【BOOK】虹を見上げて

甲地由美恵著『虹を見上げて』
プロボディボーダー甲地由美恵の初めての著書『虹を見上げて』

【作品紹介】世界中でたったひとりの耳の聞こえないプロボディボーダー、甲地由美恵の初の著書が発売!

~しあわせってなに?
どんなにつらいことがあったとしても、
止まない雨がないように、いつかきっと虹がでるから~

20歳のとき。
どちらかを選ばなければならなかった。
耳の聞こえる人生か、聞こえないけど、波乗りのある人生か。
私は、波乗りを選んだ。
~プロローグより~

《内容》
幼少のころは音のない世界で耐えぬき、18歳で海と出会い、自分の居場所をみつける。
聞こえることよりも、波乗りの人生を選んだ二十歳の決断。
「聞こえなくなっても、ひとりで生きていけるように、果てしない自信がほしかった」
現在世界ランキング11位と、世界の舞台で大活躍している。
何事にもあきらめない強い精神力、夢に向かう前向きな姿勢、彼女の生き方からあふれでる多くのメッセージと、
愛する海への想いを綴ったフォトエッセイ。

【概要】
タイトル:『虹を見上げて』
著者:甲地由美恵
価格:1,260(税込)
発行&発売元:サンクチュアリ出版
→『虹を見上げて』公式ホームページ
→新着情報はこちら!
※Amazonにてネットショッピング可能
→ガイドおすすめ書籍(Amazon)


ガイドレビュー

「耳が聞こえることよりも波乗りを選んだ」

この言葉の中に、甲地由美恵プロの生き様が感じられる。

彼女と一緒にバリに行ったことがある。
その時に1週間ほど彼女と一緒に過ごし、彼女のパワフルさに驚き、その生きる源がどこから湧き出てくるのだろうと不思議に思った。
私が彼女と同じ境遇にあったとしたら、彼女のように常にポジティブでいられるのだろうかと……。
いろんな話をしているうちに、本当に波乗りが好きなんだな、海との対話を愛しているんだなと感じられた。

この本を読んで、彼女自身のことがもうちょっとわかった気がした。
パワフルの源、それは彼女自身が自ら生み出しているもの。
つらいこともあった、泣いたこともあった、それでも自分の人生をささげるものを見つけた彼女は一歩一歩進んでいる。

この本を読むと、彼女からそのパワーをわけてもらっているような気になってくる。
波乗りの素晴らしさだけでなく、自然の素晴らしさをたっぷりと感じさせてくれて、私たちにパワーをわけ与えてくれる。
そんな一冊。
ぜひ手にとって、じっくりとページをめくってほしい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。