■セガのリラクゼーションマシンとは?
数々の名作ゲームを世に送り出してきた「セガ」と電気マッサージ機などを発売している企業、「ファミリー」とのコラボレーションにより誕生したリラクゼーション体感マシン、『リフレッシェル』。セガにお邪魔させて頂いて、実際に体感して参りしました。その感想としては、「間違いなく心地よい」です。

だが、アーケードゲーム市場では圧倒的なシェアを占めるセガがこうしたコラボレーションでリラクゼーションマシンを発売したのか。また、そのリラクゼーションマシンはどのような利用シーンを想定して作られたのか。また、これを手がけた未来研究開発部とはどんな部署なのか。疑問は尽きない。

そこで、ここではセガ未来研究開発部の山田篤広氏にインタビューをお願いして、これらの疑問をぶつけてみた。そしてこのインタビューからは、このマシンの開発までに至る背景や、音とマッサージの融合による新たなリラクゼーションの追求、そして未来研究開発部が目指す、生活とエンターテイメントとが同居する新たなカテゴリーの存在が見えてきた。


■でもなぜ、セガからリラクゼーションマシン?
まず、『リフレッシェル』を知る前に、このマシンを開発した未来研究開発部について伺ったみた。

「我々はセガの中で、未来研究開発部という部隊なんですけれども、もともと未来研究開発部(以下略して未来研)は『ジョイポリス』などのアトラクションを手がけてきたんです。そして我々の部隊の中には『甲虫王者ムシキング』を作っているチームがあったり、また一方ではこの『リフレッシェル』を作っているチームがあったりする訳です」

この未来研究開発部は、それぞれが異なる研究開発に取り組んでいるということだった。今回話を伺った山田氏は、その中で『リフレッシェル』などのマシンを担当していた。

「ゲームで培ったノウハウを使って、ゲーム以外の市場にも売り込んでいけるような商品ということで、色々なことを考えまして、その中で『リフレッシェル』に到達したという次第です。ゲームのノウハウをどんな物に活かしていけるか、開発側から考えて行ったときに、まず、レースゲームでのノウハウを活かした、教習所のドライブシミュレーターですとか、フィットネスクラブ向けに、楽しめるゲーム要素を持ったフィットネス機器を作ろうだとか、色々考えて、その中のひとつに、リラクゼーションマシンも作ろう、というものがあったんです」

開発に至る背景としては、開発側の発案と同時に、セガの営業サイドから、温浴施設やゲームセンターなどで使われているコインタイマーが付いたマッサージチェアをセガとしてもうちょっとおもしろいものにできないか? というような依頼もあり、こういった複数の流れから、『リフレッシェル』の開発へと進行していったという訳だ。

「それでも開発を一からスタートしていくと、色々大変なことも多いので、それなら実績のある他社とコラボしていこうということになりまして、マッサージ機メーカーの中で、「ファミリー」さんとコラボをしていった訳です」

コラボしたファミリーには、"シンクロナイズド・ミュージック・プログラム"という技術がすでにあった。これはマッサージチェアの動きとサウンドをシンクロさせて、より深いリラクゼーション効果を与えようというもの。ファミリーではすでに製品として『H.9』などの製品に搭載されいてる技術だ。

「これに、セガのアトラクションで培った、怖がらせたり、楽しませたりする立体音響等のノウハウを融合させられれば、これまでにないリラクゼーションの効果があるマシンが生まれるのではないか、と」

だが、この技術にセガの立体音響等のノウハウを融合するには、かなり苦労があったようだ。

「"シンクロナイズド・ミュージック・プログラム"という技術は、音に同調して反応する技術なんです。大きな音なら大きく揉み、小さい音なら小さく揉むといった具合に。だから、たとえば、激しい曲を選択すれば激しく揉み、静かな曲では静かに揉む。でもマッサージ的な効果としては、激しい曲を聴かされては落ち着けません。かといって静かな曲なら揉みも小さくなってしまう。ですので、この機能を改良して、"聴かす音"と"動かす音"に分けました。演出として聴かせるものは小さく静かな音でも、揉みは大きく動くようにしてます」

実際、『リフレッシェル』のサウンドにはナレーションが付く部分があるのだが、このナレーションが流れる度にチェアが反応して動いては、確かに演出もあったのものではない。そこで、細かな改良を加えて、セガオリジナルのものに仕上げたという訳だ。


(C)SEGA 2003
■これもまたひとつのエンターテイメント!
こうして開発された『リフレッシェル』。このマシンは、セガの未来研が考えるエンターテイメントマシンの定義に基づいて開発されていた。

「我々のエンターテイメントマシンの定義として、お客さんに楽しみや感動を与える物だと考えています。なので、その定義を満たす物が必ずしてもゲームだとは考えていません。特に、我々、未来研が作る物に関しては、ゲームを意識していません。ゲーム業界から見れば、この『リフレッシェル』は非常にチープなものに見えると思うんです。ですが、温浴市場から見ればこれは画期的な商品で、実際、数多くの温浴施設にもレンタルしてるんです。「こんな物、何で今までなかったんだ!」なんて喜ばれたりしましてね」

