鉄砲坂

胸突坂から新目白通りに出て、目白台図書館の前にある細い道へ入る。その先、音羽方面に下る坂が「鉄砲坂」である。同じ名前の坂が四谷にもあるが、あちらは鉄砲組の屋敷があったので、その名前がついたそうだが、こちらは的場、射撃練習場があったからその名前がついたそうだ。
PLUS
急な坂の「鉄砲坂」

かつてこのあたりは崖だったそうだ、そこに鉄砲の的を置いて射撃練習をしていたようだ。文京区教育委員会の説明板などがあって、なかなかわかりやすい。

目白坂

鉄砲坂から高速道路の下を江戸川橋方向にくだっていくと関口公園という自然の豊かな公園がある。これを通り抜けると鳥尾坂というのがある。鳥尾小弥太(とりおこやた)という明治時代の軍人にして政治家だった人で、先の鉄砲坂が急で、人力車などは大変だったため、資財を投じて坂を造ったそうだ。この坂上の左側が独協学園、右側が東京カテドラル聖マリア大聖堂だ。この坂はのぼらず、次の目白坂をのぼることにする。こちらも急である。
PLUS
目白台のメインの坂ともいえる「目白坂」

坂の上は椿山荘があり、その途中にはお寺や神社がある。本当に歴史を感じる坂だ。この坂はのぼりきらず、関口台小学校の手前で曲がろう。

野鳥の森公園へ

小学校の脇の道を行けば、ちょうど野鳥の森公園(江戸川橋公園)の斜面の上に出る。ここから、もとは急な坂だったのだろうが、今は鉄製の階段がついている。
PLUS
自然の中を降りていく長い階段

この階段はけっこう長い。高所恐怖症の僕はゆっくり降りた。そこは公園があり、神田川がある。左にまっすぐ抜ければ、東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅。坂が多く、今回の散歩はさすがに疲れた。


【関連記事】
高田馬場~神楽坂 偶然が重なる奇妙な散歩 - [散歩]All About
【関連サイト】
久左衛門坂(新宿区新宿)
高七 たかしち - [食べログ]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。