東京マラソンへの道、感動のゴールなるか?

東京マラソンエキスポ
今回は出展社も増え内容もリキが入っていた
東京マラソンエキスポ
一足早いゴールシーン撮影サービスも。これって前撮り?
エキスポでいただいたノベルティグッズ
東京マラソンエキスポでいただいたノベルティグッズの数々。TOKYO MARATHONのロゴ入りも多数
ビニール袋で保温
天気が良かったのと配布されたビニール袋で、寒い思いはせずにすんだ
スタート会場でパン食べ放題!
新宿中央公園に設けられたミールコーナーでは、パンやバナナ、アミノバリューサービス
都庁前スタート
ウォーミングアップなしで都庁前を一斉スタート、といいたいところですが、三々五々にスタート
このシリーズもついに最終回。N氏が頑張って東京マラソン完走を果たし大団円となるのか、はたまた、汚名を晴らせずに同僚から再び罵詈雑言を浴び続けることになるのか。運命のその時がやってきました。

東京マラソンへの道もついに大会当日2008年2月17日になりました。このタイトル、本当は「東京マラソンゴールへの道」としたかったのですが、文字数の関係で「ゴール」を端折っちゃったという事情があります。したがって、連載はN氏がゴールできるまで続くんです。さて、N氏は見事に東京マラソンを完走してゴールすることができるでしょうか?

準備万端、絶好調でスタート

ガイド:いい天気でしょ。私が晴れ男だから。

N氏:……(何とも非科学的な押しつけに返答に詰まる)。俺もジャイアン並の晴れ男ですよ。

ガイド:よくわからないのですが、調子はどうです? 膝の痛みは?

N氏:ないですよ。絶好調。今日はやりますよ、念願の走りきってのマラソン完走! 本気でやりますよー! 

ガイド:かなり入れ込んでますね。それにしてもずいぶん着てますね。

N氏:寒いじゃないですか(当日の朝の気温、約2℃)。下から半袖Tシャツ、長袖シャツ、ランニングシャツ、ジャケット、配布されたビニール袋。

ガイド:暑くなったらビニール袋を脱いで、ただし捨てないで折りたたんでパンツにでも挟んで走ってください。30キロ過ぎて歩くようなことになると体が冷えるから。

N氏:歩きませんよ。まあ、見ててください。

一ヶ月前2008年1月の千葉マリンマラソンでのハーフの記録1時間55分からすると、目標とする4時間30分はおろか4時間10分台くらいでも走れそうなN氏。先週は30km走もこなしたとのことで自信満々。

ガイド:食事はたっぷり摂りました?

N氏:ええ、食べましたよ。おにぎり2個に餅2個、会場のミールコーナーでクリームパンとバナナ、ダメ押しに30分前のアミノバリュー。

ガイド:それだけ食べれば100kmぐらい走れるでしょう。冗談はさておき、好調そうだけど、絶対に前半は速く走らないこと。最初の5kmの下り坂をゆっくりと。そのまま中間点まではゆっくり走ること。給水はこまめにとること。食べ物もこまめにとること。じゃ行きますか?

N氏:ウォーミングアップはいいんですか。みんなやっているじゃないですか。

ガイド:ウォーミングアップをしている人は速そうな人ばかりでしょ。完走狙いのレベルだったら極力エネルギーを保っておくためにウォーミングアップなし。ただし、ストレッチングだけは十分にしましょう。今日は、Nさんに付き合って走ろうかと思ったけど、自分は陸連登録者なので前のほうのスタートなんですよ。Nさんがスタートラインに達するまでに風邪引きそうなので先に行きます。では、ゴールで待ってますよ。がんばって完走してください。

N氏:ゴールで会いましょう!

というわけで、二人はそれぞれの群れの中へ。

不安募る準備態勢

思えば、この「東京マラソンへの道」、Nさんが昨年の東京マラソン出場を辞退したため同僚からイジメに遭い、一念発起、なんとか東京マラソン「走って完走」を目指したいと相談されたのが発端でした。それから9ヶ月。練習距離はなかなか伸びない(月間100~150km)ものの、以前に比べれば走り慣れていき、筋トレも熱心にやってきたおかげで、途中膝の故障なんていうアクシデントがあったものの、ハーフを1時間55分ほどで走れるようになりました。30km走もこなせるようになりました。

しかし、頼りにされ、アドバイスをする立場にあった私としては不完全燃焼。その最大の理由は、彼の練習にじっくり付き合ったことが一度もなかったことです。フォームも大会の時にちょっと見ただけだし、一緒に併走したこともないんです。おまけに走行距離が最後まで伸びず、関連して体重の減少が当初の想定に遠く外れていたこと。自分では「痩せたって言われるんですよ」と言うものの、私の目からすると「そう言われてみれば少し締まったかなぁ……」という程度。それでも、階段上りやスクワットは熱心に続けていたとのことなので、まぁいいか……。とにかく頑張ってくれい、と祈るばかりです。もし完走できなかったら、アドバイス役の小生の沽券にかかわりますから。