メダル獲りのシューズ技術を初心者モデルに活かす

DSトレーナー
DSトレーナーのカラーバリエーション。明るい色+黒で締めるというカラーコンセプトらしい
世界に冠たるアシックス。その創立者である鬼塚喜八郎氏が、先般2007年9月にお亡くなりになりました……。合掌。

1961年に阿べべ選手が毎日マラソンで来日したときにアシックスで優勝。アシックスのシューズを履いてメダルを取った日本選手は数知れず(陸上だけではありません)。アシックスにはスポーツシューズ作りの名人がいて、数々のメダル獲得に貢献していることは折りに付け報じられていますが、そうした機会に培われた先端技術が市販モデルに反映されるわけです。日本代表選手のようには走れなくても、その姉妹モデルを履けるというそのあたりが楽しいわけです。

今回は、10kmぐらいならけっこう颯爽と走れるようになった初心者が初めての10kmレースチャレンジ時におすすめのモデルということなので、多少の安全性を犠牲にしても1グラムでも軽量化を図ろうという、エリート向けモデルに適用される技術はやや控えめです。それでも、あれやこれやと工夫されていることはもちろんです。

飛んでるDSトレーナー

ゲルフェザー
ゲルフェザー
DSトレーナー
DSトレーナー
ゲルエクセル
ゲルエクセル
メーカー広報室がご推薦のモデルはDSトレーナー。そしてその前後に位置付けられるフェザーとエクセルです。3モデルとも重さは重量はそれほど変わらないようです。

見た目の印象は、フェザーは実にシンプルな色使いで、軽快感があります。体も軽くなる? フェザーがホワイト基調の比較的オーソドックスなカラーであるのに比べて、DSトレーナーは、飛んでますね。フロントのアッパーなど完全左右非対称。黒と黄色なんて蹴られると痛そうな配色。やや突っ張り系でしょうか。シューズで自己主張したいというランナーに支持されそう。 エクセルは、エルドラドの黄金伝説! このシューズを履いたらウエアもゴージャスでなければバランスがとれません。シューズは高くないんですけどね。レースデビューにはうってつけの履きたいカラーです。

左は左、右は右と割り切った?

DSトレーナーのトップ部のアッパー
DSトレーナーのトップ部のアッパー。見事に左右非対称
DSをちょっと上から見てください。どう見たって左右を間違えることがない左右非対称。足だって非対称なんですから、当たり前といわれればその通りです。これはちょっと面白い。アッパーの左右がかなりトゥートップのほうまで分かれていて、プロテクター(先フロント部写真の黒い部分)が親指部分へ行く前にプツリと途切れています。このため親指は硬いプロテクターではなくメッシュ生地が受け止めます。これでなにかとシューズにあたって痛めがちな親指の爪を傷めずに、かつ指先をソフトにバンデージしてフィット性をアップしています。

バイオモルフィックでフィット感を一気にアップ

バイオモルフィック
通常のバイオモルフィック
指で伸ばしたバイオモルフィック
シューズの内側から指で押してみた。こんな具合に伸びる
DSトレーナーの後ろ姿
DSトレーナーの後ろ姿
次に両サイドを見てください。外側はやや前方、内側は中足部付近の黄色いベルト、これはメッシュ素材ではありません。ストレッチ性に富んだ薄い不撚繊維です。外側がやや前方についているのは、アッパーが足の屈曲を邪魔しないように、内側中足部についているのは足との密着性を高めるため。足の動きによってシューズの形は歪むわけですが、自在に伸縮してその歪みを吸収しフィット性を維持します。この構造はBIOMORFIC(バイオモルフィック)とネーミングされています。

ヒールカップも良好で、このあたりはさすがに日本人の足を知り尽くしているということでしょうか。

次ページではソールを検討してみます。

AHAR+の耐摩耗性は寿命3倍

DSトレーナーのソール
DSトレーナーのソール
ヒール部のアウトソール
ヒール部のアウトソールは3分割されている
アーチ部
アーチ部には剛性が高く軽量のTPUを使用
次にソールを見てみます。

ソールには、衝撃吸収、反発力、安定力、軽量化を目的とし、さまざまな素材が組み合わされています。黒い部分は耐磨耗性に富んで耐久力を高めているAHAR+(エーハープラス)という素材。同社の従来製品に比べて同等の軽量度、グリップ性能を保ちながら耐磨耗性が3倍にアップしているとのことで、月間走行距離が多い方などには「お得」な素材です。

