですね。ただし、その前にメインのプログラマーが個人で3Dを研究していた部分というのはありますが。

ガイド:Light Bikeはパンカクにとっての初のゲームタイトルなんですよね?

塚田:Light Bikeには無料版と有料版の2つがあって、その2つを含めて今まで11本のiPod touch、iPhone向けアプリケーションをリリースしているんですが、Light Bike以前にゲームは1つもありませんでした。音楽系のアプリだったりとか、カメラ系のアプリとか、エンターテイメント系のアプリを作っていました。ただ、全体的な需要から見ると、ゲームは非常に需要があるな、と。特にうちは日本よりもずっと市場が大きいアメリカの市場を睨んで、アメリカのランキングなんかを監視していたんです。徐々にゲームの市場が大きくなっているなという感じがあって、自分達もゲームを作って、その反応を見てみたいということがありました。

狙いはアメリカ市場

海を越えるiPhod touchの図
App Storeの大きな特徴のひとつが、全世界77カ国へリリースできるということ。日本の小さなベンチャー企業がいきなり海を越えて北米市場を狙うことも可能なわけです
ガイド:日本の市場よりアメリカの市場を狙っていた理由というのは?

塚田:全然売上げが違うので。マーケットの規模が全く違うんです。日本のマーケットは売上げが瞬間的にあがっても、すぐしぼんでしまいます。市場が小さくて、感度が高いユーザーだけがいるという印象です。だから、App Storeの外の、ブログとか、ニュース記事なんかの影響が強くて、紹介されるとたくさんダウンロードされる。でも、そういう記事というのはすぐに読まれなくなっちゃいますよね。

塚田:アメリカの場合は、ダウンロードの規模が大きい。例えば、今でもLight Bikeは1日に、無料版で1万ぐらい、有料版でも数千のダウンロードあります。そうすると、ブログとか、外部のメディアのPVよりおそらく多いんです。だから、App Storeの中での露出の方が重要で、外部メディアは跳ね上がるほどのインパクトはありません。App Storeの中でゆっくりとランキングをあげいくような感じですね。Light Bikeは無料版が先にリリースされて、ランキングをあげていき、無料版をアップデートする時に有料版のアナウンスも一緒に貼り付けました。これによって10万人以上の既存ユーザーに有料版をアナウンスすることができたんです。

ポピュラーなゲームを題材に、少数精鋭かつ短期間で、アメリカに狙いを定め、Light Bikeは成功しました。最後に、Light Bikeとパンカクの次の展開についてお話していただこうと思います。

日本発世界へ

オンライン対戦をする人のの図
Wi-Fiによるオンライン対戦が実現すれば、家にいながら遠くの人とLight Bikeを楽しむこともできるようになりますね
ガイド:Light Bikeについて、今後どのような展開を考えているのでしょうか?

塚田:今考えている、開発しているのが、インターネットオーバーでの対戦の開発です。現状でLight Bikeは、iPod touchやiPhone1台の両側を1人ずつが持って操作する2人プレイ、さらにローカルな環境でWi-Fiをつかって2台のハードを通信させ、合計4人まで対戦ができますが、オンライン対戦は実装されていません。オンライン対戦を可能にして、そこに接続したユーザーにIDを配布し、ポイントなどのシステムをやってLight Bikeのユーザーをコミュニティ化していきたいと思っています。そのネットワークに次回作のゲームなども対応させていって、パンカクのブランドファンを作っていく、というようなことをやりたいと考えているんです。

ガイド:なるほど、では、パンカク全体としてはどのような展開をお考えでしょう。

柳澤:まず、パンカクという会社は「ソフトウェアを通じてたくさんの人に良いインパクトを与えたい」という思いから2007年に立ち上げました。私自身がプログラムが好きだということもありますが、プログラマーという人間の可能性、プログラマーが1人で社会に与えられる影響力というのは凄く大きいと考えています。そういうソフトウェアの力を使って、Webサービスであるとか、アプリケーションを多くの人たちに使ってもらうことで、社会に良い影響を与えていきたいと思っています。

柳澤:もう少し具体的に言いますと、iPhoneやGoogle Androidなどの、グローバルに展開可能な、モバイルプラットフォーム上のアプリケーションを展開するということを考えています。今後新しい端末であるとか、魅力的なプラットフォームが出てきたら、いち早く参入を狙っていきたいです。今既に世界全体で見て携帯の普及率ってすごいじゃないですか。今後、世界中の何億人とか何十億人という人たちがスマートフォンを手にして、アプリケーションが1ドルとか、0.1ドルとか、非常に安い価格で配布されるのが当たり前になる時期が来るように思うんです。そういったときに何億人もの人々にコンテンツ、アプリケーションを提供できる、作る力を持った企業になっていたいと考えています。

ガイド:お2人からは、時代の少し先、1歩前を歩いてアプリケーションやWebサービスを投入していきたい、そんな気持ちが伝わってきますね。

柳澤:そうですね。ですから、欲しい技術者なんかも、情報の感度が高くて、どんどん試しに作ってみたりとか。そういう開発者を多く集めたいなと思っていて、実際に集まりつつ、あります。

ガイド:今も、技術者の方を募集しているんですよね?

柳澤:はい! それは是非書いておいていただきたいですね。飛びぬけた能力を持っている技術者の人たちと少数精鋭でやっていきたいと思っているので。

ガイド:分かりました。それでは、新しいことに挑戦して、プログラマーの可能性を拡大してみたいという人は、是非、パンカクの扉をたたいてみてください、ということで締めくくらせていただきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

【関連記事】
ゲームに対するアップルの本気を聞いてきた(AllAboutゲーム業界ニュース)
いつも傍らにゲーム iPhoneの可能性(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲームハードという視点から見るiPhone(AllAboutゲーム業界ニュース)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。