無料でおかきが食べ放題?

1
正面に見えるビルの1階に無料喫茶があった!
今回の散歩はプロデューサーのEくんのプランだ。テーマは「食べ放題」なのだそうだ。最初、それを聞いたときには、きっとお寿司とかピザ、焼き肉、しゃぶしゃぶなんだろうなぁと思った。食べ放題というと僕はそういうものしか思いつかなかったのだが、なんと今回の食べ放題は「おかき」と「自然食」なのだそうだ。これにはビックリ。そんな食べ放題のお店があるのだろうか。まずはひとつめの「おかき」のお店を訪ねることにした。
Eくんは所用でこれないとのこと。東京メトロ銀座線の虎ノ門駅から地上にあがり、住所をたよりにさがしてみた。

本当にあった無料喫茶!

1
ここが「free cafe 播磨屋」の入り口
虎ノ門駅からすぐの場所にカフェはあった。Eくんからおかきの食べ放題だとは聞いたし、それが無料だということも聞いていた。しかし、いったいどういうことなのかがわからなかったのだ。だいたい今どき、この東京の真ん中でお茶やおかきを無料で提供してくれることなど可能なのだろうか。きっとお茶代は払っておかきが食べ放題なのだくらいの気持ちでここを訪れたのだが、なんと本当にすべて無料なのだ。
喫茶店の入り口にはこう書かれていた。
飲み物各種-0円
おかき・せんべい-0円
となっている。
本当だ。時刻は午前11時前。店内は人でいっぱいだった。ちょうど1つ空いた席があったので、座る。そういえば、かなり混雑することがあるのだろう、入り口には「混雑時にはゆずりあいの美徳をお願いします」とあった。あ、そういうことか。実は満席だったのだが、老紳士がすっと席を立ち、僕にゆずってくれたのだ。
ちなみに入り口には「躾(しつけ)の全くできていないお子様の入場は他のお客様のご迷惑になるのでお断りします」と書かれていた。

とてもおいしいおかき!

1
1
おかきはお皿に自由にとっていいが、おかわりは禁止。(上)、いただいたコーヒーとお茶、そしておかき(下)
飲み物はセルフサービスでコーヒーやお茶などがある。まるでファミリーレストランのフリードリンクのコーナーのようだ。そして無料。
おかきのコーナーには、ガラス容器に入っており、お皿の上に自由にとっていいようだ。ただし、おかわりは禁止。そうそう、入り口に書いてあったが、テイクアウトもダメだ。
さて、いろいろなおかきを取って、コーヒーを入れて飲もう。そうそう、ちなみに禁煙である。
喫茶店といっても実はここは「播磨屋本店の東京本店」というところの一角にあって、ある意味ここはおかきの試食コーナーなのであろう。というのも「お買い求めは通信販売が大変便利でお得です」とあり、喫茶店の表のスペースでは多くの人が住所などを書き込んでいる。
さて、おかきをいただこう。むむむむ、こ、これは…。見た目とはまったく違う味だ。これで、この無料喫茶の意味がわかった。とても上品な味である。播磨屋というくらいで、本店は兵庫県にある。見た目は関東でもよくあるおかきだが、塩気はあまり強くなく、ほんのり甘さがあるといえばいいだろうか。これは食べてみるしかないわけで、なるほどだからこういう形態で試食をやっているわけだ。テーブルに置かれた小さなパンフレットを見て再び驚いた。さぞお高いのだろうと思ったら、けっこうリーズナブルな価格である。なるほど、これは僕だって今すぐ表の人たちのように自分の住所を書き込みたくなった。なんせ、翌日には届くのだそうだ。
と、そこへEくんから携帯にメールが入った。銀座へ向かっているそうだ。こちらも急がなくては…。というわけで、後ろ髪を引かれるような気持ちで銀座へ向かうことにした。
そうそう、ここはちゃんと自分でカップやお皿を下げなくちゃいけない。こういうお店はぜひ続けて欲しいし、マナーなどはきちんと守り、感謝の気持ちで喫茶店をあとにした。

