ポケモンやったことありますか?

こたつでポケモンの図
今年の冬休みは、こたつでのんびりポケモンなんていうのもオツかもしれませんね
ポケットモンスター(以下ポケモン)シリーズと言えば、最早知らない人はいないぐらいの超有名ゲームですね。ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、そして2006年9月28日、満を持してニンテンドーDSに登場し、毎回何百万と売れています。そのポケモンですが……やったこと、ありますか? 

子供向けだと思って敬遠している人、ゲームじゃなくてアニメのことだと思ってた人、有名なのは知っていたけどなんとなく手を出していなかった人、まとめて面倒見ちゃいます。それでは始めましょう、大人の為のポケモン初心者講座!

ポケモンはRPGです

ポケモンはあまりに有名になっていて、ゲームだということすら知らない人も結構いますよね。テレビや映画のアニメも人気ですから、当然と言えば当然ですが。まさかこれを読む人はゲームだということは知っていると思うのですけども、じゃあジャンルは何かと聞かれて分かりますか? これも意外と知らない人がいるんです。ポケモンはドラゴンクエスト(以下DQ)シリーズやファイナルファンタジー(以下FF)シリーズと同じ、RPGというジャンルに分類されます。ポケモンを良く知らない人の中には、友達と対戦や交換をして遊ぶゲームだと思っている人がいますが、それはちょっと誤解があります。確かに対戦や交換をして遊べますし、そこがヒットの秘訣でしたが、ポケモンはRPGですので、1人で遊んでも十二分に冒険を楽しむことが出来ます。

ですからゲームの流れとしては、DQやFFと同じように、街で話を聞いたり、アイテムを買ったり、敵と戦って経験値を稼いでレベルアップしながら旅をしていくことになります。えーっ!? ポケモンを集めるゲームじゃないの!? と、思っている方、それも正解です。DQやFFとポケモンが大きく違う所は、戦うのがプレイヤーの分身となる主人公ではないところです。主人公は自らは戦わず、ポケモンに命令を出すだけです。ですから、レベルアップしていくのもポケモン、旅をして色々なポケモンを集めながら、そのポケモンを育てつつ進んでいくゲームなのです。登場するポケモンの種類は150種類ほどもあり、それぞれに違う能力がある為、たくさんポケモンを集めて、場面ごとに使い分けることで有利に冒険を進めることが出来るのです。

ポケモンのパッケージがいつも2種類発売される理由

ポケモンは基本的に一度に2種類発売されます。ゲームボーイで発売された初代ポケモンはポケットモンスター赤・緑でした。ちなみに初代はその後、同じストーリーで同じ世界の別バージョンとして、ポケットモンスター青、ポケットモンスターピカチュウが発売され、最終的には合計4種類となりました。この全てはゲームシステムやストーリーなどほとんどの部分が同じです。では何が違うのでしょう?

細かな違いはあるのですが、一番大きい違いは出てくるポケモンです。つまり、赤には出て緑には出ないポケモン、緑には出て赤には出ないポケモンというものが存在します。ゲーム中、ポケモン図鑑というものがありまして、自分がどのくらいポケモンを集めることが出来ているか、というのは一目瞭然に分かるようになっています。ですから、自分が集められていないポケモンはすぐに分かるんですね。そこで、友達同士でポケモンを交換するという仕組みになっているんです。

大人のゲームユーザーにはポケモンを交換してくれる友達なんて周りにいない!という人もいますよね。ニンテンドーDSから発売されている最新版の、ポケットモンスターダイアモンド・パールではWifiによるインターネット通信で全国のポケモントレーナーと交換することができるんです。こちらは自分でインターネット環境を用意できる大人の為のサービスと言えるかもしれませんね。

さあ、いよいよ次はポケモンの奥深いゲーム性に迫ります。

子供向けと侮る無かれ。ポケモンが持つ奥の深さ

Wifi対戦で負けた図
Wifiを使えば、お家にいながらにして、交換や対戦をすることができます。DSにはマイクがついてますからボイスチャットだってできちゃいます
ゲームの中や、あるいはゲームの外側でも、ポケモンを集めて、そして冒険していくゲームであるということはお分かりいただけたでしょうか。いよいよさらにゲーム内容の核心に入って行きたいと思います。ポケモンをやったことの無い人は、キャラクターや、あるいはテレビアニメや映画などの展開を目にして、子供向けだと思う方が多いと思います。しかし、ポケモンをプレイしたことのある多くのゲームユーザーは口をそろえて言います、「奥が深い」と。

ポケモンの奥の深さは育成と対戦に集約されます。ただストーリーをクリアするだけなら、それほどこだわらずとも楽しむことができます。しかし他のユーザーとのポケモンの対戦で勝つためにどういう風にポケモンを育てるか、こうなると途端に奥深い世界が広がり、ポケモンの真髄が顔を覗かせるのです。

150種類のポケモン全部が味方で全部が敵

ポケモンにはタイプというものがあります。例えば火タイプのポケモンは水タイプの攻撃に弱く。水タイプのポケモンは雷タイプの攻撃に弱いという具合です。これだけでしたら、どこにでもありますね。ですが、これが実に17種類も存在し、全種類のポケモンにタイプが設定され、中には2つのタイプを持つようなポケモンさえいます。そしてさらにポケモンが戦う時に使うわざにもこの17種類のタイプのどれかが振り分けられています。

