卓球にかぎらず、何事にも上達するためには押さえるべきツボというものがある。
逆に、そのツボを押さえていなければ、いくら努力しても上達はおぼつかない。

「ある程度で上達がストップしてしまう選手というのは、基本打法が正しく設定されていないことが多いんです」
大学卓球界の名門、明治大学卓球部の平岡義博監督(株式会社タマス)はそう語る。

それは市民レベルの愛好者はもちろん、実は日本のトップクラスの選手にも見受けられることだという。
逆に、この設定ができれば、とりわけ小さな子供のうちにこの設定ができれば、あとは放っておいても(というのはやや大げさかもしれないが)、その子の努力に比例して強くなっていくケースが多いという。

平岡監督1
「上半身の向きと打球点の位置関係が大切」という平岡監督のフォーム
上達を左右する基本打法の正しい設定とはどのようなものなのか。
それはどのようにすれば身につけられるのか。
平岡監督に基本打法の正しい設定について話をお聞きした。
今回はまずフォアハンドの設定のツボを紹介する。

上半身の向きと打球点との位置関係

フォアハンドの打法で最も大切なポイントは、「上半身の向きと打球点との位置関係」だという。
簡単にいえば、ボールが身体の正面に来たときに打球できているかどうか、が設定のツボということになる。
この体勢で打球するのが最もパワーを生み出せるからである。

たとえば、上半身が相手の正面を向き、わき腹のあたりで打球していると、パワーのあるボールは打てない。
平岡監督流にいえば、「一番強い状態から外れている」ことになる。
すると、パワーを出すために力んでしまったり、余計な動きが出てきたりして、自分の体勢を苦しくすることになってしまう。
ここで注意したいのは、設定すべきなのは「上半身の向きと打球点」であり、その他のことは二の次だということである。
下半身の動き(腰の回転や重心移動)などは、「基本的にどうでもいいんです」という。
特に、初級者レベルの場合は、「いろんなことを言われすぎると混乱してしまい、肝心のポイントがおろそかになりかねません」という。

平岡監督2
身体の中心線を超えて逆サイドまで振り抜くのがツボ
「日本の場合、少し打てるようになると、バックスイングをとってバックステップをして全身を使って打つんだとか言われます。それも間違いではないんですけど、その打ち方ではストライクゾーンが狭く何本も連続して打つのは難しい。上半身の形さえできれば腕の力だけでも十分にパワーのあるボールは打てる、ということをまず理解してほしいんです」

この理想形ができたとして大事になるのは、身体の中心線を超えて逆サイドまでラケットを振り抜くことだという。
右利きの人ならば、左半身のほうまでラケットが振り抜けているかどうかということである。
これは「肩の可動域を広げる」という大きなポイントにかかわってくるのだが、それは別の機会に紹介するとして、今回はまず次の2点を設定のツボとして押さえておきたい。

[1]身体の正面で打球しているか(上半身と打球点との位置関係)
[2]身体の中心線を超えて逆サイドまでラケットを振り抜く

平岡監督3
初心者などはフリーハンドを卓球台について練習してもいい

初心者は台の横に立って練習する

初心者や小さな子供の場合、相手コートまでの距離が遠く感じるもの。
ボールを飛ばそうと、無駄な力がはいったり、余分な動きが出たりしてしまう。
そのため平岡監督が勧めるのは、卓球台の横に立ってボールを打つ練習法。
「台の横に立てば、当てるだけではいるという安心感があり、まったくの初心者や小さな子供でも無理なくできます」
形ができてきたら少しずつ離れていって、最終的に普通の位置に立って練習するようにするといい。

********関連サイト*********
<連載・平岡監督に学ぶ技術論>
第2回 フォアハンドの設定のツボ(2)