歌舞伎町シネシティ広場

以前の記事「かつての渋谷川(穏田川)を歩く」に続き、今回は歌舞伎町から早稲田方面に流れていた蟹川の痕跡をたどって歩くことにした。
歌舞伎町シネシティ広場
スタート地点の歌舞伎町シネシティ広場

かつてあったコマ劇場の前あった噴水広場は、現在「歌舞伎町シネシティ広場」といそうだ。この場所は江戸時代は長崎藩邸があり、維新後は大村伯爵の邸宅となった。当時の地図を見れば、そこには大きな池がある。この池が蟹川の源流だという。また別の資料には、現在の大久保病院の一角にあった池が源流だとものもあった。たしかに明治時代の地図には大村邸の池とは別に大久保病院あたりに池がある。ただ、僕が見た明治時代の地図は、今の山手線あたりから川が始まっている。

花道通り

歌舞伎町1丁目と2丁目の境を通っているのが花道通りだ。蛇行する細い道はまさに昔は小川だったような雰囲気がある。ちなみに歌舞伎町というのは戦後にできた地名で、歌舞伎町1丁目は角筈、歌舞伎町2丁目は西大久保一丁目だった。
花道通り
かつて蟹川だった花道通り

「キャバクラどうですか?」若いお兄さんが声をかけてきた。手を振り「いやいいですよ」と言うと、「なにかお探しですか?」ときた。先ほどから僕がこの花道通りを往ったり来たりしているからだろうか。そこで、僕は「川を探しているんですよ」と言う。お兄さんはキョトンとした顔。「昔ね、ここに川があったんですよ。蟹川っていう」。僕は花道通りを指差しながらそう説明した。お兄さんは興味津々。そこで、この川がこの先の明治通りを越え、新宿文化センターのあたりから、戸山公園へ向かい、そこから早稲田大学を過ぎ、地下鉄の江戸川橋駅あたりで神田川に合流したということを説明すると、「へえ、この通りが川だったんですか」と何度も言って感心していた。

さあ、次ページで

四季の道に合流

ゴールデン街脇を通る遊歩道、「四季の道」というと、かつては都電が走っていた。では都電ができる以前はなにがあったかといえば、川があったのだ。
かつて蟹川の支流だった四季の道

最初は小さな川だったものが、合流しながら川は太くなっていったのかもしれない。この先にある新宿文化センターあたりでも合流ポイントはある。それは太宗寺の池を水源とする支流である。

今は「日清食品前」かつては「新田裏」

昭和の終わり頃、僕は若松町の出版社の仕事をしていて、よくバスに乗った。バスが明治通りに出るところのバス停は「新田裏」といった。いつの間にか「日清食品前」に変わってしまったのだが、その「新田裏」という名前こそが、この蟹川がどんな川であったのかを理解するためのキーワードとなる。
「新田裏」
江戸時代、このあたりは田んぼだった

新田裏は地図で見ると明治時代は「字新田裏」という地名だったことがわかる。それが都電の停留湯所の名前となり、都電の廃止後はバス停の名前となっていた。江戸時代、このあたりは田んぼであり、その名残として新田裏というのが地名になったようだ。そして蟹川はといえば、田んぼや畑に水を運ぶ農業用水路だったのだ。


新宿七丁目商和会

蟹川は新宿文化センターあたりで、太宗寺から支流と合流し、北に流れを変える。
新宿七丁目商和会
道は蛇行しながら下っているのがよくわかる。

職安通りを越えたところに新宿七丁目商和会という小さな商店街がある。そこを抜けると住宅街だが、蛇行する道は下っていて、かつて川だったことがよくわかる。

次ページでは

椎の木坂

さて、ここが蟹川の最大のミステリーゾーンである。蟹川をたどってきた道はコンクリートの壁に突きあたってしまう。両側は長く急な坂。ひとつは「椎の木坂」という坂の案内板があった。コンクリートの上は大久保通りである。はて、昔はどうなっていたんだろう。
椎の木坂
昔は椎の木が生い茂っていたので、椎の木坂と呼ばれていたそうだ。

