明治の政治家大久保利通暗殺の現場へ

NHK大河ドラマ『西郷どん』もいよいよ佳境を迎える。明治10年西南戦争で西郷隆盛が亡くなってしまうが、盟友である大久保利通もその翌年に暗殺される。今回は大久保利通が暗殺された現場を歩いてみようと思う。
やってきたのはJR四ツ谷駅の麹町口から出るとそこは、かつての江戸城の外濠の面影がある。
外濠の石垣が今も残っている

JR四ツ谷駅麹町口を出て市谷方向をのぞんだところ


明治11年(1878年)5月14日午前8時10分、明治の元勲、大久保利通は自宅があった裏霞ヶ関の自宅を馬車で出かけた。いまの迎賓館と赤坂御用地のあたりにあった赤坂離宮へ向かったのだ。ここには赤坂仮皇居があったのだ。
なぜ仮皇居なのかといえば、もともと旧江戸城西の丸御殿が皇居だったのだけれど、明治6年に火事で焼失したため、赤坂離宮が仮皇居になっていたのだ。
通勤途中に暗殺されてしまった大久保。今回はその現場を歩いてみる。
 

四ッ谷から上智大学脇の土手を歩く

 
あの日、大久保利通が目指した場所

土手の下には上智大学のグランドがあり、その奥に丸の内線が走り、その向こうが迎賓館だ

初夏、天気のいい日はぜひこのコースを散歩してみてほしい。高い土手からは上智大学のグランド、その向こうに丸の内線が走る。線路の向こう側に迎賓館が見渡せる。暗殺の日、大久保利通が馬車でめざしたがたどり着けなかった場所だ。
 
穴場のお散歩コースだ

上智大学脇の土手にある桜並木。5月は新緑が美しく、天気のいい日は歩くと気持ちがいい


5月のゴールデンウイークに歩いた。桜並木が花を散らせたあと、新緑が目にまぶしい。土手はアスファルトではなく土の上を歩くというのがいい。
 

都心の真ん中とは思えない道

土手は、歩いてみると短く、あっという間に終わってしまう。市谷方向に歩けば、飯田橋まで続いて、けっこう歩きがいのある土手だが、赤坂側へ向かうこちらの土手は短い。しかし、僕はこの四ッ谷駅から赤坂側へ歩くこの土手が好きだ。
 
まるで明治時代にタイムスリップしたようなロケーション

土手を降りると、その先にはホテルニューオータニがある


土手が終わり、階段を降りるとそこはホテルニューオータニだ。このホテルの前の坂が紀尾井坂。明治の不平武士によるテロ行為である大久保利通の暗殺事件は「紀尾井坂の変」と呼ばれている。
 
紀尾井坂から霞が関までの3.8kmのコース
 

なぜ紀尾井町というのか

 このあたりの地名を紀尾井町という。この町名の由来は紀尾井坂があったからつけられたのだそうだ。江戸時代、このあたりには紀州徳川家、尾張徳川家、井伊家の屋敷があった場所だ。その一文字ずつを取って「紀尾井」となった。
清水谷方向へ下っていく紀尾井坂

紀尾井坂という書かれた説明板が建っていた


大久保利通暗殺事件は『紀尾井坂の変』といわれている。だから、この場所で大久保が暗殺されたのかと思ったが、そうではない。この先が現場になる。
 

清水谷公園へ

坂を下ると清水谷公園がある。かつて、紀伊家と井伊家の間の谷に清水が湧いていたことからこの谷は清水谷と呼ばれていたそうだ。
今は人口の池がつくられている。

桜の季節の清水谷公園。かつては湧水が出ていたそうだ。

不平士族6名が大久保の乗った馬車を襲ったのはこの公園前の道のようだ。当時このあたりはうっそうとした森だったそうで、馬車がやっと通れる細い道だった。
馬車の前に不平士族2名が花を持って立っていたそうだ。馬丁の芳松が馬車を降りて、その2名に近づくと、いきなり短刀を抜き、馬に切りかかった。芳松は命からがら近くの屋敷に助けを求める。続いて、残りの不平士族4名も加わり、馬車を操っていた御者の中村太郎が殺害され、そのあとで、大久保が馬車から引きずり出される。大久保は「無礼者!」と一喝したが、16カ所も切られ、殺害された。
 

大久保利通公哀悼碑

木戸孝允、西郷隆盛とともに維新の三傑といわれた大久保利通だが、明治10年から11年にかけて3人とも亡くなっている。大河ドラマ『西郷どん』でも描かれていたが、木戸孝允は明治10年に京都で病死している。西郷隆盛も同じ年、西南戦争で亡くなっている。そして明治11年に大久保利通が暗殺される。
 
碑の前には解説文が書かれている

贈右大臣大久保利通哀悼碑

清水谷公園には『贈右大臣大久保利通哀悼碑』というかなり大きな石碑が建てられている。
大久保を襲った不平士族6名は自首し、その後裁判で死刑になっている。

ところで、清水谷で起きた事件なのに『紀尾井坂の変』と呼ばれているのはなぜだろうか。
その答えが、先ほどの紀尾井坂と書かれた標識の裏側裏にあった。こんな説明があった。
“大久保利通が殺害された事件はこの坂ではなく、麹町清水谷(清水谷公園付近)で起きています。「紀尾井坂の変」と誤って伝えられているのは灯火を持ち、馬車を先導した人物がこの坂を上っている最中に事件が発生したからです”
とあった。灯火を持って先導したというは、馬丁の芳松だ。なるほど、そういうことか。 
 

紀尾井町通りの八重桜

清水谷公園にはソメイヨシノもあったが、八重桜のほうがたくさん咲いていた。この通りを紀尾井町通りといって、紀尾井坂方面へゆるやかにのぼっている。
 
ソメイヨシノの花が終わったあと4月の半ばごろから開花し、長い期間咲き続ける

清水谷公園の前の道を紀尾井町通りといい、八重桜がたくさん植えられている


暗殺現場から、大久保の家をめざしてみよう。紀尾井町通りの先は弁慶濠があり。その東端にかつての赤坂見附があった。見附とはかつての江戸城の周辺につくられた門のこと。赤坂見附を通れば近道だが大久保はここを通らず迂回した。諸説あるが、当時は人通りが多かったので、避けたらしい。

 

茱萸坂を馬車は進む

国会議事堂の南側にある茱萸(ぐみ)坂を大久保が乗った馬車は通り過ぎていく。
 
東は大久保の家があった潮見坂から、西は総理官邸まで続いている

国会議事堂の南側にある坂。かつてこの通りの両側の茱萸の樹が植えられていたからこの名前がついたそうだ


馬車のなかで大久保は暗殺時にいつも隠し持っていた西郷の手紙を読んでいたともいわれている。大久保は裏霞ヶ関に洋館を建て、そこに家族とともに住んでいた。洋装で西洋風の暮らしをしていたとも伝えられる。
 

実に静かな三年坂

今は文部科学省と財務省の間の坂である三年坂。さらに大久保の邸宅は潮見坂沿いでもあった。
 
転ばないように気をつけて歩いた

この坂で転ぶと3年以内に死ぬという言い伝えがあった三年坂



かつて大久保利通邸があったあたりを歩いてみた。実に静かだ。三年坂をくだって桜田通りに出た。外務省の前あたりで右翼の街宣車の拡声器の声が聞こえる。僕はゆっくりと霞ヶ関駅への階段をくだった。
 

<関連リンク>
「維新ふるさと館」で薩摩の歴史や幕末の偉人を学ぼう
大河ドラマ『西郷どん』の聖地を歩く!~東京編~

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。