あの頃あそんだあのゲーム!

子供と一緒にマリオの図
ゲームに遠ざかっていた方も、久しぶりに腕をふるってみてはいかが? 意外と指が覚えているものです
みなさんは子供の頃、宿題は早めに終わらせる子でしたか? 8月31日までためこんで大慌てするタイプ? ガイドは、早めに終わらせてしまう子でした。夏休みが始まったら宿題を一気に片付けて……後は心置きなくゲーム! ゲーム! ゲーム! そんなすごし方でした。ゲームをじっくり楽しむ為に宿題をしていたと言っても過言ではないですね。

あの頃遊んだあのゲーム、またやりたいなあ……なんて思いませんか? 子供の頃のようにたっぷり時間はとれないかもしれないけれど、あの頃を思い出す名作ゲームを遊ぶ夏もいいかもしれません。というわけで、今回は今でも遊べるレトロゲーム特集。DSやPSP、Wiiで遊べる昔懐かしいゲームをご紹介していきたいと思います。

PSPでシューティング

ツインビーの図
当時はツインビーPARADISEというラジオ番組もありました。シューティングゲームが脚光を浴びていたんですねえ。
コナミと言えば、どんなイメージのメーカーでしょうか? ビートマニアやダンスダンスレボリューションのような音ゲー? それともウイニングイレブンみたいなスポーツもの? 今だったらそうかもしれませんね。でも、20年程もさかのぼると、コナミと言えば、シューティングをはずすことはできません。

実はコナミデジタルエンタテインメントはPSP向けにかつての名作シューティングをかたっぱしから移植していまして、グラディウスシリーズが遊べるグラディウスPORTABLE、ツインビーシリーズが楽しめるツインビーPORTABLE、沙羅曼陀やグラディウス2が遊べる沙羅曼陀PORTABLE、そしてパロディウスシリーズが遊べるパロディウスPORTABLEをリリースしています。

それぞれ5作品ずつ収録したオムニバスになっていますので、あの懐かしいシューティング達をお腹いっぱい楽しめます。雲を撃ってベルを出して、パワーアップするツインビー、今やるとなんてポップで奇想天外な設定なんでしょうか。グラディウスはコナミコマンドが顕在です。パロディウスに出てくるチチビンタリカ、子供の頃は何かエッチな感じもしましたが、今見ると大笑いしてしまいます。

【関連サイト】
PSP『グラディウス ポータブル』(公式サイト)
ツインビー PORTABLE(公式サイト)
沙羅曼陀PORTABLE(公式サイト)
パロディウスPORTABLE(公式サイト)

次は、DSとWiiでやれるレトロゲームをご紹介しましょう。

DSでRPG

クロノトリガーの図
2008年冬には、スーパーファミコン時代の傑作RPG、クロノトリガーもDSで発売予定。DSはレトロRPGの宝庫ですね。
スクウェア・エニックスが、まだスクウェアとエニックスという別々の会社だった頃のファイナルファンタジー(以下FF)シリーズ、そしてドラゴンクエスト(以下DQ)シリーズがニンテンドーDS(以下DS)で遊ぶことができます。

FFシリーズで遊べるのはFF3とFF4。もともとはファミコン、スーパーファミコン時代のドットで表現されたゲームでしたが、DSではポリゴンに作り変えられています。FF3はファミコンで発売されて以来、リメイクされたのはDSが初めて。ジョブチェンジシステム召喚獣など、FFシリーズの基礎を築き上げた作品ですから、やったことの無い人も是非遊んでみて欲しいところです。

【関連サイト】
FINAL FANTASY III(公式サイト)
FINAL FANTASY IV(公式サイト)

DQシリーズは、DQ4 導かれし者たち、そして2008年7月17日にリリースされたばかりのDQ5 天空の花嫁を遊ぶことができます。これらのタイトルはいわゆる天空シリーズと呼ばれている3部作で、最後のひとつ、DQ6 幻の大地もDSでの発売が予定されています。

【関連サイト】
ニンテンドーDS版『ドラゴンクエスト』天空シリーズ(公式サイト)