確かに、これまでの入浴施設に置かれているようなマッサージ機は、ただひたすら揉み続けるだけ。最新型になっていっても結局は揉み方に変化があるだけで、リラックスはできても、楽しむとは決して言えないし、そんなものは個人的に、よほど体が凝っていないかぎり、積極的に利用したいとは思わない。

むしろ、退屈ならリラックスするどころか飽きてさえしまう。そういう意味では、チェアの動きで気持ちよくなろうという時に、例えゲーム業界でチープと思われるようなギミックでも、音で楽しさをプラスすれば、より質の高いリラックスを与えることができるし、また画期的でもあるのでは? ふと、そう考えさせられた。

「実際、中高年のご夫婦から「楽しくて気持ちいいねぇ~」なんて反応もあったりしまして。お台場の「デックス東京ビーチ」、ここのインテリアのフロアの空きテナントを有効に活用しようということで、休憩コーナーを意識した『リフレッシェル』を数台置いたコーナーを、次のテナントが決まるまで期間を限定して設置したんですよ。これは非常に好評でして、若いカップルにも大好評でした。この設置で、ゲームセンター以外での場でも、『リフレッシェル』のニーズはあると、実証されたと思っています」

確かに数台置かれている状況であると、いっそう使いやすい感じがする。ひとつであれば、最初に使う人は、ちょっとした抵抗感を感じることもあるかもしれない。だが、ゲームセンター以外の場所でも、こうした休憩場をイメージさせるロケーションで、数台置かれていれば、「試してみようかな?」という気持ちにもなる。

実際にこのマシンを体験してみると、「遮光性が足りないのでは?」とも思えたシートを囲むカーテンも、いざシートに深々とリクライニングしてみると、さほど周囲の目も気にならない。また、サウンドが周囲に流れることで、人の目が気になるのではと気になったが、そこはセガが培った音響技術が使われた工夫が施されていた。

スピーカーは、指向性の強いタイプのものを使用しているので、シートに座って聴く人にはよく聴こえるが、周囲には音が広がらないとのこと。それでいて、確かに十分な臨場感を得ることができる音であり、外に出てみると、気になるほどには聴こえない。

「女性の中には、マッサージでも人に触られるのはイヤという方がいるんですよ。そういう方には、このマシンの方が気軽でいいという方も多かったですね。」

この意見には大いに納得。確かに間仕切りをして人がマッサージをしてくれるところもあるが、これでは閉所にマッサージを施してくれる人とマンツーマンになり、落ち着かないという人も多いはず。

よく眼鏡店の前に置かれている眼鏡洗浄機。これも店員がいたりすると使いづらかったりするのだが、無人でご使用ください、と提供されると、ついつい気軽なためか、大して眼鏡も汚れていないのに使用してしまう。そんな感覚にも近いのかな、と。

「川崎のダイスビル地下のゲームセンターに設置された『リフレッシェルはサラリーマンの方が非常に多く利用されてましたね。夜の7時にもなると、サラリーマンなど仕事帰りの方がどことなくゲームセンターに集まってきて、このマシンを15分たっぷり味わった後、そのまま帰っていく、と。マッサージ目的でゲームセンターに常連さんが来店する、そんな現象もあるみたいです」

日頃のお勤めで疲労しているサラリーマンといった、"マッサージ好き"な層の人々にも受け入れられている『リフレッシェル』。今後セガではこのような未来研によるリラクゼーションとエンターテイメントが融合したマシンの第2弾として、足つぼをテーマにしたマシンを発売する。

この足つぼをテーマにした『足プリ!』。足のツボの説明とおみくじといった要素を掛け合わせたこのマシンを6月頃よりリリースする予定。こちらは足のマッサージ機と組み合わせることで足つぼも刺激するが、別商品。ちなみにセット販売もするそうだ。


■日々の生活をオモシロくするライフ・エンターテイメント!!
『リフレッシェル』は、リラクゼーションとエンターテイメントを融合した製品だったが、セガの未来研ではインタビューの冒頭でも語られていたように、レースゲームのノウハウを活かした教習所のドライブシミュレーターなど、様々な試みに取り組んでいる。

こうした一連の取り組みの根底には、セガ未来研ならではの"ライフ・エンターテイメント"という構想があった。これは、ゲームの楽しさを日常生活に盛り込んでいこうというもの。

ともすれば退屈になりがちな日々の生活で、何気なく使用しているアイテムに、ゲームの楽しさがあれば、生活はもっと楽しくなるはず、この構想にはそんな思いが込められている。これってゲーム好きならずとも魅力的な話じゃないですか。

そんな魅力的な構想を掲げるセガの未来研からますます目が離せません。というわけで、次回はこのセガ・未来研が手がけた、ドライブシミュレーターをチェックしてきます。ライフ・エンターテイメントを教育の分野に活かしたドライブシミュレーターとはどんなものなのか。次回、乞うご期待。


(C)SEGA 2003

<関連サイト>
セガ公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。