都内の紅葉を楽しむ散歩コース

東京でも紅葉を鑑賞できるスポットはいくつかある。時期的には11月の中旬から12月の上旬くらいだ。都内の紅葉スポットは座ってゆっくり鑑賞というよりも歩きながら鑑賞に適している。というのも紅葉の多くは並木道となっているからである。
そこで、今回歩くコースも考えながら、ベスト5を選んでみた。
選考基準はスポットで美しい紅葉よりもコースとしてトータルに美しいものを選んだ。
また、距離は手頃な2~3kmとなっている。
それぞれのコースに地図が付けられているので、参考にしていただければ幸いだ。
PLUS
落ち葉を踏みながら歩くのも紅葉の楽しさ

できれば歩く舗道には、落ち葉があり、それを踏みしめながら歩きたいところだ。目で見るだけではない、足でも感じる紅葉というわけだ。

その前に番外編

都内の紅葉スポットは実に多い。ベスト5には入らなかったものの、素敵な場所をいくつか紹介しよう。まずは「小石川植物園」「新宿御苑」といった有料の公園である。シーズンにこういった公園を訪れれば、間違いなく紅葉を楽しむことができる。ただし、有料ということで今回は割愛させていただいた。できれば散歩なので、無料で楽しみたいところだ。
PLUS
早稲田大学大隈講堂脇の銀杏

個人的には早稲田大学の正門あたりから、諏訪通りの銀杏並木は好きだが、このあたりも散歩コースとしてはマイナーな気がして選外とした。
また、JR四ッ谷駅からすぐの迎賓館前の銀杏並木もとてもきれい。
代々木駅あるいは原宿駅から歩ける明治神宮、新宿駅から歩ける新宿中央公園も大好きな紅葉スポットだが、これもベスト5には入らなかった。それだけ多くの紅葉スポットが都内にあるということだろう。

第5位 東京駅~半蔵門駅

散歩コースといってもその場所までのアクセスはとても重要だ。そこで、東京の表玄関ともいえる東京駅から歩く紅葉鑑賞のコースはどうだろう。東京駅丸の内中央口から皇居方向にむかい、皇居の外周を半蔵門まで歩くコースだ。まずは、駅前の銀杏並木。並木の下を歩いているときは気がつかないが、通り過ぎ、振り向くとレトロな東京駅の姿と並木道がマッチする。さらに遠ざかればビル群が見える。歩くと景色が変わってくるのがおもしろい。
皇居からそのまま皇居東御苑に入ってもいいが、ここが外周をめぐり、桜田門、三宅坂をのぼり、半蔵門まで行こう。ここまでくれば、東京メトロ半蔵門線の半蔵門駅がある。
半蔵門駅で終了してもいいが、その先の千鳥ヶ淵公園から九段下方面まで歩いてもいい。

PLUS
東京駅の丸の内側にある銀杏並木

そして、皇居外周は、三宅坂あたりから色づいた樹木が続いている。
地下鉄の半蔵門駅まで歩いてもいいし、まだ先の九段下まで歩いてもいいだろう。

東京駅丸の内中央口から皇居方向にむかい、皇居の外周を半蔵門まで歩く4.0kmのコース 。



次ページでは

第4位 上野駅~上野恩賜公園~鶯谷駅

こちらも東京駅と同じようにアクセスがいい。駅の前はすぐに上野のお山がある。春には桜が美しいことで有名な恩賜上野公園だが、紅葉もなかなかのものだ。まずは西郷さんの銅像の前からスタート。
PLUS
上野恩賜公園の銀杏

西郷さんの後には彰義隊の墓がひっそりあり、その周辺には銀杏の樹がある。とくに上野の森美術館周辺の銀杏は、息を飲むほど美しい。風の強い晴れた日は、銀杏の葉が舞い、太陽光線でキラキラ光りながら落ちてくる。

個性のある銀杏の樹

上野恩賜公園の銀杏は並木ではなく、それぞれが独立し、個性があるのがおもしろい。枝振りなども個性的なので、一本一本を鑑賞してみたい。
東京国立博物館の脇を抜け、鶯谷へ出てもいいが、谷中墓地方面に抜け、日暮里方面へ出るコースもたっぷり紅葉が楽しめる。
また、上野動物園方面から根津方面に歩くと、落ち葉が多く、こちらのコースもおもしろい。
いずれのコースであっても、できれば上野恩賜公園内はじっくりまわってほしい。意外なところに意外な紅葉を見つけることができるからだ。

