今年はPS3苦難の年だった。
販売台数はなかなか伸びず、注目作はなかなか揃わず…。早い段階で購入したユーザーは結構やきもきすることも多かったのではないだろうか。
しかし爆発的にヒットしたWiiや海外市場を牽引するXbox360を尻目に、PS3ユーザーにはある種の心構え的なものが備わってきているような気がする。
今回PS3の心構えのようなものを格言にしてみた。
中にはまったく格言ではないものも多いが、ユーザーの皆さん、これからユーザーになろうという皆さん、たぶんユーザーにはならないけど情報だけは収集してしまう皆さんにお届けしたい。

キラーは寝て待て

キラータイトルは気長に待とうという格言。
PS3の本体は『メタルギアソリッド4』が出たら買う、という『メタルギアソリッド4』待ちの人々は多い。同作を目当てに本体を購入した人々は「どうかXbox360で発売されませんように」と祈りながら待っているに違いない。少なくとも僕はそうだ。
しかし『ファイナルファンタジーXIII』待ちの状態になると、一体いつ本体を買えるのか皆目見当も付かない。
ので、まぁ、気長に待とう。

ゲーム機と思うと高い。AV機器と思うと安い

実感している人も多いと思うが、現在主に販売されているゲームハードの中では最も高価だが、AV機能を駆使する人にとっては激安と言っていいほどのコストパフォーマンスを発揮する。
Blu-rayDiscの再生、SACDの再生、DivXなどを含むDLNA対応、ウェブブラウジング対応など…。この辺に興味がある人なら買って損はしない。これはもう、断言してもいい。

本体を買うなら一緒に『DualShock3』も買うべし

記事中でも再三書いているが、PS3に同梱されるコントローラは振動しない。
PS、PS2のタイトルをプレイしても振動しないし、振動に対応したPS3タイトルも振動しない。
凄く損した気分になると思うので、同時に振動型コントローラ『DualShock3』を買っておいたほうがいい。

人はいつか裏切るんだ

『モンスターハンター3』の開発プラットフォームがPS3からWiiに変更になったとき、こう思った人は多いと思う。
マルチならともかくプラットフォーム変更は悲しすぎる。

登録前にUSBキーボードは用意しておけ

アカウントを取得するためにさまざまなデータを入力しなければならないが、意外に長文の入力を要求される。
パソコン用のUSBキーボードがそのまま使えるので、用意しておいたほうがストレスが少ない。


続いて、ブラウン管はバカにできない…などなど。

ブラウン管はバカにできない

よく「PS3やりたいけどブラウン管じゃなァ」という声を聞くが、ブラウン管TVであってもD2端子以上が付いていればそれなりに美しい。
それどころか、D3端子以上のハイビジョンブラウン管TVなら同等の液晶TV以上の鮮明な画面でプレイできる。応答速度の速さなどでブラウン管を支持するユーザーもいる。
ただ、フルスペックハイビジョンで楽しもうと思うと液晶TVかプラズマTVしか選択肢がないのが現状だ。

ハイビジョンブラウン管テレビ - Wikipedia

HDMI端子があれば繋いどけ

TVにHDMI端子が付いているなら、何も考えずに接続したほうがいい。D端子とかS端子とかで繋ぐメリットは無い。
だが、HDMI端子が無い場合にあわててHDMI端子のTVに買い換えるほど重要かというとその限りではない。現在所持しているTVのグレード、お財布の中身などとよく相談したほうがいい。

Wiiってあの変なリモコン振り回すゲーム機でしょ?

世界的に爆発的なヒットを飛ばしているWiiに対する、完璧なる僻みである。
だが、Wiiであの特徴的なリモコンを使いこなせていないタイトルが多いのも事実。Wiiユーザーにはその辺をつついてお茶を濁そう。
PS3のリモコンも6軸検知機能付きだし、その辺がうまく使いきれていないタイトルがあったがその辺はスルーの方向で。

Wii売り場の裏にPS3売り場あり

ゲームショップに入ってすぐ目立つところにWiiやDSなどの売り場があってPS3の売り場が目立たなくなってきた。
Wiiの売り場の裏とかXbox360の売り場の横とかにある事が多いようだ。

海外在住でも問題はなし

PS3は輸出規制に引っかかるため、自由に海外に持ち出すことは出来ない。しかし日本在住でも海外の住所を登録することが出来る。
そうすると北米版や欧州版のPlaystationStoreに接続することも可能。日本に遊びに来た海外の友人用にアカウントを作ってあげると喜ばれるかもしれない。


最後のページは『まいにちいっしょ』は毎日見るべし…などなど。

『まいにちいっしょ』は毎日見るべし

『どこでもいっしょ』のキャラクター、トロとクロが毎日届けてくれる番組形式のコンテンツ『まいにちいっしょ』は本当によく出来ている。
話題も豊富だし、ミニゲームなどの要素もつくりこまれていて不満がない。
これが無料なのだから楽しまない手はない。
トロやクロの中の人がマニアックなせいか、大きいお兄さんたちも楽しめるネタが多いのも特徴と言える。
しかもPSPから無線LANで視聴できるので、寝室でもトイレの中でも押入れの中でも気軽に楽しめる。
視聴するとアイテムなどと交換できるみゃイルが貰える。配信された当日に観ると当日視聴ボーナスが20%つくが、金の招き猫を飾っていると20%~100%つく。
ちょっとした裏技である。

『俺の屍を越えていけ』のテーマソングは名曲

初代プレイステーションのソフトをダウンロードして楽しめる“ゲームアーカイブス”は、古き良きゲームを楽しむいい機会である。PSPでも楽しめるほか、PSPから無線LANでPS3を操作する“リモートプレイ”でも遊べる。
その中でも『俺の屍を越えてゆけ』は名作と名高い。僕は発売当時エンディングで泣いた。
ちなみにゲーム終了時にはテーマソングである『花』を聴いてから終了、という項目がある。

汝、和ゲーを愛するように、洋ゲーを愛せよ

今、海外のパブリッシャーが非常に力をつけている。PS2のタイトル『God Of War』などを記事で紹介したが、海外での展開が活発なPS3やXbox360ではさらに顕著だ。
今後は和ゲー(日本産ゲーム)と同じように洋ゲー(海外パブリッシャーのゲーム)を愛せるようにしておくと、選択の幅も広がる。食わず嫌いは損をするかもしれない。

スライドショーは顔に寄る

PS3に写真を保存すると、スライドショーとして閲覧できる。コブクロの『Million Films』でも流しながら再生すると非常に雰囲気が出ると思う。
ちなみに写真の顔を認識しているらしく、顔にズームしながらの再生となるため観ているだけでも面白い。





今回さまざまなPS3の格言(?)を紹介した。
異論反論あるかと思うが、そういう人も是非アナタの格言を教えてほしい。優秀な格言は紹介させていただく。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。