ヒール部分が3つに分かれている中で外側にAHAR+を多く使用しているのは、プロネーション(ねじれ着地)でこの部分から着地するランナーが多いためでしょう。

また、最後尾の分割部分はヒールカウンター(かかと着地)を受け止めます。ここだけ分離してズレの可動域を作り、着地時の衝撃を少しでも減らそうという工夫と見受けられます。フラット着地をするランナーにはほとんど関係ないかに見える機能ですが、下り坂では、どうしても着地時の重心がかかと方向に移動するので、下り坂ではどなたにでも役立つ設計だといえるでしょう。

アーチ部には軽量で適度な剛性を持つTPU素材のトラスティックを用い、アーチ部の反発性とねじれの防止に威力を発揮しています。

30%軽量化したミッドソール素材

ソライト
SOLYTEのロゴがミッドソールの前方にプリントされている
ソール内側にもEVAを使用
ゲルエクセルはソール内側にもEVAを使用
ミッドソールの中心をなすのはSOLYTE(ソライト)という素材。ミッドソールはソールの中核で体積が大きくなりますから、ミッドソール素材の軽さはシューズの軽量化を図る上で重要です。

従来のインソール素材は、EVA(エチレンビニルアセテート)という素材でしたが、ソライトは新たに開発された超軽量の衝撃吸収素材で、一般的なEVAに比べて半分、従来の同社製高反発EVA素材(SPEVA)に比べて30%の軽量化を達成しているという注目素材です。3モデルともソライトを使用していますが、DSのミッドソールの厚さは、丁度初心者のレース用、シリアスランナーのジョグから長距離走トレーニング向きといえるでしょう。

ちなみにゲルエクセルのインナーソールを抜き出して、ソールの内側を見てみると、ヒール部から中足部の前方まで全面に使用されている白いクッションシートが見えますが、これもEVAによるシートだそうです。ゲルエクセルのクッションの良さは、ここまで徹底して作り上げているわけです。

DUOMAX
微妙にクッション材を組み合わせて最適の安定性のあるクッションを生み出すDUOMAX
中足部のあたりにDUOMAXのロゴが見えます。これは、硬度の異なる2種類のEVA(もしくはSOLYTEなど)ミッドソールを組み合わせて、安定性などを向上させる構造です。単一の素材名というわけではありません。このほか、発泡素材やゲル状の素材など何種類かの素材が複雑に組み合わさっています。

目を引くフェザーインナーソールの薄さ

上からゲルフェザー、DSトレーナー、ゲルエクセルのインナーソール
上からゲルフェザー、DSトレーナー、ゲルエクセルのインナーソール
3モデルのインナーソールの厚さを比べてみました。

これだけの厚みの差があります。インナーソールの厚さは、スプリング的な要素を持った素材を組みこんでいなければ、一般的には完全に衝撃吸収能力と比例関係にあります。薄いインナーソールならクッション性能は落ちるが反発力は強くなるし、厚ければ衝撃吸収力は高まるが、それだけ沈み込んでしまい反発力が削がれるわけです。

写真を見るとフェザーのインナーソールの薄さは際立ってます。これより薄くなればソールと一体化してしまうでしょう。DSとエクセルはほぼ同じくらいです。共に2層で、上層は耐磨耗性に富んでいるよう。下層が主としてクッション部といえるでしょうか。

インソールは全面に通気孔
インソールは全面に通気孔
いずれも全面に通気孔があり、足の蒸れと温度上昇を防いでいます。温かい空気は上昇するので足の下に孔が空いていても仕方がないように思われるかもしれませんが、体重を乗せたときに孔がつぶれて温められた空気を押し出し、体重が抜けたときに新鮮な空気に入れ替わるというポンプの仕組みになるわけです。

自分でアーチの調整ができる

面白いのは、ゲルフェザーには別途アーチサポートが付いていることです。アーチ部が扁平ですと、アーチ部のクッション力が少ないために着地時のショックが減衰されず、疲労が早くなります。このアーチサポートを付けることで足をアーチ状にするわけです。両面テープがついており、取り付けは簡単です。付けてみたい方は、いきなり張りつけず、まずセロハンテープなどで簡単にとめてテストをしてから貼り付けるか否かを決めればよいと思います。

