驚異の市民ランナー、平沢直樹さん

平沢直樹さん
平沢直樹さん(所属クラブ:のり子大好き)。今年は失敗してしまった東京マラソンスタート地点で、次回への決意を新たにする。なお、「のり子大好き」は平沢さんのクラブ名。奥さまの名前でもある
市民ランナーが大いに望むことは、幾つになっても颯爽と走り続けること、また、たくさんの大会に出てレースの楽しみをたくさん味わうということではないでしょうか。それはエリートランナーが考えることもない、市民ランナーとして望んで止まない目標ではないかと思います。

そんな目標を実現している市民ランナーは、私にとってエリートランナーよりも羨望の的です。60歳になってもサブスリーとか、フルマラソン完走200回とか……。今回は、そうした驚異的市民ランナーと私が目して止まない方の中で一番の若手、平沢直樹さんをインタビューしました。

私は、「アスリートは体作りが勝負。体作りは運動と食品が双輪で、トレーニングに力を入れるのと同じくらい食品の取り方が重要だ」と今まで論じてきましたが、平沢さんは独力で食品の重要性を認識され、生活に生かし、驚異的な足跡を残しています。

平沢さんが初フルマラソンを走ったのは1993年3月。高校3年生の時にロサンゼルスマラソンを3時間11分29秒で走りました。この時彼は、陸上部にも所属せず、高校1年生からの1年余の陸上部体験で学んだトレーニングを参考に、自分なりに考えたトレーニングをして参加したそうです。まさに、高校生の時から「市民ランナー」だったといえるでしょう。

重賞?レースにも2週連続出場

2001渡良瀬遊水地マラソン初優勝
2001年に渡瀬遊水地マラソンでフルマラソン初優勝を遂げる
彼のフルマラソンの年間出場回数は次のようになります。タイムと大会名は、その年の最高記録と大会名です。

1993年 2回 2時間51分54秒 ホノルルマラソン 年代の部3位
1994年 6回 2時間34分55秒 メルボルンマラソン ジュニアの部1位
1995年 2回 2時間31分44秒 パリマラソン 20歳以下1位
1996年 3回 2時間48分27秒 ボストンマラソン
1999年 3回 2時間38分22秒 田沢湖マラソン 4位
2000年 3回 2時間34分07秒 つくばマラソン
2001年 6回 2時間29分49秒 つくばマラソン 4位
2002年 12回 2時間28分35秒 シカゴマラソン 77位
2003年 14回 2時間27分16秒 つくばマラソン 優勝
2004年 15回 2時間21分42秒 びわ湖毎日マラソン 60位
2005年 11回 2時間27分42秒 東京・荒川市民マラソン 6位
2006年 15回 2時間25分47秒 びわ湖毎日マラソン 37位
2007年 6回 2時間27分26秒 勝田全国マラソン 3位(4月末まで) 

平沢さんは社会人になってから生活スタイルが大きく変わり、一時ランニングを離れたときもありましたが、次第に出場数が増え、2002年以降の月間出場回数は1.14回にもなります。夏は大会も減るので、シーズンの秋~春でみると、2週連続出場も珍しくなく、パリ~ボストン~掛川と3週連続出場をしたり、中1日(東京国際の2日後に勝田)や中2日(大田原の3日後につくば)で走ったりということもあります。こうした記録は、平沢さんのホームページに克明に記録されているので、直接ご覧になることをおすすめします。

マラソンの出場回数ならもっとすごい人がいるよ、とおっしゃる方もいるでしょう。確かにそれはそれで素晴らしいのですが、私が平沢さんを驚異的だと思うのは、その内容です。出場レースの中には、東京国際やびわ湖毎日といった日本ではSGレースといえる出場資格の厳しい大会が含まれていて、しかも連続出場もたびたびなのです。私にとってこのスタミナが一つの興味です。そしてもうひとつの興味は……。

故障せずに出場を続けられるのはなぜ?