ポケモンの戦いはこのタイプが複雑に絡んだ状況を見極めなければ勝利することが出来ません。例えば、わざのタイプとそれを使うポケモンのタイプが一致すると攻撃力が1.5倍、わざを受けるポケモンの弱点のタイプで攻撃すれば攻撃力は2倍です。つまり、得意な技で弱点を突けば攻撃力は3倍にもなります。こうなるともう圧倒的有利なわけです。

プレイヤーはポケモンを捕まえてバトルするわけですから、全てのポケモンが敵であると同時に、味方になることもあります。17種類のタイプの相性、そしてゲームに登場する約150種類のポケモンが持つタイプ、そしてそれぞれのポケモンが使えるわざとそのタイプ、これら全てが複雑に絡み合ってポケモンバトルを左右するのです。一匹のポケモンが覚えられるわざは同時にたったの4つです。無限のパターンから、どんなポケモンにどんなわざを覚えさせるのか、そして相手がどういうポケモンでどういうわざを使ってくるのか、このジャッジと読み合いが奥の深いゲーム性を打ち出していきます。

同じポケモンに見えても、1匹、1匹、違うんです

まだこれだけでは終わりません。ポケモンにはそれぞれ能力の差というものがあります。まず、ポケモンの種類。ピカチュウとか、ヒトカゲだとか言ったポケモンの種類によって当然能力が違います。さらには、同じピカチュウでも、ゲームに登場する全てのポケモンは微妙に個体差があります。その差は低いレベルではほとんど分からないものですが育てていくうちにだんだん大きくなります。さらにさらに、ポケモンは他のポケモンと戦わせることによって経験値を貯め、レベルアップしていくのですが、どんなポケモンと戦わせたかによっても育ち方が違ってくるのです。1回1回のポケモンバトルで出る影響はプレイヤーが気づかないほど小さなものですが、最終的にはそれが大きな差になってあらわれます。

さあ、これだけの複雑な状況です。それはあなたが育てたポケモンはまさしくあなたしか持っていないということを意味します。これで対戦、交換をするわけですから面白くないわけがありません。ありとあらゆる要素を考慮して見事にポケモンを育て上げて、そして戦うことができる人が強いポケモントレーナーになるわけです。

ポケモン育ててみたくなりましたか? 最後にポケモンの歴史についてお話したいと思います。

ポケモンの歴史

初代ポケモンをやる子供達の図
「弁当箱」なんて言われることもあった、今のDSより遥かに大きなサイズのゲームボーイ。当時は通信ケーブルで繋いで対戦や交換をしました
2006年9月28日に発売されたポケットモンスターダイアモンド・パールは、初週の売上げで160万本近い数字をだしています。これだけでもすごい売れ行きですが、その後も確実に伸ばし既に350万本を突破して、なお勢いは衰えません。今でこそ新シリーズを出すたび500万、あるいは600万本と売れるポケモンですが、最初からこんなに売れていたわけではないんです。今から10年前の1996年2月26日にゲームボーイで発売された最初の出荷数はポケットモンスター赤が12万本、そしてポケットモンスター緑が11万5千本でした。

ポケモンが発売した当時は、ゲームボーイ自体、発売から6年が過ぎるも市場を確立しきれず、携帯ゲーム機そのものが危うい状況にありました。今年1年間売れ続けて品薄だった現在のニンテンドーDSからすれば考えられませんね。そういった状況で、ポケモンも凡百のゲームに埋もれていくと考えられていました。実際、最初から爆発的に売れたわけではありませんし、埋もれていったかのようにも見えました。しかし、ジワリ、ジワリと、ゆっくりゆっくり水面下で売れていたのです。丁度今ご説明したような通信機能を使った対戦や交換が最大限生きるように計算されたゲームの仕組みの楽しさが、子供達の間で少しずつ少しずつ広がっていきました。インターネットもそれほど普及していない時代です、本当に口コミでゆっくりと売れていきます。テレビアニメが開始されたのは発売から実に1年以上が過ぎた1997年の4月1日、気がつけば見たこともないような大ヒット。現在では初代シリーズであるポケットモンスター赤、緑、青、ピカチュウ、4バージョンの出荷数はなんと1300万本をこえているのです。

ポケモンの大ヒットは見事に携帯ゲーム機に子供層を大きく取り込みむことに成功し、市場を形成させました。その後、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスと子供達の絶大な支持を受けながら携帯ゲーム機は進化し、とうとうニンテンドーDSでは多くの大人も買うようになりました。そして最新シリーズのポケットモンスターダイアモンド・パールが発売された今年、市場規模において据え置きゲーム機との逆転を果たし、初代ポケモン発売から10年たった今まさに携帯ゲーム機全盛の時代を創りあげたのです。

日本のゲームの歴史に残るシリーズと言えるでしょう。これを読んで興味を持った方は、ぜひ一度プレイしてみていただきたいと思います。

【関連サイト】
ポケットモンスターオフィシャルサイト
ポケモンだいすきクラブ
ポケットモンスターダイアモンド・パール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。