ついに! リビングで! ブロードバンドが!

僕がはじめてインターネットに挑戦した時は、当然電話線をつないでダイアルアップ接続でした。速度的にも満足できるものではなく、24.4kbpsだったと思います。

その後インターネット接続は驚異的な進化を遂げ、ISDNを経てADSLなどのブロードバンドなどが登場します。具体的なブロードバンドの説明はほかのチャネルに譲りますが、具体的に次の二つのような特徴があります。

1)常時接続
 接続に長い時間待たされることなく、常にインターネットに接続した状態である。料金も固定料金がほとんど。インターネットのやりすぎで電話料金の請求に悩まされることはありません!
 
2)速い
 従来のダイアルアップ、ISDNに比べて圧倒的に快適な速度で接続できる。あんな画像やこんな映像がなかなか表示されない…そんな悩みから解放されます!

以前はダイアル、ユーザー認証などで時間がかかり、メールチェックをするだけでインスタントラーメンが出来あがるほどでした。が、常時接続なら時間を気にせず常にインターネットを楽しめます。

こうして快適なインターネットへの需要が高まり、ブロードバンドの普及率は目を見張るものがあります。その普及に応じてプレイステーション2でもブロードバンドで電子メール、ホームページの閲覧ができるようになりました。

それが今回レビューする『超!楽しいインターネット”ともだちのわ”』(以下『ともだちのわ』)です。



発売元:サン電子
ジャンル:インターネットアプリケーション

『超!楽しいインターネット”ともだちのわ”ブロードバンド(CD単体版)』
価格:3800円

『超!楽しいインターネット”ともだちのわ”Type OS(56kbps USBモデム「OnlineStation」同梱版)』
価格:8800円

『超!楽しいインターネット”ともだちのわ”Type PG(56kbps USBモデム「P2GATE」同梱版)』
価格:8800円

このソフトはプレイステーション2で 1)ホームページの閲覧 2)電子メールの送受信 ができるソフトです。モデムでの接続も対応していますが、このソフトの最大の特徴はブロードバンドの接続に対応したということ。

プレイステーション2の専用ハードディスク(以下HDD)にはLANケーブルの接続端子が付いていますので、ブロードバンドに加入していてHDDを購入すればあとはこのソフトがあればホームページが見放題! なのです。

取り敢えず繋いでみたぞ!

サン電子さんから発売直前の『ともだちのわ』をお借りしましたので、早速繋いでみました! 我が家の接続を図にすると、こんな感じに。



見にくいですね。センスが無くてごめんなさい。

我が家は電話回線を使用した光ファイバー接続(以下FTTH)になっているので、電話のモジュラージャックから電話線でモデムに接続します。

モデムからLANケーブルでルーターに接続。ルーターとは、複数のパソコンで同時にインターネットをするのに必要な機器です。我が家にはパソコンが2台あるのでルーターを使用しています。

今回はさらに3台目としてプレイステーション2を接続するわけです。

さて、ルーターを設置してあるパソコン部屋からリビングまでは10m程度。と言うわけで会社からちょろまかしてきた借りてきたLANケーブルをつらつらつらーっと伸ばしてプレイステーション2に接続。恐る恐る『ともだちのわ』を起動します。
設定は超簡単

接続の設定はパソコンなどと同じ。今回の条件ではルーターを使用しているので、ほとんど設定しなくて大丈夫でした。

さらにフレッツADSLなどで採用されているPPPoEという技術に対応していますので、フレッツADSL加入者はIDとパスワードをあらかじめ設定しておけば複雑な認証などは必要ありません。


ブラウザにはソフトウェアキーボードが付属


さて、インターネットに接続するにはURLを入力しなければなりません。プレイステーション2には別売りのキーボードがありますが、無くても大丈夫。ソフトウェアキーボードでURLを入力することができます。

正直言ってキーボードに慣れた体には辛いものがありますが、「http://」や「www」など良く使う文字はワンタッチで入力できるようになっていて予想外に使いやすいものでした。

せっかくなので前回モデムを借りた時と同じように、AAJのプレイステーションサイトを開いてみました。


テレビ画面で見ても相変わらず僕の顔色は悪い…。


フォントなどはテレビ画面でも見やすいものが採用され(さいもんフォントと言うそうです)、文字主体のサイトでもストレス無く読むことができました。

コントローラーでのブラウジングというと操作性に問題がありそうなイメージがありますよね。『ともだちのわ』でもそのあたりが少々不安だったのですが、結論からいうと心配ありません。若干のとっつきの悪さはありますが、アナログスティックのおかげで直感的な操作を実現しています。

そして使用されるキーが限定されていることで、ブックマークなどの呼び出しがとても簡単にできる事がポイントです。慣れれば片手でもそれなりにネットサーフィンが出来ます。

お手軽にインターネットを楽しむなら“買い”

やはり電話回線を使用しないインターネットは快適です。パソコンを起動せずに、ゲーム機で手軽にブラウジングできる魅力は格別。テレビ番組を見る感覚で気楽にインターネットを見るのはちょっと新鮮な感じがしました。

残念なのは、現状ではMP3や動画の再生に対応していないということ。あまりヘビーな用途には向かないと言えるでしょう。

あくまで気軽にネットサーフィンをしたい人向けという感じですが、「ちょっとメールチェックがしたい」「チェックしておきたいサイトがある」「調べものがあるんだけど、パソコンを起ちあげるのは面倒」など、ちょっとした時にすぐに繋げるのは思ったより便利ですよ。

それこそゲームに詰まった時にそのままAAJプレイステーションサイトのリンク集から攻略カテゴリで攻略法を調べる…そんな使い方が最適です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。