PLUS
個性あふれる銀杏の樹

たとえば、公園内の真ん中あたりにあるこんもりとした丘にはモミジもある。日によってその濃度が変わってくるのもおもしろい。桜もそうだが、紅葉も翌日になるとその様子が変わっている。毎日でも見に行きたくなる紅葉である。

上野駅~上野恩賜公園~鶯谷駅までの約2kmのコース 。



さあ、次ページでは

第3位 市ヶ谷~靖国神社~九段下

紅葉というよりも落ち葉を楽しむコースと言えるのが、市ヶ谷から靖国神社のコースだろう。
PLUS
車の通らない土手の道を往く

市ヶ谷駅から靖国通り方向へ出ると、線路と平行した土手がある。ここは桜並木でも有名な外濠公園である。その桜が葉を落とす頃は、落ち葉が舞い、なかなかの景色となる。色づく葉を見たり、落ち葉を踏み歩こう。
すぐ下には線路があり、その向こうはお堀である。お堀端の紅葉も土手からよく見える。
そのまま進めば飯田橋に出るのだが、このコースも棄てがたい。ずっと落ち葉の土手が続く。
靖国神社へ行くには一口坂あたりから靖国通りに戻ればいい。
靖国通りも紅葉した樹を見ることができる。

靖国神社の銀杏並木

桜の季節もあっという間に終わってしまうが、紅葉の季節も実は同じで、銀杏が色づき始めたなと思っているとあっという間にその葉が落ちて、裸の枝が出てくる。よくしたもので、夏は葉っぱで太陽光線を避け、冬は葉が落ち、日の光が当たるようになってくる。
樹というのは散歩者にやさしい。
PLUS
靖国神社の銀杏並木は壮大だ。右手前に見えいるのは、鳥居の下部分。

ここ靖国神社の銀杏は背が高い。見上げるような銀杏に見事な葉が色づく。ここからさらに北の丸公園へ向かってもいい。武道館方面へ行くとその先に北の丸公園がある。ここも屈指の紅葉スポットである。余裕があればぜひ寄りたい紅葉スポットだ。

市ヶ谷~靖国神社~九段下までの2.2kmのコース 。



さあ、次ページでは



第2位 吉祥寺駅~井の頭公園~三鷹台駅

都内でも本格的に紅葉を楽しむなら吉祥寺の井の頭公園がお勧めだ。そのまま南へ井の頭線沿いに歩いていくと紅葉を鑑賞できる。
PLUS
様々な紅葉が鑑賞できる井の頭公園

井の頭公園の紅葉のおもしろさのひとつは、様々な樹木があるということだろう。実際、紅葉の楽しさというのは、それぞれの木々の微妙な色の違いであろう。
実に多くの種類の木々がある井の頭公園の紅葉はそのグラデーションが素晴らしい。山の紅葉の美しさも、この微妙に色合いの違い木々が点在しているとことにある。

色づいたモミジ

モミジが池の端にあった。感動的な美しさだった。
PLUS
激しいモミジの赤

井の頭公園から南へ歩く。まず池があり、そこから流れ出る川があってその両側に紅葉した木々がある。この水を交えた構図が美しいのだ。l
井の頭公園内には、強烈に赤く色づくモミジが点在している。これを探して歩くのも楽しい。

吉祥寺駅~井の頭公園~三鷹台駅までの約2km。





さあ、次ページでは

外苑前駅~神宮外苑~信濃町

幻想的な銀杏のアーケードができる。絵画館前の通り。毎年、11月の中旬から12月の中旬まで行われる「神宮外苑いちょう祭り」というイベントがある。大道芸人のパフォーマンスや模擬店も出る。
東京メトロ銀座線の外苑前駅を青山通り方向へ出て、絵画館へ向かう。ここの銀杏並木が実に美しい。
PLUS
素晴らしい銀杏並木

どこまでも続く銀杏並木。これはまだシーズンはじめの11月中旬。どんどん色づき、葉が落ちていく。12月の中旬を過ぎると、ほとんどの葉が落ちてしまう。

舗道は黄金色に染まる

神宮外苑の銀杏並木の素晴らしさは、その下にいる人々すべてが黄金色に染まることだろう。とても幻想的な雰囲気になる。
PLUS
世界が黄金色に染まる銀杏並木

ちょうど足元にも銀杏の絨毯が敷かれ、頭上にも銀杏の葉がある。ざわざわと銀杏の葉を踏みつけて歩くのも実に味わいの深いものだ。桜もいいけれど、日本人ならば、紅葉素晴らしさも堪能したい者だ。

神宮前駅~神宮外苑~信濃町駅までの1.7kmのコース。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。