文章:安達 孝之(All About「アミューズメントスポット」旧ガイド)

業務用カードゲーム機にあの人気ゲームシリーズが!

プレーイメージ
家庭用ゲーム機でお馴染みのあのゲームシリーズがゲームセンターに登場
「甲虫王者ムシキング」で人気となり、「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」で一ゲームジャンルとして定着した業務用カードゲーム機に、この夏、『ドラクエ』と『ポケモン』が登場します。どちらも家庭用ゲーム機で人気を集め、ネームバリューも大きいだけに、その内容が気になるところ。

ちなみに、業務用カードゲーム機とは、キャラクターや技などのデータが登録されたゲーム専用のカードなどをゲーム機本体に読み込ませてプレーするゲーム機のこと。ベンダーやゲーム機本体から購入、または排出されるさまざまなカードを使用することで、奥深い戦略性のあるプレーを楽しむことができます。

ゲームによっては、カードに設定パラメーターが傑出した希少価値のあるレアカードを用意しているものもあります。また、カードに著名なイラストレーターや漫画家を起用するものもあり、収集心をくすぐるカードを用意しているゲームもあります。詳しくはコチラの記事を参照してください。


『ドラクエ』の業務用カードゲームはこうなります

ドラゴンクエスト モンスターバトルロード本体
本体中央の「王者の剣」がせり上がれば、「とどめのいちげき」のチャンス到来
(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

さて、気になる最新の業務用カードゲームですが、『ドラクエ』シリーズの業務用カードゲームのタイトルは「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」。同シリーズお馴染みのモンスターたちがデザインされたカードを読み込ませて戦う対戦形式の業務用カードゲームとなっています。

対戦は3対3のチームバトル。戦闘方法はそれぞれのモンスターが持つ必殺技を選択するというもので、予備知識無く、誰でも簡単に遊べるシンプルなルールと、カードを組み合わせた奥深い戦略バトルを楽しめます。


ドラゴンクエスト モンスターバトルロード画面
モンスターには相性があり、組み合わせ方次第でパワーアップすることも
(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
稼働は7月より順次開始される予定で、6月21日から全国の有名デパートやショッピングセンター、アミューズメントスポットなど200店舗で先行稼動を開始します。また、6月23日、24日の2日間、先行稼動店舗では先着100名に、モンスターカード1枚を無料でプレゼントするキャンペーンを予定しています。先行稼働店舗は公式サイトにて6月21日に掲載されます。


次ページへのリンクでは『ポケモン』の業務用ゲームをチェック

ポケモンが3対3で戦う業務用「パック」ゲーム

ポケモン バトリオ本体
本体中央の緑色のフィールドでパックを操作する
(C)2007 Pokemon.
(C)1995-2007 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Developed by TOMY and AQ INTERACTIVE
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
一方、『ポケモン』シリーズからは「ポケモン バトリオ」が登場。こちらは業務用「カード」ゲームではなく、正しくは業務用「パック」ゲーム。従来のゲームではカードを使用しましたが、このゲームでは直径40mm、厚さ3.4mmのコインのようなパックと呼ばれるものを使用します。

こちらも3対3のチームバトルで、パックをゲーム機のフィールドに置くことで、パックに対応したそれぞれのポケモンを呼び出し、対戦します。そしてこのゲームでは、パックをフィールド上で直接動かすことでポケモンが移動し、チームのフォーメーションを変更できるようになっています。


ポケモン バトリオ パック
第1弾でのパックの種類は30種以上
(C)2007 Pokemon.
(C)1995-2007 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Developed by TOMY and AQ INTERACTIVE
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
個々のポケモンの要素に加え、攻撃、防御に適したフォーメーションを選択することで、より深い戦略性に富んだゲームを楽しめるでしょう。稼働は7月からの予定。ちなみに、このゲームは、タカラトミーとゲーム開発・販売会社のAQインタラクティブの共同事業によるもので、販売会社はタカラトミー。



ファンもニンマリな演出やアイテムを用意

どちらも1プレー100円で、プレー後には1カード、または1パックが排出される仕組み。さらに「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」ではきょう体の「王者の剣」がせり上がれば、ゲーム機に好みのカードを差し、この剣を突き刺すことで「とどめのいちげき」が繰り出されるなどの演出も用意されている。

また、パックを使用する「ポケモン バトリオ」では、パックを収納できる「専用パックファイル」などの関連商品も発売される予定で、これら関連商品を含めた収集心をくすぐるアイテムで、業務用カードゲーム新ジャンルとして定着していきそうです。

大型のきょう体を使用するカードゲーム機と違い、小さめなきょう体を使用するこれらゲーム機には、子供を対象にしたものが多く、プレーしづらいのですが、両ゲームシリーズを家庭用ゲーム機でやりこんだプレーヤーとしては、そんなやりづらさも吹き飛んでしまいそうです。

<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「大人の為のポケモン講座」
ガイドおすすめ記事「『ドラクエVIII』がやってきた!」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。