■筋トレやるなら楽しく行ってみよう!!
10分間の軽いジョギングとスポーツ体感ゲームのワンプレー。カロリー消費量的にはどちらが多いと思いますか? 実はどちらも同じぐらい。もちろん、プレーの長さやその内容、さらに個人差はあるけど、あまり大差はなかったりする。

だいたい体重70kgの人が10分間の軽いジョギングをすると、その消費カロリーは100kcal前後。一方、スポーツ体感ゲームでは、1分間もしくは2分ほどのプレーで、消費カロリーは80~120kcalほど。プレーが続けば続くほど、さらに消費カロリーは上積みされる。

□参考データ:体重70kgの人の場合
ジョギング(軽め)10分間100kcal消費
スポーツ体感ゲーム1~2分間80~120kcal消費

※データはあくまでも目安です。

「え? スポーツ体感ゲームってそんなにハードだったっけ?」なんて思う人もいるだろう。だが、最近のスポーツ体感ゲームは結構ハードなのだ。プレー後、心拍数は「キツイ」と思えるほどのレベルまで上がる。

リアルにスポーツを楽しめる。そんなゲームが改良を重ね、その醍醐味を短いプレー時間で味わえるようになるとともに、スポーツの運動効率の高い"オイシイ"ところもゲームに反映できた。それが今のスポーツ体感ゲームなのだ。

ゲームなら、ジムほど高くつかないし、ジョギングのように地味でもなく、オモシロイ。しかもこんなに運動量が稼げるなら一石二鳥。さらにゲームセンターならどこにでもあるし、会社帰りに一汗、とか、カロリーの気になる食事の後にプレーしてもいい。何も用意する必要はなく、予約や準備なんてものは一切ナシ。

楽しくジョギングしたい、手軽に筋トレしたい、そんな人は下の選択肢から自分にあったものを選んで、スポーツ体感ゲームを試してみて!!


■まずは好きなスポーツのジャンルを選択して頂こう。
○スポーツは球技でキマりでしょ!!
○オスッ、やっぱり格闘技ッス!!
○旬は過ぎたけどウインタースポーツ!!
○番外編 ワタクシ、安達のイチオシ!!
■ピンポンで上半身を鍛えるべしっ!
ワタクシのイチオシを選んだアナタ! いいゲームありますよっ。その名は『ライジンピンポン』! え? いきなり卓球かって? いやいや、卓球をなめちゃイケません。バネのような足腰と、しっかりとした上半身がなければ結構キツイスポーツなんですよ。コレが。




『ライジンピンポン』をかいつまんで紹介しておこう。このゲームはアーケードゲーム初のビデオ卓球ゲーム。筐体に接続されたラケットを実際にプレーする感覚でスイングし、対戦するというもの。ゲームモードには一人で遊ぶストーリーモードと二人で遊べる対戦モードがある。




プレーヤーは10人の個性豊かなキャラクターから一人選択し、プレーする。このキャラクターには卓球の技術、カットやドライブを得意とするもの、またはバランスよく両方の技術をもつものなど、卓球ならではの特性を持つ。

ラケットは斜めに振り上げるとドライブショット。すばやく振り下ろすとカット。さらに浮きダマが来たらスマッシュ。ラリーが続けば、キャラクターそれぞれが持つスペシャルショットも打てる。


卓球は苦手という人でも大丈夫。失敗したら画面にアドバイスも出るので、初心者でも安心。慣れてくれば、実際に卓球をしているかのように、上腕二頭筋から広背筋にかけて、程良い疲労感を感じてくる。


□キクのはココ!!

い所がキク部分。い部分がさらに効いてしまう部分。


□心拍数データ
安静時プレー後運動強度
5511645%相当

※データはワタシ、安達の心拍数デス。運動強度は40%が軽い運動。70%台に入ると呼吸が苦しくなるほどの運動量となる。

□関連サイト
ライジンピンポン: http://www.taito.co.jp/gm/raizin/index.html

Copyright(C)TAITO CORP.2001 All Rights Reserved.


■好きなスポーツのジャンルは?
○スポーツは球技でキマりでしょ!!
○オスッ、やっぱり格闘技ッス!!
○旬は過ぎたけどウインタースポーツ!!
■腹部と下半身を鍛えるなら
ワールドカップ開催を控えた今、サッカーで腹部と下半身を鍛えてみるなんてタイムリーでグッド。といってもタダのサッカーゲームじゃ指先の運動にしかならない。ここは『WORLD KICKS』を使ってみよう!

