原宿駅

原宿駅の竹下口よりスタート。この区間は山手線の外側は明治神宮。できれば普通の道を歩いていきたいので、内側を歩くことにする。
、原宿駅
原宿駅の山手線

竹下口より、竹下通りは平日でも人でいっぱいである。ただし、線路脇の道を代々木方向に歩く人は少ない。

突き当たりは宮廷ホーム

この原宿駅から代々木駅というのは散歩コースとしては、住宅街などを抜け、実に静かで楽しい道が多い。まずは、線路脇の道をまっすぐ進むと閉ざされた門に突きあたる。ここは宮廷ホームがあるところ。
恵比寿駅前
ゆるやかな上り坂になっている

山手線からも見ることができる宮廷ホームとは大正時代にできた皇室専用のホームだ。車で出かけられることの多い昨今ではほとんど使われていないようである。

さあ、次ページで

住宅の隙間から山手線が見える

宮廷ホームの裏を通り過ぎると、ずっと住宅街が続く。その住宅と住宅の隙間から山手線を見ることができる。
わずかな隙間から山手線が見える。

音がするので、見ると電車が通り過ぎる。それは埼京線だったり山手線だったりする。

閑静住宅街を歩く

しばらく山手線は見えないが、最近では代々木のランドマークともいえるNTTドコモ代々木ビルを見ながら、閑静な住宅街を歩く。
NTTドコモ代々木ビル
NTTドコモ代々木ビルを見ながら歩く

住宅街を抜け、北参道へ出るところで、一気に視界が開けてくる。



次ページでは

裏参道ガード

住宅街を抜けると、高い位置を走る山手線に遭遇する。
裏参道ガード
裏参道ガードを抜け、山手線の外側に出る

山手線が明治神宮への北参道と交差するのが、裏参道ガードだ。これをくぐって山手線の外側に出る。

代々木駅へ向かう山手線

北参道を越えると、高い土手を走る山手線のすぐ脇の道を歩くことが出来る。
山手線
NTTドコモ代々木ビルをバックに高い土手の上を走る山手線

山手線はスピードを落としている。その先にあるのは代々木駅だ。


さあ、次ページでは

すぐ上を山手線が通り過ぎる

山手線の土手が低くなり、今度はすぐ上を山手線が通り過ぎる。
すぐ上を山手線が通り過ぎる
ガードの上を山手線が通り過ぎる

ほぼ代々木駅の手前まできたところで、むき出しの山手線を目の前にすることができる。この先には踏切もあるが、それは埼京線の踏切である。

代々木駅に到着

道なりに進めば代々木駅西口だ。原宿から歩くと、ほんの20分で到着する。
恵比寿駅
水無橋より山手線を見る

駅の前の道から再び山手線のガードをくぐり、踏切を越えJR代々木の東口へ。次の新宿駅は原宿-代々木よりもっと近い。ここからすでに見えているのだ。


【関連記事】
山手線(外回り)を歩く 神田~新橋 - [散歩]All About
山手線(外回り)を歩く 新橋~浜松町 - [散歩]All About
山手線を歩く(外回り)浜松町~田町~品川 - [散歩]All About
山手線を歩く(外回り)品川~大崎~五反田 - [散歩]All About
山手線を歩く(外回り)五反田~目黒 - [散歩]All About
山手線を歩く(外回り)目黒~恵比寿 - [散歩]All About
山手線を歩く(外回り)恵比寿~原宿 - [散歩]All About


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。