シドニーマラソンに浮き立つ心

サーキュラーキー駅ホームからの大パノラマ
サーキュラーキー駅ホームからの大パノラマ
今回は、南半球最大のマラソン大会ではないかと思うのですが、シドニーマラソンを体験報告します。

「サーキュラーキー駅のホームに降り立つと、そこはシドニーであった」なんて言いたいくらいに、シドニーのエッセンスが眼前にパノラマとなって広がる、そんな光景を見せてくれるのがシドニーマラソン受付会場の最寄り駅、サーキュラーキー駅のホームなのです。

右手には世界文化遺産であり今回の大会全コースのフィニッシュとなるオペラハウスが真珠貝のように輝き、すぐ足元にはひっきりなしにフェリーが出入りする桟橋、左手前にシドニーマラソンの受付会場となっているファースト・フリート公園、その奥には幅48m長さほぼ1kmのシドニーハーバーブリッジ。そして、このシドニーハーバーブリッジの向こうたもとがマラソンコースのスタート地点ミルソンズポイントです。

海は青く波はきらきらと輝き、空もまた大都会とは思えないような深みのある青さ。しばらくはその景観を前にして明日のレースを思って感慨に浸りました。

名選手あまた誕生、日本のマラソンとも親しい関係

ファースト・フリーと公園に受付会場の大テント
ファースト・フリーと公園に受付会場の大テント
シドニーといえば、高橋尚子さん、リディア・シモンさん、市橋有里さんが名勝負を繰り広げたシドニーオリンピック。オーストラリアといえば、当時世界最強といわれたロバート・ド・キャステラ氏、東京国際マラソン優勝者でありながら40歳でびわこ毎日マラソンのペースメーカーも務めたスティーブ・モネゲッティ氏、ハイレグ姿が今も目に焼き付いて離れないリサ・オンディエキ(リサ・マーチン)さんなど、印象に残る数々の名マラソンランナーを生んだ国。

そして、自然主義ランニングを提唱した名ランニングコーチ、パーシー・セラティ氏の国です。そこでは、みなさんどんな意識でマラソン大会に参加し、ランニングやウォーキングが日常生活にどのように溶け込んでいるのか、ぜひ見たいと思っていました。

日本人誘致に万全の受け入れ態勢

日本人スタッフによる日本人専用デスクを設置
日本人スタッフによる日本人専用デスクを設置
今年の大会にはその高橋尚子さんがゲストに招かれ、日本人参加者の誘致も積極的に行われた結果、日本人ランナーは大幅増。日本に日本人向けの大会事務局が設けられたほか、現地でも受付、ゴール地点に日本人対応受付や日本人村が設けられるなど、日本からの参加者に向けたサービス態勢は万全。

我がチーム(私がフルマラソン参加、あと2名が9kmのブリッジラン参加)はツアー参加ではなく、個人エントリー、空便もホテルも手配旅行でのプランでしたが、とてもスムーズに進行しました。

飛行場-ホテル-会場がまとまる

テントの中ではマラソンエキスポも開催
テントの中ではマラソンエキスポも開催
受付会場に着いたのは、朝シドニー空港に着陸し、ホテルでのチェックインを経由したわずか2時間後。シドニー空港が市街地に近いのと、受付会場が中心部にあるお陰で移動はすこぶるスムーズです。夜行便利用でしたが、時差がわずか1時間ということもあり頭もシドニーの空さながらに冴えきっていました。

受付の大テントの入口すぐ脇に日本人専用デスクがあり、受付を済ませてお楽しみのスーブニール探し。協賛企業のアシックスが大会名をプリントしたさまざまなアイテムやシューズを販売していました。シドニーでもっともよく見かけたランニングシューズはアシックス。オージーに人気があるようです。なお、受付や大テントの設置は大会前日までの1週間です(2009年の場合)。

