四谷大木戸跡

ちょうどバブルの頃、僕は神宮前に事務所を借りていた。そこの大家さんというのが、代々ずっと神宮前に住んでいるという方で、「以前、このあたりに川が流れててね」というお話をされていた。外苑西通りを歩くたびに、そのことを思い出し、そしてその川はどこを流れていたのかいつも思っていたのだ。調べてみると、それは渋谷川であった。
かつてここに水番所があった

四谷大木戸跡の石碑

 
 
渋谷川といえば、今は渋谷駅からその姿を見ることができるが、かつてはここ四谷大木戸から流れていた。今はここから渋谷までの区間は暗渠になっている。暗渠になったのは1968年(昭和43年)のことだ。

新宿区役所四谷特別出張所

今回の散歩で参考にしたのは『古地図・現代図で歩く 昭和30年代東京散歩 』(人文社)という昭和31年の東京23区の地図。ここには、はっきりとかつての渋谷川がある。四谷大木戸跡という碑の隣に新宿区役所四谷特別出張所がある。かつてはここには玉川上水が流れ込み、水番所があったのだが、このあたりが渋谷川がスタートしている。
水に関係したものだ

四谷区民センターの裏にあるモニュメント

 
 
新宿から渋谷までの区間、渋谷川は穏田川とも呼ばれていた。暗渠後は、下水道となっている。川の痕跡を求めて、暗渠を歩く楽しさは、その高低を感じることだ。今回は上流である新宿から下流の渋谷に向かうので、道が下っていることを感じながら歩こう。→今回のコースはこちら

さあ、次ページからかつての渋谷川(穏田川)跡を歩きます

新宿御苑に沿って今も残る川の跡

かつての渋谷川は、地図によれば、新宿御苑に沿って流れている。今もそこには川の痕跡を見ることができる。実際歩くことはできるが、道ではないのであまりお勧めはできない。外苑西通りを歩いていこう。
歩くのは困難なので立ち入らないように

新宿御苑にそって川の痕跡がある

 
 
住宅地と新宿御苑の間にあるまるで森の中の道のようになっているところが、川の痕跡だ。

橋の痕跡を発見

外苑西通りの大京町交番前の信号より少し先に橋があった痕跡があった。残念ながら橋の名前はわからない。かつての川はここで外苑西通りと交わっていたのだ。
この橋の下を渋谷川が流れていたのだろう

外苑西通りにある橋の痕跡

 
 

かつては川だったところへ階段で降りられるようになっている。ここには遊具が置かれ、「大京町遊び場」という看板があった。小さな公園になっている。


総武線の下にあったレンガ塀

「大京町遊び場」を抜けると自転車置き場があり、そこから外苑西通りに出る。四谷第六小学校方面へ行く道がある。そちらを進むと再び小さな公園が見えてくる。看板があり「大番児童遊園」とあった。
かつてここを渋谷川は流れていた

総武線の高架下

 
 


その公園の先は総武線の線路が高架になっている。『昭和30年代東京散歩』を見ると、かつての渋谷川はこのあたりで総武線の下をくぐっている。たぶん、このレンガ塀のあたりだろうか。この下を川が流れていた図を想像した。

ついでに言えば、この渋谷川の源流は二系統あり、ひとつは今たどってきたものだが、もうひとつは新宿御苑内を流れていて、今もそこには細長い池が連なっている。昭和31年の地図を見ると、ふたつの流れが合流するのが、この総武線とぶつかるあたりであった。そして、この新宿御苑を流れる川がちょうど渋谷区と新宿区の境界線になっていたようだ。

外苑橋、観音橋

外苑西通りに戻り、総武線、高速道路の下を進む。高速道との入り口があり、このあたりの交差点の名前は「外苑橋」「観音橋」と橋の名前が続く。その痕跡はないが、かつてここに橋があったのだろう。
かつて渋谷川は平行して流れていた

総武線の高架下の外苑西通り

 
 

地図によれば明治公園のところは外苑西通り沿いにかつての渋谷川はまっすぐ進んでいる。霞ヶ丘団地の交差点のところで、かつて僕が事務所を借りていた大家さんがやっている「ロートロ」というパスタ屋さんがある。ここでお昼を食べる。今のマスターに川の場所を聞いたが、わからないとのこと。残念。話を聞いたのは先代のお父様だったのだ


川の跡を歩く

ここから西へ川は曲がっていくのだが、それがどこかハッキリしない。ウロウロしていると、犬を連れて散歩をしているご婦人に遭遇。「昔このあたりに川がありませんでしたか」と聞いてみる。「ありましたよ。あそこの道がそのまま川でした」とのこと。車のジャガーを売っているお店のところの道だ。道はまるで川のように蛇行している。先ほどのご婦人によれば、川幅もこの道の幅と同じだったそうだ。
外苑西通りから裏原宿に向かって流れている

かつて渋谷川だった道路。蛇行している。

 
 
この道はどんどん下っている。まるで川の中をジャブジャブ歩いている気分になってくる。

原宿橋跡

このあたりから裏原宿と呼ばれる場所だ。その入り口には「原宿橋」の痕跡があった。
この道の先が川だった

原宿橋跡 かつて原宿橋のあった場所


 
 

残っている小さな石の橋桁が2つあり。ひとつには「原宿橋」もうひとつには「昭和9年5月」という文字が読み取れた。意味のない落書きがされていたのが悲しい。


キャットストリートを抜ける

裏原宿と呼ばれている遊歩道はかつての渋谷川の跡である。このあたりは川の跡がそのまま残っている。
ひらがなで「さんだうはし」と昔の書き方

参道橋の跡


 
 
表参道通りへ出る。通りをまたぐ陸橋を越えると、そこには「参道橋」の書かれたかつての橋桁を発見。ここを川が流れていたのだ。「穏田商店街」と書かれた看板がある。まさに穏田川が商店街となっているのだ。先へ進むとキャットストリートと呼ばれた道へ行く。さらに穏田神社という、「穏田」の名前の元となった神社が現在もある。

そして今の渋谷川

キャットストリート、すなわちかつての渋谷川(穏田川)は、明治通りと交わる。ここから宮下公園の下を川は進む。今、バイクの駐車場になっている部分が川だったのではないかと思われる。
暗渠から表にでてきたところ

渋谷駅のところで顔を出す渋谷川


 
 

明治通りと平行し、渋谷駅の宮益坂口、南口の前を通り過ぎ、陸橋をあがる。すると、ここからスタートしている渋谷川と遭遇する。今は暗渠となっているが、以前はこの川がずっとつながっていた。もちろん、この渋谷川散歩も近々ご紹介することとなると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。