日本人として初めてのナショナルチーム(NT)専属の監督──それがNT男子の宮崎義仁監督だ。2001年10月の就任以来、フルタイムで活動するプロの監督として強化システムの確立に力を注いできた。

だが、就任後、初のビッグゲームとなった昨年の釜山アジア競技大会ではメダル獲得はならなかった。リターンマッチとなるアジア選手権では是が非でも巻き返しをはかりたいところ。代表入りが内定していた3名に、監督推薦の4名が加わった。 推薦メンバーはどのように決めたのか。



監督推薦の1番目は遊澤亮です。過去の成績を見てもらってもわかるように、団体戦にはめっぽう強いですからね。1回目の選考会で4位、全日本が3位、2回目の選考会が2位。いつも安定していて、どんな選手にも対応できるというのは、団体戦には一番必要なことです。

2番目が坂本竜介。プロツアーでは21歳以下で2回優勝してますし、決勝進出も何回かある。僕はシニアでもトップ5には入ると思っていましたが、実績がない。だから選考会に出して、10位以下になるようなことがあったらはずそうと思ってましたけど、結果は優勝と1勝差の4位。もう十分。

それでシングルスは5人ですから(新井周、松下浩二、田崎俊雄を含め)、次はダブルスを中心に考えるか、シングルスの予備的選手で考えるか。ダブルスを考えたときに全日本チャンピオンは倉嶋洋介・木方慎之介組。シングルスでは、全日本でも、2回目の選考会でも木方が上位。これはもう木方を選ばないと、だれも納得しないだろうと。

あと1人の枠は、プロツアーファイナルのダブルスで決勝までいって、ジャパンオープンも優勝した田崎・鬼頭明組。世界での成績を1度ならず2度も見せてくれたということは、出る権利を自分たちで獲得したのと同等だなと。鬼頭はシングルスでは全日本のランクに入っていませんけど、個人戦のダブルス専用で、左利きでミックスでも使えると。

それ以外に候補になったのは、大森隆弘(東京アート)。1回目の選考会でも強かったんですが、全日本でベスト16。2回目の選考会で3連勝のあとの6連敗という信じられない結果に終わって。こういう弱さを見せられたんじゃ、やっぱり選べない。

あとは岸川聖也(仙台育英学園秀光中)。坂本のダブルスのパートナーとして選びたいという希望はありましたけど、選考会でシニアとやって上位選手にほとんど勝てなかった。まあ、中学3年生だし、来年、再来年に持ち越しだなと。そのほかの選手については、比較して話になるまでには至らなかったというところです。

アジア選手権ではメダルをひとつでも多く狙います。一番チャンスがあるのが団体とダブルス。次にミックス、そしてシングルス。全種目でひとつずつのメダルはとりたいな、と。実際には、シングルスはかなり難しいでしょうけど、ダブルスは可能性がある。団体も可能性がある。がんばったら大丈夫。なんとか3位は確保したいと思います。

団体の実力からいうと、中国、韓国、台湾、香港、日本、北朝鮮。日本は5番目。メダルにあと一歩です。アジア競技大会では香港に3-2で負け。あれが4位、5位決定戦でした。まあ、シングルスのベスト8の顔ぶれみても、中国2人、韓国2人、チャイニーズタイペイ2人、香港2人。日本は誰も入れなかったということで、残念ながらベスト4の力はない。組み合わせ次第でどうかというところですね。

団体では、基本的には5人全員を使うつもりです。中国とか韓国ではなく、確実に勝てる、勝たないといけないときというのは、松下をフルに使いたい。あとは松下の出来いかんです。松下の調子がすこぶるよくて、中国のトップ選手でもやっつけるなと思ったらエース起用があるかもしれませんけど、メダルを獲得して、準決勝、決勝となったときには若手を使うかもしれません。



現在、国際大会の団体戦は、3人による5シングルス制で行われている。2人が2回、1人が1回出場する方式だ。団体戦といえども、シングルスで抜群に強い2人がいれば世界チャンピオンにもなれる。日本が常に世界のメダルに絡む存在であるには、若手の台頭を待つしかないのだろうか。

今回、注目されるのは、高校3年生の坂本竜介を団体メンバーに選んだことだ。シニアでは未知数ではあるが、入れた以上、彼をフルに使ってくという意思表示であるように見える。



世界でメダルをとるには、若手の台頭を待たないと無理でしょう。もちろん、いまのシニアの選手でもある程度いけますけど、それ以上にいこうと思うと、シニアの選手が急に伸びていくことはあまり考えられませんから、若手の台頭しかないでしょうね。

いま、ちょうど入れ替わりの時期で、坂本がシニアのトップに入ってきましたから、シニアと若手のミックスチームになると思います。主力メンバーの3人のうち、若手が1人、いままでのトップのシニアが2人。アジアでも来年のドーハでも、こういう形での団体になってくると思います。もしかしたらドーハでは、若手2人、シニア1人となるかもしれませんけど。

坂本は今回、おそらくフル活用になると思います。エース起用になるか3番手になるかというのは状況をみないとわかりませんけど、いけるなと思ったら、2点使うようになるでしょう。彼は、国際競争力からみたら、シニアに入っても1、2、3番手のうちどれかだなと思っていますから。

誰を使うにせよ、基本的には、使ってみてダメだなと思ったら、パッと切り替えます。様子をみるために3番手で使って、いざ大事なときに使わないんだったら、はじめから使いません。だから、全員使うつもりですけど、結果的には3人だけで終わることもありうる。その可能性のほうが大きいかもしれません。