パンとジャムとジュースを買い込んで朝食

イベントキットに入っているタイミングチップをシューズに取り付ける。日本では見ない大型のカード状でちょっと取り付けにくい
イベントキットに入っているタイミングチップをシューズに取り付ける。日本では見ない大型のカード状でちょっと取り付けにくい
今回最も心配していたのが、レース前夜とレース当日朝の食事。フルマラソン前日とあって炭水化物中心にしたいのですが、ガイドブックを読んでも紹介されているのは、お上品な店やステーキハウスばかり。

結局、夜は軽く食べてあとはマーケットで購入したパンとジャムとジュースで炭水化物とビタミンを充填するという作戦。これはなんとかこなしましたが、後で街歩きをしてみると日本食の弁当なども発見しました。ちょっと研究が足りなかったようです。シドニーには日本食店が多く、フツーの日本食店ではガイドブックに紹介されていないんですね。

ハーフ、フル出場者は早起き必須

ミルソンズポイント駅から続々とランナーがはき出される。レース着のまま電車で来る人も多い
ミルソンズポイント駅から続々とランナーがはき出される。レース着のまま電車で来る人も多い
さて、シドニー初日は早く就寝し大会当日は4時起きです。9kmブリッジランは8時30分のスタートなのでこんなに早起きすることはないのですが、フルマラソンは7時10分スタートなので食事を3時間前までに済ますには早起きしなければなりません。フルマラソンはまだいいほうで、ハーフマラソンは6時20分スタートですから遅くとも3時30分ぐらいには起床でしょう。

こんな時間に開いているレストランはないので、前日購入したパンにマーマレードジャムを塗ってオレンジジュースで流し込む朝食。私はパンが好きなので、こんな食事でもいっこうに苦にならないのですが、日本食党の方は前日に日本食店でおにぎりなどを作っておいてもらうといいでしょう。コンビニはありますが、おにぎりは見かけなかったです。マラソンツアーだとおにぎりを用意してくれたりしますが、私の経験では食欲をそそるようなおにぎりには出会っていません。シドニーマラソンツアーではどうだったでしょうか。

ナンバーカードで乗車無料

スタート会場最寄り駅のミルソンズポイントまでは、シティレールでシドニーハーバーブリッジを渡って行きました。この日、市内交通(モノレールを除く)はナンバーカードを見せればすべて無料。駅の混雑もありません。それよりびっくりは、すでにランシャツ・ランパンにナンバーカードを付けた臨戦態勢を整えて列車に乗り込んでくる参加者の多いこと。季節は日本でいえばゴールデンウイークの時候でいい時ではあるのですが、日本ではあまり見ない光景です。

坂道スタートにびっくり

ハーフの部のスタート風景
ハーフの部のスタート風景
会場について間もなく、大会最初の種目、ハーフマラソンのスタートがありました。スターターは高橋尚子さんで、日本人参加者も盛り上がっている様子。しかしです、このスタートラインがシドニーハーバーブリッジに上る坂の途中にあるんです。「最初から坂」とわかってはいたものの、どんなペースでスタートしたものやら考えてしまいましたが、ハーフの皆さんは元気にスタートしていきました。

赤いナンバーカードはスローゾーンからスタートのランナー
赤いナンバーカードはスローゾーンからスタートのランナー
ハーフの部は9kmブリッジランに続いて参加者が多く、ということは初心者らしきランナーも多いですが、彼らはどっちみちゆっくりなので坂の上りなど全然意に介していないふう。

それより、2番目にスタートした車いすフルマラソンの部の参加者のほうがたいへんでした。スタート前に後に下がらないようにとどめているだけでも容易ではない様子、スタートの合図が鳴ってもなかなか前に進めないなんていう選手もいました。

Qちゃんのピストルと声援でスタート

スターター台からランナーに声援を送る高橋尚子さん
スターター台からランナーに声援を送る高橋尚子さん
いよいよQちゃんのスタートピストルと声援に送られてフルマラソンの部のスタートです。

ゾーンは完走予定時間帯別にナンバーカードの色で分けられており、参加者数が少ない(2009年は2,463人)こともあってこれもスムーズ。ただし、最も参加者数が多い(13,081人)9kmブリッジランは、すべてがスタートラインを通過するのに10分以上かかっていたようです。

