本郷も かねやすまでは 江戸のうち

本郷も かねやすまでは 江戸のうち。つまり、江戸は「かねやす」まで。昔はごく狭い範囲だったのだ
僕が東京にきたのは昭和であった。その昭和も最後のほうの昭和である。僕のイメージで本郷といえば、東京の真ん中といった感じだったろうか。山手線内はどこも東京の中心だと思っていたからだ。

さて、今回の散歩はその本郷から始まる。地下鉄の「本郷三丁目」駅で待ち合わせた。Nくんは丸の内線、僕は大江戸線の「本郷三丁目」の駅。電話しながら落ち合ったのは、「かねやす」のある交叉点。

ここには、こんな看板があった。

「本郷も かねやすまでは 江戸のうち」

と昔の川柳が書かれている。本郷通りを皇居の方角を見ると後楽園のジェットコースターが見える。その向こう側が水道橋で、そこは外堀がある。江戸時代のある時期、「かねやす」という大きな土蔵のある小間物屋までが江戸だったと言われていたのだ。昔の江戸はごく狭い範囲だったのである。

この「かねやす」は今も化粧品店として営業しているのがおもしろい。そして、江戸はどんどん膨張していった。それは東京になっても膨張し、今はその重心は新宿だ。平成になって、千代田区から新宿区に都庁が移転したので、そういうイメージがある。

今回の散歩は、かつては江戸の外だと言われていたところをずんずん歩く予定だ。本郷通りを北へ。この界隈は、明治から昭和にかけて多くの文学者が住んだことでも知られている。思いつくままに挙げてみても夏目漱石、正岡子規、坪内逍遥、樋口一葉、二葉亭四迷、石川啄木、宮沢賢治、川端康成などの名前が浮かぶ。

泣く子も黙る東京大学赤門。構内は重要文化財多し
左側に東京大学が見えてくる。

「ここの敷地はものすごく広いんですよ」

とNくん。たしかに地図で見ると東大の敷地は広い。赤門から構内に入る。東京の大学は敷地内に名所旧跡があるところも多く、誰でも入ることができる。とくにここ東大はそういったものが多い。そもそもこの赤門が重要文化財である。旧加賀屋敷御守殿門で、夏目漱石の小説『三四郎』では、主人公が赤門から大学構内に入り、ひょうたん池(三四郎池)の周りを散歩した記述などが出てくる。とくにこの小説は本郷界隈を散歩する記述がたくさんあるので、一読して出かけることをお勧めする。

僕とNくんもとにかく構内をいろいろ歩きまわった。安田講堂などを感慨深く眺め、再び本郷通りに出る。

狭い路地でいきなり婦人に叱られる

(上)大盛りナポリタン。その大きさが伝わらず残念! (下)ハントンライス。こちらも相当なボリュームです。女性の方は気をつけてください
僕たちは、「カフェテラス本郷」を探した。赤門前を行ったりきたり。やっと2階に上がる階段の入り口を見つける。ここは、東大生にも人気の洋食屋だそうで、大盛りのメニューがすごいそうだ。なので、Nくんにチャレンジしてもらおうとここにきた。

月曜日と木曜日はランチバイキングがあるのだが、残念ながらこの日は金曜日。しかし、メニューは豊富で、名前からは料理が想像できないものもある。Nくんは、少し悩みながらも「ナポリタン」の大盛りを注文。僕はどういう料理かまったく想像できなかった「ハントンライス」。

ちょっと写真ではわかりにくいかもしれないが、ナポリタンの大盛りはけっこうな量であった。ハントンライスというのは、オムライスの上にエビフライと牡蠣フライが乗っているものであった。

店の人になんでこれが「ハントンライス」というのか聞いたが、よくわからなかった。あとで、ネットで調べたら、金沢で生まれた洋食なのだそうだ。「ハン」というのはハンガリー料理のことで、「トン」というのは、フランス語でマグロのことらしい。で、本場金沢でのハントンライスは薄焼き卵のオムライスに白身魚のフライが乗っているのが基本で、最近ではエビフライやトンカツを乗せるところもあるそうだ。

しかし、ここ「カフェテラス本郷」のハントンライスは卵が厚焼きである。かなりのボリュームであった。

「これは、強力ですねぇ。人生初かもしれません。もうお腹いっぱいですよぉ」

と言うNくん。ここはコーヒーも飲み放題なので、僕たちはコーヒーを飲みながら、しばらく歓談。

さて、再び本郷通りに出る。この日の天気は雨が降ったり、晴れたりのおかしな天気だ。樋口一葉が住んでいた場所で、今も残る井戸を探す。よく写真に出てくる有名な風景である。

たぶんこっちの方向だと、細い路地を抜けようとする。と、いきなり婦人の声。な、なんだろう。振り返ると

「ここはね、私有地ですからね、勝手に入られちゃこまりますよ……」

とにかく怒りまくっている。Nくんは名刺を渡して「申し訳ありません……」と平身低頭なのだが、僕は普通に道のあるところを通ってなにがいけないのかよくわからなかった。Nくんの謝罪により、婦人は機嫌をすっかり取り戻していたが、今回の散歩を先に進むとこの婦人の怒りももっともだろうということがわかってくるのだ。

時は止まったようだが、実際には今も生活が続く路地

細い路地を入っていけば、そこには樋口一葉の菊坂旧居跡が静かに佇む
本郷通りから西側へ、西側へと路地を進んでいく。地図でいうと本郷5丁目あたりだ。だんだんと街の景色が変わってくる。