宮崎監督の契約期間は04年アテネ・オリンピックまで。推定年俸700万円。日本の卓球ファンの期待を一身に背負う代表監督としては、恵まれているとはいえないかもしれない。ただし、監督就任時に成績の「ノルマ」はなかったという。プロの監督に成績を求めない。それが私には不思議なことのように思える。


日本では、成績でいわれると大変難しい点があると思いますね。母体で練習している人間の集まりがNTですので、NTが強化しているかとなると、そこまで集まれないし、スケジュールもとれない。男子はスーパーサーキットにNTの選手を派遣できますけど、全員予定が入っているときもある。30人いても30人全員ダメなときもあるんです。するとNTメンバーじゃない学生を選んだりするしかない。数知れない母体の行事があるという状況なんです。

代表監督はプロツアーにも合宿にも行かないけど、選手が母体でがんばって世界選手権の団体戦で13位から12位に上がった、じゃあ、続投だと。成績でいうんだったら、それでもオッケーでしょ。逆に、365日、卓球界のために飛びまわって働きまくって、汗だくで選手とともにがんばってきたけど、たまたま選手の過渡期で成績が下がったと。それで監督の責任だというのはおかしいと思いますよ。

たとえば、ここがNTセンターで、選手が住まいこんで365日合宿やって、ここからプロツアーに行って一緒に戻ってきて。それで成績が下がるとなったら責任問題でしょ。だから、続投するかどうかも、自分が決めるもんやと思います。自分じゃ無理だな、あの人に譲ったほうがいいなと思ったら譲りますし、あと4年はやりたい、やったほうが日本のためになると思ったら続投したいと申し出るし。叶わなかったら別ですよ。

いまは合宿するといっても、卓球台も十分にあって環境の整った体育館というのはなかなかとれませんし、遠いと交通費がかかるから予算的にも難しい。だから僕は、まずNTセンターをつくることが先決や、と。何年か後には、そういうかたちになるんじゃないかと思いますよ。

それには、母体の問題をクリアしていかないといけないですよね。僕だけの構想だとしたら、各企業のNTに選ばれた選手はNTセンターで生活する。その代わり、年に2回の日本リーグはチームの柱として試合に出る。実業団も出る、プロツアーも出る。ただ、練習の場がこちらになるので、同じチームの選手とは一緒に練習できなくなってしまう。その会社の了解を取り付けないとNTには入れない。

もちろんその中で、NTに入らずに成績だけで答えを出すという選手も出てくるかもしれませんよね。ブンデスリーガでやりたいとか。ブンデスリーガとプロツアーでどんな成績が出るか。落ちていくんならはずすし、トップに上り詰めていくんだったらNT扱いでやっていく。そういう柔軟性はもたしてやらないと。

ただ、日本卓球協会として1ヵ所に集めてやれるようなシステムをつくっておけば、全員が集まれるわけではないにせよ、母体でバラバラにやっているよりも強くなるのは間違いない。そういうシステムを変えていく、強くなるシステムをつくっていくことが重要なんじゃないかと。

壮大な強化ビジョンを雄弁に語る宮崎監督。しかし、だからといって当面の強化をおざなりにしていいはずはない。若手の台頭にはもう少し時間がかかりそうな状況において、現在の代表メンバーをどのようにレベルアップしていこうとしているのか。


パワーでいく選手、技でいく選手、個人個人でしょうね。国としてどっちにもっていくかじゃなくて、個人をどうもっていくかというふうに考えています。だから、坂本、岸川をマリオが育てているように、この選手はこのコーチがみるという「担当制」を、アジアに出発するまでに確立したいなと思っています。

選手から、自分の課題、目標、どういうことをやっていくかというのをレポートとして出させる。それをもとに、どの期間、どういう技を高めていくか、というのを担当コーチと打ち合わせる。坂本はマリオが担当。ほかの代表の6人の担当を決めて、5月の世界選手権までやると。世界選手権が終わったら、その担当をいったん解散して、新たに担当を見直してみて、来年の3月末までやろうと思っています。

コーチはいま3人いて、4月から新しく1人加わります。僕も入れたら5人いますから、この4、5人で対応しようかなと。担当する選手は多くても2人ですから、2人を追い求めて試合を見たりビデオを見たりするのは、難しい話じゃない。

担当コーチの希望は、はじめは選手から出させます。誰がいいと言ってくる選手もいますし、誰でもいい、お任せしますという選手もいる。だから、母体の監督がそのまま担当になるとは限らない。選手が望まない、コーチも望まないなら、変えますよ。もちろん了解のもとに。やっぱり、ずっと一緒にやってますから、別の目でみてほしいということもあるかもしれませんし。

とりあえず、担当制で世界選手権までやっていきます。アジア選手権で振るわなかった選手がいた場合でも、世界選手権まではメンバーは代えるつもりはありません。合宿には出ない、監督の指示にも従わないとなると一緒にがんばれませんから、そういう人ははずします。ただ、アジア選手権だけの成績をみてはずすということはない。

調子のいいときも悪いときも、ありますよ。アジアで負けたから代えるなんてことをやってたら、毎回予選をやらなきゃならない。負けて、それをいちいち言われていたんじゃ、たぶん誰が出ても一緒です。今回は、アジアと世界を通した選考だったわけですから、アジア選手権で振るわなかったとしたら、世界で振るうように強化していくのが僕らの役目だし、選ばれた選手の努めですから。
(了)


<関連記事>
アジア選手権エントリー種目決定
日本代表決定!! 福原愛ら13名

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。