いずれも、かつてのスクウェアやエニックスが、世の中にその名を轟かせた名作ばかり。面白さは保障つきです。PLAYSTATION3で発売されるFF13やDSで予定されているDQ9 星空の狩り人などの最新作が出る前にかつての名作を遊んでおくのもいいかもしれません。

Wiiでアクション

ロックマンの図
ファミコン時代のロックマンをバーチャルコンソールでリリースしてから、続編をWiiWearで発売だなんて、なかなかニクイことをしてくれます。また、消える足場にもがくことになるのでしょうか
さて、おまたせしました。レトロゲームを遊ぶなら、一番オススメなのはなんといってもWiiのバーチャルコンソール。ファミコンやスーパーファミコンなど8つのハード、任天堂やカプコン、セガなど32のメーカーが参入し、過去に発売された350以上ものタイトルをオンラインでダウンロードし、遊ぶことができます。

ここまで充実していると、何をご紹介していいやらかえって困ってしまうのですが、シューティング、RPGときましたから、ここはアクションゲームなどいかがでしょうか。横スクロールアクションゲームの金字塔、スーパーマリオブラザーズシリーズはもちろん、セガの大看板、ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ。ナムコの名作マッピーやワルキューレの冒険に、コナミのがんばれゴエモンシリーズや悪魔城ドラキュラシリーズもはずせません。

また2008年7月29日にカプコンのアクションゲーム、ロックマンが配信されています。続いて8月にはロックマン2 ワイリーの謎と続き、9月にはなんと不初代ロックマンシリーズ最新作、ロックマン9 野望の復活!!がWiiWeareで配信されることが決定しています。しかも現代風ではなく、ファミコン風味でのグラフィックで復活です。レトロゲームが配信され、なおかつその続編が登場するというのですからたまりませんね。

【関連サイト】
バーチャルコンソール - Wii(公式サイト)

レトロゲーム特集、いかがでしたでしょうか? 最後は、テレビゲームって、懐かしいと思えるぐらいの歴史がでてきたんだなあという、お話です。

アーカイブされるゲーム達

スーパーマリオの図
毎日のように、クッパを溶岩に突き落としていたあの頃から、20年以上がたっているんです。早いものですね
1983年にファミリーコンピューター(以下ファミコン)が発売されて、世の中にテレビゲームという存在が一気に浸透しました。その頃小学生だった私は、友達の家で、はじめてファミコンを目にして、テレビを動かしている、という、今考えれば少し変な、でも率直な感動をおぼえました。だってその頃は、ビデオデッキすら一般家庭にそれ程普及しておらず、我が家のテレビはあくまでただ見るだけのものだったのですから。

それから25年あまりが経ちました。ゲームの世界は目覚しい発展を遂げ、その頃夢中で遊んでいたゲーム達が、懐かしいと思えるようになる時代がきたのです。あの頃、Tシャツと短パンで扇風機にあたりながらプレイしたゲームが、ノスタルジックに想える日が。そして素晴らしいことに、その懐かしい思い出は、ただの古い、時代遅れの娯楽ではなく、今もなお面白いと感じさせる力を持っていました。DSやPSPへの移植やリメイク、あるいはバーチャルコンソールのようなビジネスが成立することが、なによりの証拠ですよね。

ただ闇雲に新しいものを求めて発展してきた時代が終わり、とうとう過去を振り返ることができる程の歴史が出来てきたのだなあと、しみじみ思います。1人のゲーム好きとして、今回のように昔のゲームを振り返ってご紹介できることに、大きな喜びを感じます。古い文化に触れ、また新しい発展に目を向け、楽しいゲームライフをすごしていただけたらと思います。

【関連記事】
スト4今夏稼動! 格ゲーの歴史を振り返る(AllAboutゲーム業界ニュース)
ファイナルファンタジー 20年の軌跡(AllAboutゲーム業界ニュース)
ドラクエ9を遊んでもらう為にしていること(AllAboutゲーム業界ニュース)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。