2002年渡良瀬遊水地マラソンを2連覇
2002年渡瀬遊水地マラソンを2連覇。記録証に記された10kmごとのラップは、37:08-36:06-37:38-36:13-08:46と安定している
これだけのレースを走り続けているということは、故障をしていないということです。タイムを見ればわかるように、エリート選手であっても決して楽に走れるタイムではありません。体を酷使しているはずなのです。なぜ故障をしないのか? これがもうひとつの興味です。

スタミナがついて、故障しないノウハウは、我々凡ランナーがマラソンを走る上で、最も参考になる情報でしょう。平沢さんは特別な人間なのか……、インタビューの始まりです。

小学生の時は、95人中94位!

2003年東京荒川市民マラソン初優勝
2003年東京荒川市民マラソン初優勝
ガイド:高校生でフルマラソンを走る人は珍しいですよね。高校生の出場を禁止している大会もあるくらいだし。平沢さんはこどもの頃から走っていたんですか?

平 沢:運動も駆けっこも全然ダメだったんです。運動会で95人中94位なんていう子どもでした。

ガイド:それがまたどうして。

平 沢:あこがれていた女子生徒がいたんですが、なんとその当人から「ちょっとそこどいてよ、デブ」と言われて、これはショックでしたよ……。小学5年生の時ですよ。

ガイド:子どもとはいえひどいですね……。

平 沢:実際太っていたんですよ。これ、小学校卒業の時に撮影した写真ですけど。

(確かに、現在のほほに縦線が入った顔の輪郭は面影もなく、丸めの卵形の顔)

校内マラソンでいじめ脱却

好きな子に「デブ」と言われてショックを受けた平沢少年は、中学に進むと「これからはスポーツできなきゃダメだよ」の友人の言葉に触発され、自分の運動能力顧みず勇猛果敢にバスケットボール部へ入部。すると次第にカラダも引き締まり駆け足も速くなりました。しかし、依然としてどちらかといえば「いじめられっ子」。それが、ある時期になるといじめられなくなるのです。その理由は……。

平 沢:痩せなきゃダメだと。それにはスポーツだ。スポーツで活躍するというよりもスポーツで痩せなきゃと思って入部しました。

ガイド:成果は出ましたか?

平 沢:スポーツをしていたら思いのほか早く痩せられたんです。で、駆け足も速くなって。ただ相変わらずいじめられてたんですけどね、校内マラソンとかで活躍するようになったら、その期間だけいじめがなくなったんですよ。それから、活躍すればこの期間だけでもいじめから抜け出せる、自分の居場所ができると感じて練習に取り組んだっていう感じですね。

このところはガイドも聞いていてちょっと悲しくなりました。駆け足ってもっと楽しいものじゃないのか、走るだけで快適さを得られるものだ、という意識で走ってきた私としては、もっと抜き差しならない理由で走る努力をしなければならないという少年がいるということに。

陸上部を強制退部させられて市民ランナー化?

2003年田沢湖マラソン
2003年田沢湖マラソン。ゴール直前まで続いたデッドヒートを制す。「さきがけ新聞」より
平 沢:高校に進んで陸上部に入ったんですが、故障中の練習について監督と衝突して「俺の言うことが聞けないなら陸上部を辞めろ!」ということで、入部1年ちょっとで強制退部となりました。その後は校内マラソン大会優勝を目指してひとりでコツコツやってましたが、10位にとどまりました。

平沢さんは、1年ちょっと入部していたときの知識をもとに、自分なりにアレンジして練習していたそう。しかし校内マラソンでも結果を出せず、陸上競技に対する興味も薄れていきました。そんな平沢さんですが、なんと高校卒業を前にして高校生としては珍しいフルマラソン、それも海外の大会に出場します。

ガイド:日本では高校生の出場を認めないフルマラソン大会も珍しくないというのに、どうしてまたフルマラソンを走ろうと思ったの?

あこがれのマドンナの一言でマラソン決意

2004年東京荒川市民マラソン
2004年東京荒川市民マラソン。前年に続いて2連覇
平 沢:これも好きな人絡みなんですけど、陸上部の1年先輩に憧れの人がいたんですよ。彼女が「将来、マラソンを走ってみたいな」と言っていて、それなら自分が先にマラソンを経験しておくといいなということで。

