■バトルテックってナニよ!?
『バトルテック』って知ってる? こう聞くとボードゲームやパソコンゲームが真っ先に頭に浮かぶ人も多いだろう。ここで私が上げたバトルテックとは、このゲーム専門のセンターそのものを含むゲームシステムのコトね。

簡単に説明すると、カプセルのようなコックピットに座り、ロボットを操縦し、チーム対戦をするというゲーム。同時に8人まで対戦が可能で、このゲームを遊べる所を『バトルテックセンター』と呼んでいた。呼んで"いた"。そう過去形です。

今から10年ほど前、全盛期を迎え、残念ながら私が知る限り、日本では4年ほど前にこのセンターは姿を消した。当時、バトルテックセンターが入る渋谷のドクタージーカンス(宇田川町近辺)では、このゲームの他にも光線銃を持ち、施設内でチームバトルするゲームなども入り、ハイテクテーマパークとして人気を誇っていた。


■証言! あれはプチテーマパークだった!!
このゲームシステムの秀逸さを語るには、まずバトルテックセンターについて説明しておかなきゃなるまい。まずここではプレー前にブリーフィングなる打ち合わせがある。これはスタッフからルール等の確認や説明、そしてチームメンバー同士での作戦確認などを行うもの。

今のネット対戦ではロビーで行える作業だが、対応するスタッフが兵士口調で対応してくれるなどムードを盛り上げ、"生"の良さを実感。また、バトルテックセンターの作りも基地のような内装で演出に一役買っていた。

例えるなら、このゲームはディズニーランドのジャングルクルーズのようなものだったのだろう。そしてこのバトルテックセンターがちょっとしたプチテーマパークだったというワケだ。


■ムズカシイがクセになる楽しさ
バトルテックは演出にも凝っていたが、ゲームとしてもまた大きく魅力的なゲームだった。ロボットの操作はコックピット内のボタン、トリガー、ペダルで行うのだが、この数が多いこと多いこと……。

このゲームで操作するのは、砲塔などの兵装を付けた二足歩行ロボット。武器ひとつとってもボタンが違うし、歩き方も上半身を動かしながらなどの複雑な動きができる。故に、パイロットたるものに求められる操作はかなりの難易度だったりする。

もちろん初心者の為に操作を簡略したモードなどもあった。が、これが他のプレーヤーの手前、ひどく自尊心を傷つけられたりした。某ロボットアニメのように、説明書片手にいきなりロボットを操縦するなんてことできるかいなっ!! なんて愚痴も出たり。まぁ、それだけヤリがいがあったということなんですねぇ。
■本場アメリカのバトルテック
アメリカあたりじゃ、バトルテックセンター同士がネットワーク接続され、遠いセンターのチームともプレーできるらしい。また、現在もニューヨークやデンバーやシカゴ、などでプレーできるらしい。度々、同システムを使ったゲーム『レッドプラネット』とともに対戦イベントが開催されているようだ。

ゲームのバージョンアップは度々行われ、コックピットとなるポッドもアメリカでは大きく進化した。以前は無骨で棺桶のようなものだったが、最新のものでは流線型をしたデザインになったらしい。この目で見れないのが非常に残念な所。

変わったのは外観だけでない。スクリーンに米軍戦闘機パイロット訓練用のシミュレーターの技術を用いたものを使い、実際に目視している感覚に近づけたという。ソフトのグラフィックとサウンドの向上と相まって、さぞリアルな空間となっていることだろう。

ん~、ここまで聞いた話で想像していくと、自分の頭の中にはある日本のゲームメーカーの筐体が思い浮かぶ。それは、ナムコが次世代筐体として開発を進めている『O.R.B.S.』。考えれば考えるほど、この次世代筐体が浮かんでくるんだよなぁ。


■バトルテックは登場が早すぎた?
と、まぁそんなバトルテックがネット対戦も一般的でない時代、ロボット対戦ゲーム好きなファンが放っておくわけがない。連日センターは大盛況で、とある高校じゃ、このゲームを専門にプレーする同好会を教師公認で作った程だった。

ゲームのプレー料金については記憶が確かならば、初心者向けに3回プレー券がパックになったチケットが2000円ほど。今考えれば、当時高校生だった私にとって、なんとも高いプレー料金。だけど猿のようにプレーしてました。

また、このゲームシステムは何度もバージョンアップが繰り返され、唯一泣き所だったシステムのハング(プレー中いきなり電源が落ちたかのように停止してしまう)などを改善。グラフィックや操作システムが向上していった。

だが、もうこのゲームを日本でプレーするのはムズカシイ。やはりネット対戦ゲームの台頭と、マニアック過ぎた設定がマイナス要因だったのだろう。

経営者側から見れば、ポッドなどのゲームに必要な設備コストは高く付く。ある程度のバージョンアップならソフトの入れ替えで済むが、いかんせん、ソフトの数が少なすぎた。当然、そうなれば飽きも早いってこと。

テーマパークの"ノリ"とゲームの楽しさを組み合わせたこのゲーム。登場するのが早すぎたのかな、とも思う。だからこそ、ナムコの『O.R.B.S.』のようなソフトの互換性ある筐体で、バトルテックのようなゲームが復活することを期待したい今日この頃。

<関連記事>
ナムコの次世代筐体をチェック!
ナムコの次世代筐体deプレー!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。