シドニーハーバーブリッジの真ん中を走り抜ける

まるで凱旋門のようなシドニーハーバーブリッジの支柱の間を行く
まるで凱旋門のようなシドニーハーバーブリッジの支柱の間を行く
おそれていた最初の登りですが、まだ元気があるうちということもあってか、割合すんなりと橋の上に上がれちゃいました。

シドニーハーバーブリッジを支える両岸の巨大なパイロン(支柱塔)、無骨な鉄骨のモニュメントに圧倒されます。この橋には車も鉄道も通っており、通常歩行者が歩けるのは下流側の歩道だけ。それが、この日は橋の真ん真ん中をゆうゆうと走ってもいいし歩いてもいいということで、東京マラソンで言えば銀座中央通りの真ん中を走れるのにも似た快感があります。

シドニー観光のハイライトが連続

ハーバーブリッジ上からの景色は格別
ハーバーブリッジ上からの景色は格別
サーキュラーキーで自動車専用道路から一般道に降り、オペラハウスとシドニーハーバーブリッジを一緒に見られる観光名所のミセスマックォリーズチェアを回遊、ハイドパークの東側の通りを南端まで下りますが、この間ずうっとシドニーの歴史的建造物群(州立図書館、州議事堂、旧造幣局、州立美術館、聖メアリーズ大聖堂、オーストラリア博物館)の前を通過。じっくり見ているわけにもいかないんですが、こうした重厚な建物に見下ろされて走るという経験は、ヨーロッパの都市マラソンにでも行かなければなかなか経験できない体験です。

ブルーラインを踏んでオリンピック選手気分

緑豊かなセンティアルパークに入っていく
緑豊かなセンティアルパークに入っていく
このあたりまででもアップダウンを何回か繰り返してますが、まだ10kmに達しておらず快調です。

9.5kmでムーアパークの入口。ここから東京ドームの約47倍という広さがある大公園センテニアルパークランドへ。再びムーアパークの入口に戻りますがこの間かなり紆余曲折します。折り返しもたびたびですが、どうも距離を稼ぐためのようですね。ランナーとしては、あまり曲がりくねっているのも困りますが、仲間と参加しているなら折り返しが多いのは結構なこと。また緑陰や芝生、水辺を走れるのも癒されますし、コースに変化がついて悪くありません。

シドニーオリンピックのコースにもなっており、公園内にはまだマラソンコースを示すブルーラインが残っていました。

再び公園を出るところが24km過ぎで、この先も已然としてアップダウンが続くこともあり、ここからがランナーとしては「いよいよマラソン開始」というところでしょう。

勝負や記録よりランニングを楽しむオージー流

コース前半を走っていて気がついたことがあります。それはオーストラリア人ランナーについてなのですが、ハーフぐらいまでやたらにおしゃべりしながら走っているランナーが多いんです。私は3時間15分完走のペースで走っていましたから、それでおしゃべりしながら走れるということは、シリアスに走れば3時間少々ぐらいで走れる走力の持ち主たちと思うのですが、そんなタイムのことなど無頓着なんですね。「気分のいい日に気分のいいコースをおしゃべりしながら走れりゃ最高さ」といった趣でランニングを楽しんでいるというように見受けました。

朝のジョギング風景などを見ていると、力走しているランナーが多いのに驚かされましたが、一方レースでは楽しんでいるという、彼らの練習時とレース時の走る意識が、私からは逆のように見えてとても興味深かったです。

Qちゃんが坂道の頂点で声援

思いがけないQちゃんの声援に元気がわく
思いがけないQちゃんの声援に元気がわく
再びシドニー市街地中心部に戻りましたが、その26km地点の急坂を上りきったところにQちゃんが待っていてくれました。後で「たぶん90%の参加者に声援を送ったんじゃないかなと思いますよ」と話してくれましたが、スタッフと移動作戦をあれこれ考えランナーを待ち受けていてくれました。