う~ん。は人を走らせる、か…。

ガイド:それにしても近所の大会じゃなくてロサンゼルスとは。

平 沢:その時はマラソンを長く続けるつもりはなかったんですよ。どうせなら海外の大会のほうが記念になるなと。ホノルル(12月)も考えたんですけど、ロサンゼルス(3月)のほうが3ヶ月分だけでもカラダが成長するということで……。もうひとつは、高校生らしい気分を味わうために、卒業式前の大会にしようと、それで必然的にロサンゼルスマラソンになったんです。

平沢さんは、いじめられっ子だったとは思えない度胸の良さも持っています。好奇心も人一倍あり、それでいて、自身は慎重派でもあるといいます。彼が持つさまざまな面が、適合するいろいろな場面で引き出されるということかもしれません。初マラソンのレース運びには慎重派の性格をもって臨んだ平沢さんでした。

巧みなペース配分で初マラソン完走

平 沢:前半はゆっくり、後半は前半より7分も早いんですよ。気温が30度ちょっとの快晴で、自分がこれまで走ったマラソンレースの中で一番暑いレースでした。その暑さを考慮して遅く入ったんです。で、35kmからは一段とギアを上げた感じで走りました。

若い人、フルマラソンの経験が少ない人にありがちなのは、どうしても前半が速くなり、後半つぶれてしまうパターン。それが初レースから快くゴールできたわけです。暑さを考慮したペース配分など、独学高校生の初マラソンとは思えないほど巧みに走りきったといえるでしょう。

平 沢:ゴールしたときは「ヤッター!」という感じでしたね。

それでもうマラソンとは離れるつもりだった平沢青年がまた、どうしてこんなにマラソンを走るようになったのか?

海外マラソンで部門入賞狙いの大学生時代

2006年弘前・白神アップル
2006年弘前・白神アップルマラソン3連覇を報じる「東奥日報」
大学に進んだ平沢青年は、取りあえずバスケットと乗馬サークルに入りますが、日が経つにつれてマラソン再チャレンジの思いがわいてきて、サークルを2つとも辞めて自主トレに励み出します。

平 沢:マラソン以外のことで故障するのは嫌だなと思ってサークルは辞めました。

平沢青年は、1993年12月ホノルルマラソンを皮切りに1966年10月の新潟マラソンまで、大学生時代に12回のフルマラソン大会に出場しています。驚くのはそのうちの7回までが海外の大会だということ。

平 沢:当時は、「マラソン大会といったら海外」というイメージだったんですよ。海外の大会で年代別(20歳以下)の入賞を狙ってました。

ガイド:おまけに1996年4月には、15日にボストンマラソン、6日後の21日にパリマラソン出場なんていうこともしているよね。

平 沢:ボストンには2時間27分台で走ったピッピヒ選手にずーっとついて行ったんですが、心臓破りの丘まででした。パリは2時間28分くらいのペースで行って、最後脱水症状気味になってラスト5kmが歩きです。

夕食午後3時、就寝8時の生活

ガイド:それにしても、ずいぶん走っているわけだけど、その頃は食べ物のことは重視してました?

平 沢:鉄タブ、ビタミンCタブ、カルシウム剤、プロテインとか摂っていましたけど、カラダは痛いところだらけでしたね。

ガイド:単一の栄養素剤のようなものを色々摂っていたわけですね。

平 沢:そうですね。これでは総合的に栄養を摂れないですね。栄養に関する本当の知識がなくて、鉄分を摂っていれば貧血にならないだろうとか、そのレベルでしかわかっていなかったですね。

この頃の平沢さんの月間走行距離は通常300km、多い月で400kmだったというからガイドとほとんど同じです。その程度の練習量にも関わらず痛いところだらけだったといいます。痛みを我慢するのがマラソンの練習だと思っていたともいってます。まだマラソンランナーのカラダになっていなかったのかもしれませんが、現在では痛いところは全然ないとのこと。また、当時はカラダの痛みだけではなく、過食症にも陥ったとのこと。平沢青年は、波瀾万丈のマラソンライフを送っていたのでした。

平 沢:大学時代は体重制限にこだわっていたんですよ。今はお菓子とかしょっちゅう食べてますけど、この頃は、お菓子はカーボローディングの時とか休養期間以外は食べちゃ行けないと自制してたんですよ。ランチの定食でもご飯は半分残すとか、唐揚げやフライ類は衣を全部取り去って脂肪を摂らないようにとか、食事の時間も厳密で、朝食は何時、その何時間後に昼食、その何時間後に夕食。夕食後5時間起きていて8時に就寝なんて。

夜8時に寝るとなると、逆算して夕食は午後3時になっていたそうです。

精神的にも参って過食症に

平 沢:そんな風にどんどん完璧を求めていたんですね。時間がずれるとそれだけで精神的に辛くなるんですよ。サプリメントももちろん計画的に飲んで。

ガイド:自分を走る機械に変えようとしていた?