このゲームは、筐体上部にプレーヤーを操作するジョイスティックと、操作する選手を切り替えるボタンがある。一方、筐体下部の足下に、ほぼ実物大のサッカーボール型をしたボタンが設置されている。実はコレがミソ醤油で、コレを強弱蹴り分けてパス、シュート、タックルをさせるのだ。

プレーすると、やはりと言うべきか、上部コントローラーの操作がお粗末になるほどキックを連発するハメになる。シュートだけならまだしも、パスまでこのボタンで操作するので結構キツイのだ。

これで下半身は鍛えられるとして、なぜ腹部まで鍛えられるのか。それはキックを連発することで、常に足を上げ気味でプレーしなくてはならず、自然と筐体と立ち位置を保とうとして、腹筋全体に負荷をかける。だからプレー後、不思議と腹筋がつっていたりする。

□キクのはココ!!

い所がキク部分。い部分がさらに効いてしまう部分。


□心拍数データ
安静時プレー後運動強度
5512450%相当

※データはワタシ、安達の心拍数デス。運動強度は40%が軽い運動。70%台に入ると呼吸が苦しくなるほどの運動量となる。

□関連サイト
WORLD KICKS: http://www.namco.co.jp/home/aa/am/vg/worldkicks/

(C) 2002 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED


■好きなスポーツのジャンルは?
○オスッ、やっぱり格闘技ッス!!
○旬は過ぎたけどウインタースポーツ!!
○番外編 ワタクシ、安達のイチオシ!!
■面倒じゃっ! 全身まるごと鍛えるぞ!!
ボクシングがハードなスポーツであることは周知の事実。強い足腰でステップし、上半身をウェービングするなどして相手のパンチをかわす。さらに全身の力を使ってのパンチ。そんなボクシングをリアルに体感できるのが『mocapboxing』。

筐体上部の視点追従センサーがプレーヤーの動きを捉え、キャラを操作できるというもの。グローブにもセンサーがあり、パンチの速度を測定し判定するので、気の抜いたパンチは放てないのだ。

これはよく見かけるパンチ力を計るだけのゲームと違う。敵のパンチを上手くよけなくてはならないので、腰や腹部の筋肉を使った体重移動が必要となる。プレー後は手足の筋肉以上に、腹直筋、外腹斜筋などの腹から腰にかけての筋肉が疲労している。このあたりの肉付きが心配ならオススメ。

□キクのはココ!!

い所がキク部分。い部分がさらに効いてしまう部分。


□心拍数データ
安静時プレー後運動強度
5514565%相当

※データはワタシ、安達の心拍数デス。運動強度は40%が軽い運動。70%台に入ると呼吸が苦しくなるほどの運動量となる。

□関連サイト
mocapboxing: http://www.konami.co.jp/am/BOXING/

(C)2001 KONAMI ALL RIGHTS RESERVED.


■好きなスポーツのジャンルは?
○スポーツは球技でキマりでしょ!!
○旬は過ぎたけどウインタースポーツ!!
○番外編 ワタクシ、安達のイチオシ!!
■下半身の強化とイメージトレーニング
この時期、スノーボードを人工降雪施設で楽しむ手もあるけど、これは割高。だが、腰回りの筋肉を使ってのターン。大腿部から足先までの筋肉を使ってのスタンスコントロール。これらスノーボードの技術をシーズンオフでも楽しめるのが『アルペンサーファー』だ。

このゲームは筐体に設置されたボード上で体重移動を行うことで、キャラクターを操作する。簡単な操作で、大胆なエアトリックが決められるウインタースポーツ体感ゲームだ。雪山や岩肌の陰影、霧や雪飛沫を3次元CGでリアルに表現。さらにステージでは、丸太や鉄パイプなどの障害物の上をボードで滑るジビングも可能。

ボードの操作は、筐体のグリップを掴みながら。これにより上半身の感覚は実際のサーフ感覚と若干異なる。だが、腰から下の感覚はスノーボードそのもの。運動後は腹部、腰部、大腿部、ふぐらはぎに適度な疲労感を感じた。これはイメージトレーニングとしても有効だ。

□キクのはココ!!

い所がキク部分。い部分がさらに効いてしまう部分。


□心拍数データ
安静時プレー後運動強度
5513555%相当

※データはワタシ、安達の心拍数デス。運動強度は40%が軽い運動。70%台に入ると呼吸が苦しくなるほどの運動量となる。

□関連サイト
アルペンサーファー: http://www.namco.co.jp/home/aa/am/vg/alpinesurfer/

(C) 2002 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED


■好きなスポーツのジャンルは?
○スポーツは球技でキマりでしょ!!
○オスッ、やっぱり格闘技ッス!!
○番外編 ワタクシ、安達のイチオシ!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。