高橋さんの声援と、予期していなかったエネルギージェルのサポート(エイドステーションで供給されるのは、水とスポーツドリンクばかりと思っていましたが、水飴様のエネルギージェルの提供が数カ所にありました)で元気復活、シドニーの繁華街シティからダーリングハーバーを経由し、シドニーオリンピックの名場面となったアンザックブリッジを間近に見ての33kmポイントまでの往復です。このあたりもとにかく道がうねってます。

ハーバーブリッジとは対照的に現代的なアンザックブリッジに平行してかけられている古橋をわたる
ハーバーブリッジとは対照的に現代的なアンザックブリッジに平行してかけられている古橋をわたる
私の時計の高度計によると、コースの累積標高差は上り247m、下り250mでした。30kmも過ぎ、このあたりから上りになるとぽちぽちと歩く人も。しかし、私は走りますよ。

きめ細かいペースメーカー

背中にペースを書いたペナントをはためかせて走るぺーサー
背中にペースを書いたペナントをはためかせて走るぺーサー
フルマラソンには、こまめにぺーサーがついていました。私が確認したのは、2時間50分、3時間、3時間15分、3時間30分、3時間45分のペーサー。このほかのタイムにもいると思います。

シドニーハーバーブリッジでは3時間45分のペースメーカーと一緒でしたが、24kmあたりでやっと3時間15分に追いつき追い越したものの、Qちゃんを撮影したりアンザックブリッジを撮影したりしている度に再度抜かれてまた追いつくという展開。なんとか3時間15分ぐらいでゴールしたいと思っていたので、ペーサーとは抜きつ抜かれつで結構いい目標になってもらいました。

感激高まるラストの2km

フィニッシュ会場はオペラハウス。階段が絶好の観客席に
フィニッシュ会場はオペラハウス。階段が絶好の観客席に
最後の数百メートルはカフェテラス沿い。食事をしながら応援
最後の数百メートルはカフェテラス沿い。食事をしながら応援
ふたたびダーリングハーバーに戻り、ドウズ岬を回り込んでシドニーハーバーブリッジくぐり抜けると目の前にどーんとシドニー・オペラハウスです。建物の右手には幟が何本も風にはためいています。残り2km。よしラストスパートだ、とばかりにぺーサーを抜き去りスピードアップ。ここからシドニー湾を回り込むんですが、この残りの2kmがしゃれています。

湾の西側にボードウォークがあるのですが、それもコースの一部、受付会場のあったファースト・フリート公園からはコース幅が狭くなり、両側の観客が間近に大声援を送ってくれます。

サーキュラーキーの埠頭を過ぎてカフェテリアがコース沿いに並ぶラストの1kmはカフェの客が大声援。こちらは大声援にあおられて加速、加速、加速。その私をぺーサーが猛スピードで追い抜いて行きました。おいおい、そんなぺーサーいるか~。どうもここで飛ばさないと3時間15分を達成できないと気がついたようなんですね。

完走メダルとフィニッシャーTシャツ
完走メダルとフィニッシャーTシャツ
大声援に迎えられて、フィニッシュしました。ネットで3時間15分3秒、グロスで3時間15分28秒。たぶんぺーサーは3時間15分25秒ぐらいだったでしょう。まるでこちらがぺーサーのぺーサーをしてあげたようなラストでしたが、彼から私に握手を求めてきました。「キミも背中に幟をつけてよく走ったよ!」。


やっぱりツアー客はいいなぁ

モデルが着ているのは参加賞のランニングシャツ
モデルが着ているのは参加賞のランニングシャツ
完走メダル(フルマラソン完走者にはさらに完走Tシャツ)を受け取り、王立植物園に設けられたリフレッシュゾーンへ。売店が少ないのとアルコール販売がないのは残念でしたが、お弁当は持参して仲間と芝生に広げるのがオーストラリア流のようです。

ただ、日本からのツアー客には催行会社がテントにランチも用意しているようでした。このあたりがツアーの良さでしょうね。ちなみに、我がチームもツアーで行きたかったのですが、計画時点(7月)には、ほとんど完売状態でした。