平 沢:そうですね。だから体重は落とせていました。コンビニでおいしそうなものをじーっと見つめるんですよ。それで味とか思い浮かべて食べた気になって我慢する、そんなことを繰り返していたんですね。

これも悲しすぎる。マラソンってもっと楽しいはずなのに、マラソンが持つ限られた暗い要素に囚われてしまった青年がいたのです。

平 沢:大学を卒業してマラソンを辞めたら大爆発しちゃって、食べるのが止まらなくなったんです。だからダイエットをして過食症になった女性の気持ちよくわかるんですよ、経験してるから。

ガイド:でも、3年ほどの空白でまたマラソンを走り出すんですよね?

彼女にゴールテープを切る姿を見せたい

2007年佐倉朝日健康マラソン
寒い天候は苦手、暑い方がいいという平沢さん。2007年の佐倉朝日健康マラソンは、強風強雨下の大会となったが優勝を遂げる
平 沢:2・3ヶ月で体重は増えるし、筋肉は落ちるし、これではいけないとまた走り始めるんですが、また半年もするとリバウンドするというようなことを2回繰り返しました。またマラソンを走ろうかなってちょっと思ったりするんですが、またあのきつい練習をするのかと思うと怖くて戻れなかったですね。それが走るようになったのは、これも女性絡みなんですが……。

平沢青年がこの頃付き合っていた女性との会話の中で、学生時代にパリマラソンなど海外マラソンに出場した話をしても、彼女の返事は「それは過去のことで、今その姿が見られないのは残念」というもの。それなら、マラソン大会で優勝する姿を見せてやろうじゃないかとばかりに、田沢湖マラソンと新潟マラソンに申し込む。ブランクがたたって1995年パリマラソンの記録(2時間31分44秒=自己新)にはほど遠い。その後も2時間30分切りを目標に何度もレースにチャレンジするがどうしても記録は伸びません。自分には素質がないんだろうかと自問する日々。「もうマラソンは止めようかな」と考え始めた、そんな平沢さんの転機が転職と共に訪れました。

病気にいいなら、アスリートにもいいんじゃないか?

2004年所沢マラソン(ハーフ)
2004年所沢マラソン(ハーフ)は、平沢さんの活躍の最大の理解者であり後援者だった母の死の翌日のレースとなった。優勝を果たしトロフィーを霊前に供える
平 沢:その頃に健康食品メーカーに転職したんですよ。その会社の社長さんから自社製品のローヤルゼリーの説明を受けるわけです。もちろん商品知識の研修です。その製品の効能を聞いているうちに、これは病気の予防だけではなくてアスリートが食べたらすごい効果があるんじゃないかなと思ったんですね。社員価格で安く買えたこともあって、もう一度サプリメントに目が向いたというわけです。

フルマラソンというようなカラダを痛めつけるレースや、練習をすればカラダは大きな痛手を受けます。その痛手を早急に回復することができれば、人よりも強度の練習を積めるからパフォーマンスもアップするわけです。また、大きな痛手が生じることがわかっているのだから、それを予防する対策を施せばダメージが少なくて済むとも考えることができます。カーボローディングなどはそうした発想に基づいているわけです。

「未病」の考えを応用するスポーツ中医学的考え方

中医学(中国の伝統医学)には、「未病」という考え方があります。現状は病気ではないが、ほおっておけば病気になることが確実という状態を指します。これからフルマラソンを走ろうという選手の健康状態は、一般的に言えば「健康」そのものですが、この後のことを考えると「未病」の状態にあると言えるでしょう。中医学には「未病」を治療する理論が発達しており、この医学理論をスポーツ医学として応用すれば、スポーツによる故障や障害の予防やパフォーマンスアップに寄与すると考えられます。ガイドはこれを「スポーツ中医学」として提唱していますが、平沢さんの考え方はまさしくこれです。

ガイド:そのローヤルゼリーの効果はいかがでした?