狭く短い坂がいくつもあり、よくわからない。ぜひとも見たかったのは、有名なかつて樋口一葉が住んでいたという住宅で、そこに井戸があるのだ。なかなか見つからないでいると

「ここですよ」

とNくんが教えてくれた。細い路地を入っていったところ。先が階段になっていて、井戸がある。あー、ここだぁと思うと同時に、ここは単なる観光地ではないということがすぐにわかった。この路地の入り口「樋口一葉の菊坂旧居跡」という看板があって、そこにはこんな一文があった。

「見学は近隣の皆様のご迷惑にならないようにお願いします。 文京区教育委員会」

近隣というか、ここの住宅すべてに今も人が住んでいるのである。なるほど、散歩者の中には心無い人もいるのだろう。だから、街の人も警戒しているし、「駐車禁止」「敷地内の物に手を触れないでください」などの貼り紙もあるのである。

これまでテレビでも見たし、雑誌の写真でも何回か見た風景だけれど、実際にやってきたのは初めてである。ついつい観光気分で浮かれていたが、ここには今も生活する人がいるのである。生活するひとがいるからこそ、昔のままの形でこうして残っているのだ。

ついつい観光気分で浮かれがちだが、今も生活する人がいるだ
たぶんこの一帯は東京の大空襲でも焼けずに残ったのだろう。そのため、戦前の面影をそのまま残している町なのだ。家屋は小さく、路地には草花があり、井戸があって、なるほど、写真やテレビだけではわからない、空気感のようなものがここにはあった。

井戸も樋口一葉の旧宅だけではなく、他のところにもいくつかあった。また、同じ様な住宅や路地がいくつかある。まさに井戸端でおかみさんたちが数名話しこんでいたりする光景に出会うのである。時間が止まったような町だけれど、今もここで人々が暮らしている。僕たちは迷惑にならないように声をひそめ、路地を歩いた。

目赤不動尊にお参りし、下駄福さんで下駄を買う

宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』に出てくる「山猫軒」を模したレストランの看板
本郷通りそのものが、歴史を感じさせる。漱石の小説の『こころ』がそのまま店名になっている喫茶店があるかと思えば、しばらく行くと、その小説の登場人物である「K」という名前の喫茶店があったり、歩いているだけで、驚かされる。かとおもえば、宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』に出てくる「山猫軒」というレストランがあったりするのもおもしろい。 きっとここは何回きても楽しめる街であろう。

「下駄福」という下駄を売る店に入ってみた。今年で創業123年、応対に出てこられたご主人が三代目だそうだ。

「以前はもっと大きい店だったんですけど、震災と戦災で2度焼けまして」

と三代目は言う。震災とは関東大震災、戦災とは第二次世界大戦の空襲である。

「下駄福」の三代目主人。意気揚々と下駄について語ってくれた
下駄で散歩をするというのはどうなのかと三代目に聞いてみた。

「まあ、最近では近所を歩く程度にしか履かないですけれど、実際は、ほら、こうして体重を乗せると、自然に前に倒れてくれるので、あんがい下駄で歩くのは楽なんですよ」

とおっしゃる。なるほど。というわけで、3200円の下駄を購入。

さっそく、ウォーキングシューズから下駄に履き替えてみる。これが実に気持ちいい。さらに三代目がおっしゃっていたことがよくわかる。前のめりで歩くと楽だ。

さらに歩くと「目赤不動尊」というのがあった。えっ、本当なんだと驚いた。というのも、目白、目黒というのは、山手線の駅名にもなって有名である。で、たしか昔、誰かが「赤、黄、青があるんだ」と言っていたのを聞いたことがある。信号じゃあるまいし、てっきり冗談かと思っていたが、本当にあるらしい。黒、白、赤、黄、青とあり、これらをまとめて五色不動尊と言うらしい。おもしろいなぁ。

降りだした雨。雨の散歩も悪くない
目赤不動尊は、こじんまりとしたきれいなお寺だった。さらに歩くと、右側に吉祥寺というお寺があった。これも中央線の吉祥寺という駅と同じ名前。こちらは駒込吉祥寺というお寺。ここはかなり大きくて、境内に足を踏み入れると、突然、空が大きく開ける。

「甘味処 蟻ん房」であんみつを食べる

「甘味処 蟻ん房」のあんみつ。歩いたあとの体に甘さが浸透していく
駒込吉祥寺で再び雨が降り始めた。傘を差し、下駄履きで歩く。

本郷通りを駒込駅を越え、しばらく行くと、女子栄養大学への道を曲がると「甘味処 蟻ん房」がある。昔ながらの甘味処である。妙になつかしい。

「お昼に食べたナポリタンでまだお腹一杯ですよ」

というNくんは、ソーダ水。僕はあんみつを注文。このあんみつはなかなかの美味。

あんみつを食べ、表に出ると日が差していた。夕暮れのやさしい日差しだった。NくんはJRの駒込駅へ。僕は地下鉄南北線の駒込駅へ。

楽しい散歩だった。本郷界隈は、また何度か来ないといけないなぁと感じた。

【参考までに今回の散歩ルート】
本郷3丁目「かねやす」からスタートし、駒込まで。東大、樋口一葉の菊坂旧居跡など、歩けば何かしらにぶつかる文学散歩。地域の住民の人の迷惑にならないよう、気をつけよう。今回の所要時間6時間程度。普通にあるけば3時間もかからないだろう

<関連記事>
駒込~本郷 文学散歩編
ぐるなび - カフェテラス本郷
[All About WEEKENDERトップページに戻る]


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。