「眼球運動」は「動体視力」ではない

スポーツに必要な目の動きというと、まっさきに「動体視力」を思い浮かべる方が多いのではないだろうか。
だから、あらかじめ断っておきたいのだけど、これから紹介する「眼球運動」と呼ばれるビジョン・トレーニングは動体視力のトレーニングのことではない。
というより、動体視力とは正反対の方向性をもつ目のトレーニングである。
なぜなら、動体視力が動いているものを「くっきりと見る」トレーニングであるのに対し、眼球運動は「くっきりと見ない」方向のトレーニングだからである。
動体視力が「認識する」ためのトレーニングであるのに対し、眼球運動は「認識しない」ためのトレーニングだからである。
いささか強引な線引きかもしれないし、その筋の専門家からは「正しくない」というお叱りを受けるかもしれない。
しかし、両者のトレーニングは別物であるという認識をもっていただくために、あえてそんなふうに区分けをしてみたい。

なぜに「見ない」「認識しない」トレーニングをするのか

さて、なぜに「見ない」「認識しない」方向のトレーニングをするのか。
目というものは、見て、認識するために存在するのではないか。
こういう疑問に対して、納得のいくような説明をするのがむずかしい。
まず、僕の脳ミソが、こういう科学的分野のむずかしい問題に向いていないということがある。
そういうパーソナルな懸案事項もあることはあるのだが、それより大きいのは、スポーツにおける眼球運動の効果がいまのところ科学的に裏づけされていないということにある。
そして、人は、科学的裏づけがあるものを受け入れやすいという性癖をもつ。
それが増幅すると、科学的根拠をもたないものを無視したり排除したりという傾向になびいてゆく。

そんなわけで、一種の「説」の段階にある「眼球運動」に信憑性をもたせて説明するのはむずかしいと思う。
そう思うのだが、僕はこの「説」がとてもおもしろいと思った。
「感覚的にわかる」ような気がした、といえばいいだろうか。
その説には、スポーツの未来にとって大事なものが含まれているようにも感じた。
それに、人間が証明できていないからといって、それが真理じゃないということにはならない。
ニュートンが発見する前から万有引力はあったように。

竹内さん
選手のビジョン・トレーニングを見守る竹内聡さん(昨年6月)

卓球界に眼球運動を取り入れたコーチ

前置きが長くなったが、まずはこの方を紹介しよう。
竹内聡さんである。
新潟県内屈指のスポーツ強豪校として知られる北越高校の先生である。
女子ナショナルチーム前監督の西村卓二氏(東京富士大監督)の中核的スタッフとして、トレーニングコーチを務めていた方でもある。
風貌はバリバリの体育会系だが、確かにそのとおり、体育の先生である。
そのとおりなのだが、いわゆる根性論とか経験論の指導とは一線を画した、極めて理知的な指導で定評のある方である。
この竹内さんが、西村ジャパンに(というよりは日本の卓球界に)、初めて眼球運動を取り入れた方なのである。
藤沼選手
目を寄せるトレーニングをする藤沼亜衣選手(昨年6月)

世界団体の藤沼選手にあらわれた「成果」

この竹内さんが取り入れた眼球運動の「成果」(と言っていいと思う)が象徴的にあらわれたのが、1年前の世界卓球選手権ドーハ大会である。
この大会で日本は中国をあと一歩まで追い詰めたのだが、この中国戦に初めて起用された藤沼亜衣選手が、シドニー五輪銀メダリストの李菊を破るという金星をあげた。
大会前までパッとしなかった藤沼選手がなぜに活躍できたのか。
いろいろな要因はあると思うのだけれど、「急変」した理由を考えていくと、どうも眼球運動にあったのではないかと思えてくるのだ。詳しくはこちらの記事を。

さて、1月下旬のある日、ある会合で、竹内さんと一緒になった。
世界選手権での藤沼選手の話を聞いてからというもの、「いつか、きちんとビジョン・トレーニングの取材をしたいですね」ということになっていたのだが、僕の怠慢により実現せずじまいだった。
そうしたら、そのテーブルに河村茉依選手がやってきた。
当時、東京富士大卓球部のキャプテンで、この4月から日本実業団リーグ加盟の日立化成にはいった選手である。
その席で、その2週間前に終わった全日本選手権の話になった。

河村選手の「あと一本」は目の問題!?

全日本での河村選手は、女子シングルスのランク決定戦で、前年度3位の小西杏選手と対戦した。
実績十分の強豪選手を相手に、気合い十分の雄叫びで粘りこんだ河村選手は、セットカウント3-3で迎えた最終セット、7-9のビハインドから3点連取し、10-9と先にマッチポイントを奪った。
そして、チャンスボールがきた。しかし……。

「決定球を打てる、と本人が判断した瞬間、それまでまったく力まずに打てていたボールに対して、力みが出てしまいました。あの一本がとれなかったのは、たぶん目の問題が関係していると思います」

竹内さんはそんな話をした。
河村選手もランクを取れなかった原因を知りたがった。

「じゃあ、一度調べてみようか」となり、「そうですね」となった。
ちょうどいい機会だから、「その日に取材しますか」となり、日程の調整となった。
かくして、僕は新潟に行くことになった。
3月のある晴れた日、新潟駅に迎えにきてくださった竹内さんの車で向かったのは「視覚行動研究所」というところである。
この研究所に竹内さんの「ブレイン」とでもいうべき、日本屈指のビジョン・トレーニング研究家がいらっしゃるのである。

********連載*********
卓球に役立てたい眼球運動(2)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。