夜だから面白い動物園&水族館

どうも日中は暑くて出歩く気は無い。だけど、動物園や水族館で楽しみたい。そんな人は夜に出かけてみるなんていうのはいかがでしょうか。これまで深夜まで営業する動物園や水族館は少なかったのですが、夜の特別イベントやツアーが好評で、多くの施設でも楽しめるようになってきました。

こうしたサービスの先駆けはサファリパーク。日中、暑さでダラダラしてしまっているライオンなどの肉食動物が、夜にはその目をぎらつかせ、活き活きと園内を徘徊する。そんな夜に活発になる動物たちの本来の姿が確認できるナイト・サファリが好評で、こうしたサービスがほかの施設にも拡大していきました。


さらに水族館でもこうしたサービスが行われるようになり、発光する魚やライトアップされた水槽などの演出も加わって人気に拍車がかかりました。普段、子供たちで賑わう動物園や水族館もこうしたイベントではしっとりした大人のムードになり、デートにも最適。また、夜から楽しめるので、会社帰りでも十分楽しめるのです。


ナイト・サファリの定番!:富士サファリパーク

ステージ2 ナイトサファリ
暗視スコープを使用する「ステージ2 ナイトサファリ」は6才以上が対象となる
「ナイト・サファリ」を楽しむなら、静岡県裾野市の「富士サファリパーク」がお勧め。ナイト・サファリはライトアップされた園内でライオンたちが住む猛獣ゾーンなどを中心に進みます。マイカーでも楽しめますが、動物を形どった園内バスで楽しむ方がいいでしょう。

園内バスでは視界も広く、活発に活動するライオンたちをよりはっきり確認できます。また、園内バスツアーでは、真っ暗なサファリゾーンで野生動物の姿をナイトスコープで楽しむツアーも別途用意されており、よりリアルな動物たちの姿を見たいならこちらを選択しましょう。

□「富士サファリパーク」
・住所:静岡県裾野市須山字藤原2255-27
・ナイトサファリ営業時間:18:00~21:00(ツアーにより異なる)
 ※8月31日まで毎日営業、4月15日~10月29日まで土・日・祝日営業
 ※ナイトサファリ入園受付時間:17:30~19:30
・ナイトサファリ入園料:1700円
 ※バスツアー料金:1回700円(ナイトスコープ使用のツアーは1回1000円)
・公式HP:http://www.fujisafari.co.jp/


夕暮れ時のサファリなら:群馬サファリパーク

夕暮れサファリ
肉食動物も活発になり始める夕暮れのサファリツアー
群馬県富岡市の「群馬サファリパーク」では、「夕暮れサファリ」と「ナイトサファリ」の2コースを用意しています。どちらも園内バスで巡るツアーで、夕暮れサファリはその名の通り、夕暮れ時にスタートするコースで、ナイトサファリでは日が落ちきった暗闇の中を進むコースです。

夕暮れ時は肉食動物たちが活発になり始める時間帯で、サファリバスの目の前でガブリとライオンやトラが生肉をかじりつくシーンなどが楽しめます。ナイトサファリではライトアップされていても暗すぎてよくわからない、と言う人に最適です。また、夕陽をバックにした動物たちの姿は神秘的でデートにもおすすめです。

□「群馬サファリパーク」
・住所:群馬県富岡市岡本1
 夕暮れサファリ受付時間:16:00~17:00
 ※開催日、ナイトサファリ受付時間は月により異なる。詳細は公式HPにて
・入園料:大人:2600円、小人(3才~中学生):1300円
 ※バスツアー料金:1回500円
・公式HP:http://www.safari.co.jp/

次ページへのリンクでは夜の水族館をチェック

夜の水族館でパーティー:横浜・八景島シーパラダイス

ドルフィンファンタジーパーティー
ちょっと変わったパーティーならこんなプランがお勧め
水族館だけでなく、遊園地施設なども併設する横浜市金沢区八景島の「横浜・八景島シーパラダイス」では、閉館後の水族館を見学し、宿泊できる小学生とその保護者を対象とした「水族館お泊り親子学級」などを開催していますが、大人向けのちょっとリッチなプランも用意されています。

それは、一般営業終了後の水族館を貸し切ったプレミアムパーティー「ドルフィンファンタジーパーティー」。イルカたちが泳ぐ水槽がバックの「ドルフィン ファンタジー」を会場にした立食スタイルのパーティープラン。会場内の幻想的なイルミネーションも加わって、思い出深いパーティーが開催できます。

□「横浜・八景島シーパラダイス」ドルフィンファンタジーパーティー
・住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
・会場費:一律15万7500円(90分)
 ※1名の料金
  料理:4700円から
  飲物:2100円から(フリードリンクプラン)
・利用人数:40~80名
・可能開催日:4/1~8、4/28~5/6、7/13~8/31、12/22~1/7、3/20~31、および休島日を除き全日
・開催時間
 (通常期:4/1~11/30、3/1~3/31)
  平日:19:00~20:30
  土日祝:20:00~21:30
 (冬期:12/1~2/29)
  平日:18:30~20:00
  土日祝:19:30~21:00



夜の博多湾を前にイルカが飛ぶ:マリンワールド海の中道

イルカショー
イルカショーなどのほか、ウミホタルの発光実験なども行われる
福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」では、9月17日までの土日祝日と8月の毎夜、恒例の期間限定イベント「夜の水族館」を開催しています。同イベントでは、暗い大水槽にダイバーが水中カメラを持って潜る「夜のアクアライブショー」や、80種1万匹の魚が泳ぐパノラマ大水槽前でクラッシック生演奏を楽しめる「アクアナイトコンサート」などが行われます。

なかでも、イルカたちが大ジャンプなどの華麗な技を披露する「イルカショー」は、明るい昼間のショート趣が異なり、きらびやかな博多湾の夜景をバックに、夜ならではの幻想的な雰囲気を楽しめます。博多の夜を楽しむデートプランに組み込んでみるのもいいでしょう。

□「マリンワールド海の中道」夜の水族館
・住所:福岡市東区西戸崎18番28号
・開催期間:9/17までの土日祝日と8月の毎日
・営業時間:7/8月:9:00~21:30(入館締切は20:30)
      9月:9:30~21:30(入館締切は20:30)
・入場料:大人2100円、中学生1150円、小学生800円、幼児550円
 ※昼間より引続き楽しめる


<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「天空の水族館が六本木に期間限定オープン」
ガイドおすすめ記事「旭山動物園は冬が断然おもしろい!」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。