メタボチックでも楽しめるブリッジラン

体型が恥ずかしいなんていう人は誰もいないみたい。堂々と参加してました。このあたりはブリッジランの後方
体型が恥ずかしいなんていう人は誰もいないみたい。堂々と参加してました。このあたりはブリッジランの後方
私がゴールするより前に、さすがにメタボチックとはいいながら2人の9kmブリッジラン取材班は戻っていました。制限時間1時間30分の9kmを1時間22分台と1時間28分台の二人ですからごく後方を走ったり歩いたりだったわけですが、そのスローさで大いに楽しんだよう。

あとで写真やビデオを見てみると、ブリッジランの後方参加者は一様に日本でいえばメタボではないかというような迫力ある方々でした。しかもほとんどが女性で、男性は女性の付き添いにちらほら見かける程度。全体でも、女性の出場者数のほうが男性より多いようです。ブリッジランはランニング初心者の絶好の出場種目になっているよう。我がチームのメタボチックさがまったく目立ちませんでした。

どのコースも観光ハイライトを通過

スタート会場から振り仰ぐシドニーハーバーブリッジ。どこから見ても絵になる
スタート会場から振り仰ぐシドニーハーバーブリッジ。どこから見ても絵になる
シドニーマラソンの大きな良さの一つには、4kmのファンランも9kmのブリッジランも、ハーフもフルマラソンもみなシドニー観光のいいところを通るということがあります。

それにシドニーマラソンの空は、これまで走った都市マラソン大会で最も美しかったと思います。アップダウンが多くて記録を出すのは難しいかもしれないですが、コースは変化に富んでいてマラソンを楽しめる大会だと思いました。

おまけですが、力走のおかげで私は年代の部で1位になることができました。ほかにも年代の部で1位になった日本人参加者が何人かいるようです。年代の部が5歳刻みになっているのも入賞を狙うシニアランナーには歓迎すべき点ではないでしょうか。

次回の目標は日本人参加者1000人

乳母車を押しての参加者もけっこういる。みんなこうしてランナーになったのだろうか
乳母車を押しての参加者もけっこういる。みんなこうしてランナーになったのだろうか
レース当日夜、高橋尚子さんや大会支援企業のひとつカンタス航空の関係者の方と話す機会がありましたが、来年はぜひ日本人参加者1000人を実現したいとのこと、高橋尚子さんもお呼びがあればぜひまたピストルを撃ちたいとのことでした。

シドニーは、ランナーにとって絶好のロケーションやランニング環境を備えたリゾート型都市です。オーストラリアの人口や、地続きの隣接国がないという条件から、シドニーマラソンをゴールドラベル級の大型大会化するのは無理でしょうが、大型化することばかりが至上ではありません。シドニーマラソンは、ランナーを十分に満足させてくれる大会だと思いますが、1000人といわず日本から2000人ぐらいの参加者があってもおかしくないような気がします。

問題は費用でしょうか。シルバーウィークということで、燃料サーチャージ無料でも今回の3人の派遣費用はかなりの負担でした。今後どのように日本人ランナーに受け入れられていくのか見守りたいところです。

ちなみに今年のエントリー数は、フルマラソン2796人(昨年比125%)、ハーフ7604人(124%)、9kmブリッジラン15100人(122%)、4kmファミリーラン6514人(145%)とオーストラリア人の参加も大幅に増えています。

ジョギングでシドニー観光してみました。」では、ランナーの立場から見たシドニーをご紹介したいと思います。早起きして走っていると都市の顔が見えてきます。これからオーストラリアでのマラソン大会に参加する方に参考になる情報もご紹介できると思います。また、びっくりするような貴重な体験もしました。お楽しみに。



<関連リンク>
シドニーランニングフェスティバル 公式ホームページ
シドニーマラソン日本語版公式サイト
カンタス航空シドニーマラソンガイド
やどかりラウンジ シドニーを走る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。