世界を沸かせた錦織圭

錦織圭
17歳でプロに転向した錦織圭。2008年2月ATPツアー デルレイビーチ国際選手権で優勝
錦織圭が世界を沸かせた。2008年2月ATPツアー デルレイビーチ国際選手権(「ツアー」はグランドスラムに続きレベルの高いとされる大会)で優勝の快挙のニュース。224位だった錦織圭、世界12位(最高4位)のジェームス・ブレークに勝利。その瞬間うずくまるように勝利をかみしめた彼を、日本だけでなく世界中のメディアが取り上げた。

日本人男子のツアー優勝は、1992年韓国で松岡修造が優勝して以来となる16年ぶり2人目。この勝利により、ランキングは131位となり日本人No.1となった。

自信の根底にあったものとは?

12歳からアメリカを拠点に置く錦織圭は、ウイナーズスピーチを英語で次のように答えた。

「信じられない。この大会を優勝したんだ、信じられないよ。テレビで見ていたジェームスブレークに勝ったんだ。デルレイビーチ、ありがとう。関係者の皆さんありがとう。人生最高のトーナメントだ。僕を1週間応援してくれたファンの皆さんありがとう。今、本当にうれしい。ありがとう」

どこかたどたどしく喜びや感謝の気持ちを素直に語る錦織圭に、観客が大きな声援を送っていた。

勝利後のTVレポーターによるインタビューで、この優勝までの道のりなどを聞かれ、

「どうやってこの大会に優勝できたかわからないよ。ただ、本当に今週はいいテニスができた。精神的にも良かった。肉体的には最高だった」

と答えた。続けて、前の試合では何度も相手にマッチポイント(あと1点で相手の勝利)を握られる中での逆転勝ちしたのだが、それがメンタルに影響したかと聞かれ、

「ファーストセットは少しナーバスになっていた。でも、もっと楽しむようにして……、うーん、(やっぱり)わからないな」

と語った。勝因の多くを語らないが、彼には自信があったはず。世界No.1のロジャー・フェデラー、世界No.2のラファエル・ナダルなどとも練習してきた錦織にとって、相手が誰であっても臆することはない。実際に誰とやっても通用するストロークは、世界のトップでも十分通用することを証明している。

その自信の表れは翌週行われたSAPオープンでもはっきりと感じられた。試合前には「ロディックとやるためにきた」とはっきりとした目標を語り、1回戦では世界ランク96位の選手に勝利し、2回戦でアンディー・ロディックと対戦。惜しくも敗れはしたが、ロディックに対しても精神的には一歩も引かないプレーを見せつけた。世界最速ともいわれるアンディ・ロディックのファーストサーブを、しっかりとスウィングしてリターンエースをとるなど観客の度肝を抜くようなプレーも見せた。

彼の自信には根拠があり、その自信と根拠となる質の高いプレーが成長を加速させている。

>>目を見張る成長のスピード>>

目を見張る成長のスピード

ツアー優勝は正直すごい。松岡修造以来16年ぶりの優勝というのもすごい。だが、本当にすごいのは成長のスピードである。

通常、男子のテニスセンスは、フューチャーズ、チャレンジャーと呼ばれるレベルの大会を経て、ツアーに挑戦していく。ツアーに出場する選手の多くは、フューチャーズに出始めてから2年から3年でツアーレベルへ到達しているという。

「駆け抜ける人は一瞬で駆け抜ける。だが、そんな人はほとんどいない。そして、一瞬で駆け抜ける人のほとんどはトップ選手になっている。このスピードでそれをやってのけたということは、彼がトップ選手になれる可能性を意味している」と増田健太郎(プロ指導テニスコーチ)は語る。

ロジャー・フェデラーとの比較

様々なメディアで錦織圭が世界トップへのぼりつめれる可能性について触れているが、実際は今がまさに大切な時。

錦織圭が目標としているロジャー・フェデラーと、本人のデータをいくつか比較してみた。

錦織圭ロジャー・フェデラー
生年月日1989年12月29日1981年8月8日
身長178cm185cm
体重70kg80kg
利き手
バックハンド両手打ち片手打ち
テニスを始めた年齢5歳8歳
プロ転向17歳17歳
ランキング推移16歳 ランキングなし16歳3か月 1504位16歳6か月 1000位17際     603位17歳6か月 561位18歳     286位18歳3か月 123位 16歳 ランキングなし16歳2か月 803位16歳6か月 703位17歳     679位17歳6か月 176位18歳     103位18歳3か月 58位18歳6か月 67位19歳     39位20歳     13位22歳     2位22歳6か月 1位

17歳で両者ともプロ転向を果たし、ロジャー・フェデラーはトップ30位に至るまでの壁をハイスピードで駆け抜けている。錦織圭はそのスピードに対して少し遅れてついていっている。この先はさらに厳しい。世界トップ30に入れるかどうかは、間違いなくここ1~2年が大きな意味を持ってくるはずである。

次回はその可能性を実感するために「錦織圭、その強さの秘密ポイント5」をご紹介します。



■関連リンク
テニスプレイヤー情報

■取材協力
増田健太郎:デビスカップ男子ナショナルチームコーチ、全日本テニス選手権シングルス2連覇、MTSテニスアリナー三鷹代表
坂本正秀:錦織圭にとってはニックボラテリーテニスアカデミーの先輩、不田涼子のコーチ、ミキプルーンコーチ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。