南台湾のサーフポイント

佳楽水(チャーロースイ)
佳楽水(チャーロースイ)ですばらしいライディングを見せてくれる小池葵
九棚
すばらしいレギュラーが楽しめる九棚


海外のサーフィンのメッカとしてはまだメジャーではないが、ここのところ少しずつ注目を浴び始めているのが台湾である。まだ台湾ではサーフィンはメジャーなスポーツにはなっていないが、南台湾のサーフィン人口は増えており、最近は台北のサーフィン人口も増えてきている。

台湾は沖縄の南に位置し、飛行機で3時間ほどで着き、時差はたったの1時間という非常に日本から足を運びやすい場所にある。特にサーフィンのメッカとなる南台湾の墾丁(ケンティン)は一年中暖かく、冬でも半袖で過ごせるほどの気候なので、週末になると台北からサーフィンをしに来る人も増えている。

南湾(ナンワン)
チューブが楽しめる南湾(ナンワン)
日本からは台北乗り換えで高雄(カオシュン)に行くか、直行便で高雄(カオシュン)まで行き、そこから車で約2時間ほどで台湾の最南端の墾丁(ケンティン)に到着する。 墾丁(ケンティン)周辺は西側、東側、南側が海に面していてポイントもそれぞれの方角あるので、あらゆる方向からのウネリに敏感に反応する。 特に日本と同じく、台風のウネリからはパーフェクトなチューブを楽しむことも出来る。

台湾地図
地図をクリックすると表示します。
南台湾のローカルサーファーに教えてもらった、とっておきのサーフィンポイントを紹介しよう。

ローカルサーファーおすすめのサーフポイント




台湾では外国人が車の運転をすることが出来ないので、サーフィンポイントに行くためには、現地でサポートしてくれるローカルのサーフィンガイドをお願いしたほうがいい。また、ポイントによってはローカルが一緒でないと入れないポイントもある。

南台湾のローカルのアランが中心となったアランサーフィンクラブは墾丁(ケンティン)にサーフショップとホテルがあり、そこから毎日波のいいポイントまで連れて行ってくれる。
さらにオールシーズン波乗りが出来る佳楽水(チャーロースイ)にはクラブハウスがあり、サーフィンの合間にシャワーを浴びたり、食事をしたり、休憩したりできる。

小池葵プロのツアーで利用したサンライズワールド「サーフィンキング」では、現地のサポートをアランサーフィンクラブが行っており、高雄(カオシュン)までの送迎もしてくれる。
日本から気軽に行ける台湾で、波乗りを楽しんでみては?


***** 関連記事&サイト*****

■サンライズワールド「サーフィンキング」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。