上記のようにさまざまな新開発のテクノロジーが採用されていますが、スピード走行、快適走行などそれぞれの目的動作を行う機能をすべて盛りこむ設計理念をIGSとよんでいるとのこと。アシックスの英知の結晶といえるでしょう。

DSの装着インプレッション

DSを履いた印象では、屈曲性が良い割に反発力を感じました。ねじれに対する剛性もかなり高いよう。グリップ力は十分です。フィッティングの良さと会わせてコーナリングが楽です。下りも軽快にこなせます。特にアスファルト舗装に適していると思いました。やはり、ファンランというよりも、ちょっとスピードを上げて走るという時のシューズ、すなわち初心者の10km~ハーフぐらいのレースには絶好のシューズになるのではないかと思います。履いていないのですが、やはり初心者の方で5km~10kmぐらいのレースでしたらゲルフェザーかなと思います。ゲルエクセルは残念ながらやはり履いていないので何とも言えませんが、初心者ならずともジョグに履きたくなるシューズです。

メーカーの位置づけでは「ゲルフェザー」が、初心者向けレーシングシューズの定番。中級ランナーのハーフ、フルマラソンなど長めのレースにもいいでしょう。やや広めの足型(ラスト)を使用しています。レディズモデルの「レディ ゲルフェザー AS2」もあります。軽量化も図られていて、ガイドの計測では26.5cmで237g。これは軽いです。

屈曲性良好
丁度良いところで屈曲
底の割れ目に伸縮素材
ソールがもっとも屈曲する部分(白い線)に伸縮素材。屈曲時にこの白い部分が良く伸びる
ねじり試験
思い切りひねってみる。ねじれに対しての剛性は高い
「DSトレーナー」は、レース用あるいはシリアスランナーのスピードトレーニング向き。ラストが、「レーシングシューズとしては標準的だが、一般のランニングシューズと比べると細め」とのこと。確かに、今回のコンセプトで履き試した多くのモデルの中では細めでした。さらにスリムバージョンもあります。足幅がないひとには願ってもないモデル。27cmで282g。

「ゲルエクセル」は、クッション重視のトレーニングシューズですが、軽量なので初心者の方はわざわざレース専用シューズを買うまでもなく、スピードトレーニングからレースまでカバーできそうです。スピード感を持って走るときにいいシューズです。ワイドモデルとレディ-ゲルエクセル、さらにレディ-ゲルエクセルのワイドモデルと4バージョンありますから、よく履き比べてみてください。価格も1万円を切っており初心者におすすめです。26.5cmで278g。DSトレーナーとさほど変わりません。
ゲルフェザーはクッション性を重視しているのに対し、DSトレーナーはレスポンスを重視するランナーにおすすめしたいと思います。路面の感触を足に感じてキックする中級、上級ランナーならこちらだろうと思います。

[アシックス GELFEATHERRAS2(ゲルフェザーAS2)]
ゲルフェザーAS2
ゲルフェザーAS2

・サイズ
 24.5-29.0cm
・価格 10,800円(税込み11,340円)

[アシックス GEL-DS TRAINER 13(ゲルディエストレーナー13)]
ゲルディエストレーナー13
ゲルディエストレーナー13

 12月中旬発売予定
・サイズ
 22.5-29.0cm
・価格 12,000円(税込み12,600 円)

[アシックス GEL-DS TRAINER 13-slim(ゲルディエストレーナー13スリム)]
 12月中旬発売予定
・サイズ
 22.5-29.0cm
・価格 12,000円(税込み12,600 円)
[RT902紹介ホームページ]

[アシックス GELXCELR(ゲルエクセル)]
ゲルエクセル
ゲルエクセル

・サイズ
 24.5-29.0cm
・価格 9,500円(税込み9,975円)

[紹介シューズ掲載のメーカーサイト]
アシックスTop > ラブランニングサイト > 製品紹介 > チャレンジレーサー

[アシックス お客様相談室]
電話 03-3624-1814(東京)
電話 06-6496-5151(大阪)

[取材協力]
株式会社アシックス



<関連リンク>
アシックス
アシックス ランニングサイト Love Running
これを選べば失敗しない!シューズBEST5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。