さあ、次ページでは

虎ノ門にあるおかきが食べられる「free cafe 播磨屋」から銀座三丁目にある「自然式食堂 銀座 餉餉」まで歩き、さらに日比谷公園への4.8kmのコース。本サービスは株式会社アルプス社ALPSLAB routeを利用しています


虎ノ門・金刀比羅宮

1
正面に見えるビルの1階に無料喫茶があった!
虎ノ門のビルの狭間にひときわ巨大な鳥居がある。虎ノ門・金刀比羅宮(ことひらぐう)である。こんぴらさんの愛称で親しまれる金刀比羅宮は、讃岐(今の香川県)に本営がある。万治三年(1660年)に讃岐国丸亀藩主だった京極高和が、藩領内の金刀比羅宮の分霊を当時藩邸があった芝・三田の地に勧請したのがそもそもの始まりである。そして延宝七年(1679年)、京極高豊の代に現在の虎ノ門(江戸城の裏鬼門にあたる)に遷座したそうだ。
金毘羅信仰は江戸時代、海運業者や商人によって全国に伝えられた庶民的な神社である。
さきほどの「free cafe 播磨屋」は禁煙であったが、こちらは灰皿が置いてある場所もあり、近隣のサラリーマンの方々が憩っている姿が印象的だった。

外堀通りを歩いていく

1
かつてはお堀だった外堀通り
かつてはお堀だった外堀通りを行くと、すぐに都営地下鉄三田線の内幸町駅がある。
かつて堀だった面影はどこにもないが、新橋、土橋という橋のつく地名は、ここが堀だった名残である。
道路の先を見れば、JR新橋駅のホームが見えてる。
山手線、京浜東北線、ちらっと東海道新幹線などが見える。
古いレンガ造りの高架をくぐる。

新橋駅の高架をくぐり左へ!

1
地下鉄新橋駅の出口。上はJR新橋駅
新橋駅から土橋方面へ行く。リクルートのビルがある。ここも外堀通り。かつての堀はこんな形で広がっていたのである。
この外堀通りをまっすぐ進むと数寄屋橋の交差点となる。
もうすぐ数寄屋橋の交差点というところで、Eくんより再びメールが入る。すでに「自然式食堂 銀座 餉餉」の入っているビルの下まできているようだ。
「マダムが続々とビルに入っていっています」
という。おお、急がねば。。。

次ページではいよいよ

自然式食堂 銀座 餉餉

小走りで、数寄屋橋交番を右折。その先の銀座グラッセを右へ。そして並木通りにあるZOE銀座のビル。下でEくんと合流し、4Fへ。
餉餉
入り口には自然食品が多数並べられていた「餉餉」


エレベータの扉が開くと、そこは「餉餉」である。読み方は「けけ」。朝餉(あさげ)というように使う、古い言葉で、食事のこと。ちなみにいまは昼餉である。
そのランチは90分の制限があるランチブッフェが2200円、制限時間のないものは2800円である。
90分で十分だろう。お店の人にそう告げると、中へ案内してくれる。案内されたテーブルは広く、明るい窓際のテーブル。
お客さんの大半が女性である。それも2人から4人のグループ。
初めての訪問ということで、テーブルにてランチブッフェの説明を聞く。
バイキングスタイルなので、好きなものを好きなだけ食べられる。
備えられているのは桜の木のお皿なので、そこにそのまま料理をのせてくださいとのこと。

最初のひと皿は野菜たっぷりで

とりあえず、全体を見ながらもまずは野菜。僕が最初にとってきたのはこんなかんじ。
餉餉
僕のひと皿目。それぞれの野菜の味が濃くておいしい。

さすがに野菜がものすごくおいしい。さらにポテトサラダや豆のサラダの味付けもなかなか。

うどんやパスタも豊富

こちらはEくんのひと皿目である。
餉餉
このうどんがなかなかおもしろくて、自分で湯がくのだ。次ページにてその工程を紹介しているので、見て欲しい。

Eくんはひと皿目を食べながら「これはテンションあがりますねぇ」と言う。たしかにそうだ。これだけずらりと自然食が並ぶのは圧巻。といっても野菜だけではなくて、お肉やらコロッケ、天ぷらなどもある。麺類も豊富でパスタやうどんなどが用意されている。