平 沢:飲み始めてまだ間がなかったベルリンマラソンはロルーペ選手に30kmぐらいまで付いていったんですが、足に痙攣を起こして最後はジョギングでした。その2ヶ月半ぐらい後にあった渡良瀬遊水地マラソンで久しぶりに自己新、しかもマラソン初優勝(総合で)でした。

平沢さんは、その2週間後のつくばマラソンで念願だった30分を切ることができ、これも優勝。翌2002年には、パリマラソンで28分台の自己新を出した8日後にボストンマラソンに連続出場し、ここでも29分台と2週連続で2時間30分を切りました。

平 沢:これでワンランク上の力が付いたかなという感じですね。ただ、ボストンの翌週に3週連続の30分切りを狙って小笠・掛川マラソンに出場したんですが、これでは足が痛んで失敗です。まだ3週連続で切れるほどの力ではなかったということですね。

サプリメントできつい練習に耐えられるように

平沢さんはその健康食品を飲むと確かに違ったとのことです。練習で頑張れるのです。この頃は、30kmの通勤ランを行い、月間走行距離は600kmに達しました。それでもこれといった故障は起こしておらず、年間の出場フルマラソンレースが12~15回にもなっていきます。サプリメントがレースの記録を左右するわけではないと言います。レースの記録は練習次第です。サプリメントは、一段きつい練習に耐える体調を作ってくれるということでしょう。

夫人ののり子さんとは、平沢さんがフルマラソンに初優勝した渡良瀬遊水地マラソンに出場する前に知り合ったそう。初めて平沢さんを応援したハーフマラソンで優勝、次に応援に行った渡良瀬遊水地マラソンも優勝というわけで、平沢さんは優勝するのが当然と思いこんでいるらしく、最近はそれがプレッシャーになっているとか。

のり子さんとは、3連覇をかけた東京・荒川市民マラソンの大会会場で式を挙げました。「のり子大好き」のチーム名で登録し、ユニフォームも「のり子大好き」で走ります。実力的に女性のトップランナーに近い平沢さんは、男女混合レースのテレビ中継だと、たびたび女性トップ走者が映し出される画面に映っていることが多くなります。そんなことで市民ランナーの間では有名人ですが、このチーム名が日本陸連で議論になり、規約が改正されて今年度から認められなくなったとのことです。おそらくテレビに映し出されることのないようなランナーなら、問題にされることもなかったのではないでしょうか。

自身の体験を人に伝えようとする寛容さ

まだ、32歳。市民ランナーとしてはごく若手といってもいいくらいの年齢です。しかしフルマラソンに関する経験は超ベテランと言っていいくらいです。平沢さんのもう一つのそして貴重なユニークさは、その経験をどんどん人に伝えようとするところにあると思います。

エリートランナーの場合、詳しい練習内容や食事、サプリメントなどをオープンにする例はほとんどありません。引退後は執筆や講演会を行いますが、その内容は市民ランナーレベルのものではありません。エリートランナーを前提とした内容か、例え市民ランナーを対象にした情報だとしても、「市民ランナーだから、こうだろう」という推測を交えています。それはそれで貴重なのですが、平沢さんの場合は、市民ランナーとしての経験をベースにしているということに価値があります。

もちろん、平沢さんと同じ条件の走力や年齢の方は限られるでしょう。しかし、生活のほぼすべてをランニングに費やし所属する組織から援助を受けられるエリートランナーと、練習時間でさえあれこれと工夫してひねり出さなければならない市民ランナーの立場は大きく異なります。そういう意味で、市民ランナー平沢さんの話の中には参考になることがたくさんあります。平沢さんのサイトではたいへん詳細に自身を紹介されているので、アクセスされることをおすすめします。また直接話を聞きたいという人のために講演会も行っています。



<関連リンク>
ひらめ樹の洞窟(東京・荒川市民マラソン優勝(2連覇)の市民ランナーHP)
テレビに映る「のり子大好き」はダメ? アマチュア排除の日本陸連(5)
故障なくマラソンをガンガン走れる理由
「東京 荒川市民マラソン2連覇のランナーHP」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。