『神田川再発見』(神田川ネットワーク著/東京新聞出版局刊)にその答えがあった。大正2(1913)年に東京市電が大久保通りを走る際に傾斜がきつすぎるので、勾配のない道を造ったのだそうだ。つまりもともとの大久保通りは、この椎の木坂ともうひとつある坂で蟹川を越えていたのだ。



戸山公園をゆっくりと流れていく

江戸時代、戸山公園は、尾張徳川家の下屋敷だった。そこには回遊式庭園「戸山山荘」が作られていたそうだ。東海道をミニチュア化させたものが庭園として造られており、代表的なものが箱根山である。たぶん蟹川もこの庭園内に流れ、どこかの川を模していたのかもしれない。
戸山公園
今でも戸山公園は都心とは思えない静けさである

公園出ると、そこは箱根山通りである。ちょうど早稲田大学の文学部へ向かうところに遊歩道があるが、これが蟹川の痕跡だ。諏訪通りから、早稲田通りに出る。そこから早稲田中・高校の敷地を蟹川は流れていた。

早大通りのケヤキ並木

早稲田大学の前身である東京専門学校ができたばかりの頃の写真を図書館で見たが、見事にその周辺は田んぼだらけであった。もちろん当時の地図にも田んぼばかりがある。
早大通りのケヤキ並木<
緑が美しい早大通りのケヤキ並木

しかし、地図を見ても田んぼだらけで、今だとどの道かよくわからない。ここからは、さきほど紹介した『神田川再発見』で紹介されているイラストマップを参考に歩いた。

さあ、次ページでは

山吹高校裏の道を往く

早大通りをまっすぐ進み、外苑東通りを越えたところで、山吹高校裏の道を進む。このあたりで、外苑東通りを沿いに流れてきた加二(かに)川と合流。読み方は蟹川と同じだが、こちらは江戸時代の切絵図にも出ている古くからある川だ。
山吹高校裏の道
このあたり道がいちばん蟹川をかんじた場所だ

大日本印刷榎町工場の横の道を進めば、おそらくこれまでのコースでいちばん川跡を感じる道である。

江戸川橋通りを越える

江戸川橋通りに出た。通りの向こうに小さな路地がある。それが川跡のようだ。
江戸川橋通りを越える
いよいよ江戸川橋通りを越え、神田川に近づいていく

江戸川橋通りを渡って文京区エリアに入ってきた。このあたりから神田川はすぐだ。

さあ、次ページでは

地蔵通り商店街を越える

住宅街を抜け、細い路地を抜けていくと、地蔵通り商店街がある。
地蔵通り商店街を越える
プラザ飯田橋のところで、地蔵通りを越える

今は車の音しか聞こえないがきっと江戸時代なら神田川の水音が聞こえてきたかもしれない。

ついに神田川に出た

路地を抜けると、高速道路が上を走っているのが見える。その下は神田川だ。
神田川
やっと神田川と合流

ちょうど東京メトロ江戸川橋駅の入り口がある。新目白通りを越えると、神田川だ。蟹川は華水(はなみず)橋と掃部(かもん)橋の間あたりで神田川に合流していた。歌舞伎町からこの地点まで約5キロ。ちょっとした散歩コースとしてはなかなか変化のある道だといっていい。機会があれば蟹川の支流も歩いてみたい。



【参考文献】
『神田川再発見―歩けば江戸・東京の歴史と文化が見えてくる』
『江戸の川あるき』
『あの日の新宿―写真と地図でたどる 昭和25年から30年代の思い出と出会う (地図物語)』

【参考サイト】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9F%B9%E5%B7%9D_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)
神田川 「まる歩き」 しちゃいます!!: 蟹川(金川)
善福寺川 リバーサイド Blog: 蟹川を歩く 1


【関連記事】
かつての渋谷川(穏田川)を歩く - [散歩]All About
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。