次ページではさらに

わくわくする「食」の空間

1
1
1
まずはうどんを好きな量だけ煮ざるに入れる(上)、それをお湯の入った鍋で湯がく(中)備え付けネギやゴマを入れ、出汁を注いでうどんのできあがり(下)
店内はかなり広い。そして、テーブルもゆったり配置されているので、ゆったりと食事を運ぶことができる。さらに食品もただ並べられているわけではなく、おもしろい工夫も多い。たとえばこのうどん。自分で好きな量だけを湯がき、好きな薬味を入れて、出汁を注ぐ。実に楽しいわけである。
僕とEくんはせわしなく食品の置いてある場所とテーブルを行き来しながら黙々と食べているのだが、ふと気づくと他の利用者たちは、お仲間と来て、雑談を楽しみながらゆっくりと食事をしていることに気づいた。そういえば、90分もあるのに我々は15分もたたぬうちにデザートに行こうとしている。
なるほど、90分といえば1時間半だ。けっこうゆったりと食べても大丈夫なのだ。そこへ、お店の女性がやってきて「ただいま、できたてのお豆腐がカウンターに出ました」
と知らせに来てくれた。こ、これは行かねば。
温かいお豆腐が提供されている。これはうまい!
あ、カレーがあるのを発見。これも食べちゃえ。
という具合に30分くらいでもうお腹いっぱいになってしまった。

デザートも充実している

1
2種類のカレーが出ていたので、両方かけてみる。
1
こちらは僕のデザート。真ん中のカップには林檎のゼリー。
カレーはココナッツのカレーと有機野菜のカレーがあって、ご飯に両方かけてみた。いやぁ、これがどちらもうまい!
さらにデザート。いろいろな種類があるのだけれど、少しずつ取ってみた。実はこの時点でお腹はいっぱい。もっと計画性を持って食事を取らないと食べ過ぎてしまう。
最後はコーヒーをいただく。このコーヒーもなかなかおいしかった。

次ページでは腹ごなしに

再び数寄屋橋の交差点

1
数寄屋橋交差点にある交番。
自然食だからとついつい食べ過ぎてしまった。Eくんと分かれ、少し腹ごなしに歩くことにした。まずは先ほどの数寄屋橋交差点に戻る。ゆっくりと歩けるのはどこだろうかと数寄屋橋通り方面へ歩みを進めた。歩くうちに、そうだ日比谷公園に行ってみようと思い立った。

歩き放題の日比谷公園!

1
日比谷公園の古い門
1
自然あふれる公園をゆっくり歩いた
日比谷公園というところは、なんでこんなに素敵なのだろう。他にも都内には自然あふれる公園はあるが、こんなにいろいろな場所からのアクセスがよく、しかも無料というのは散歩者にとっては実にうれしい存在である。古い石垣があったり、噴水があったりでなかなか楽しい。それこそ歩き放題だ!
祝田橋への出口から出て、桜田門方向へ歩いた。

桜田門で散歩は終了!

1
桜田門あたりで雨がポツリポツリと降ってきた。
歩き始めると勢いがつくというか、どんどん歩きたくなる。
が、桜田門から皇居外周を歩き始めたときに雨がポツポツ降り始めた。あ、これはひょっとして…。Eくんが「きょうは2時からゲリラ雷雨ですよ」と言っていたのを思い出した。散歩の大敵はゲリラ雷雨である。普通の雨くらいなら傘をさして歩くのだが、雷雨はつらい。それこそ水の中を歩くようなことになってしまう。ここはひとまず、先ほど通り過ぎた東京メトロの桜田門駅で散歩を終了することにしよう。まだまだお腹はふくれたままだが…。

【関連サイト】
日本一おかき処 播磨屋本店
虎ノ門・金刀比羅宮
ぐるなび - 自然式食堂 銀座 餉餉
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。