文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)

オリンピックイヤーの2004年、大会まで約3ケ月。マラソン、野球、サッカー、柔道・・・・そして今、バレーボールのオリンピック予選が行われており、今、まさに世の中、オリンピック一色です。
テレビや新聞、街の人たちも皆、『予選会で2位に入れば』とか『韓国に勝てば決定』とかの予選通過の条件の話題で盛り上がり、日本代表のオリンピック予選の勝敗の行方に一喜一憂しています

オリンピック予選がテレビ放映される種目に関しては皆さん、良くご存知ですが、テニスのように予選がない種目などは出場資格以前にその種目が実施されるかどうかも知らない方が多くいます。

第1回大会のアテネオリンピックから正式種目となっており、また、日本のオリンピック参加史上初のメダル獲得がされたのも実はテニスでした。また、オリンピック初のプロ選手のメダル獲得もテニス(シュティフィー・グラフ)でした。
古い歴史を持ちながら、しかし、あまり知られていないオリンピックにおけるテニス、今回はオリンピックとテニスの歴史や過去のメダリスト、テニスのオリンピック出場資格などオリンピックとテニスについてお伝え致します。


 

■オリンピックとテニスの歴史

オリンピック開催以前からウィンブルドンや全米、全仏が行われていたテニスは、第1回大会のアテネオリンピックの時にはすでに水泳・体操・陸上・レスリング・フェンシング・射撃・自転車とともに正式種目に入っていました。

当時のオリンピックは、出場国数、競技数、規模など今のオリンピックとは比べ物にならないくらいに小さいもので、また、現在のような複数の競技を同時に行うだけのノウハウや資金力もありませんでした。
しかし、規模の拡大に従い、国際オリンピック委員会は各競技連盟に多くの要望を出すようになってきました。

開催地
競技数
国数
1
1896 アテネ(ギリシャ)
8
13
2
1900 パリ(フランス)
16
19
3
1904 セントルイス(アメリカ)
18
12
4
1908 ロンドン(イギリス)
22
22
5
1912 ストックホルム(スウェーデン)
15
28
6
1916 ベルリン(ドイツ)
7
1920 アントワープ(ベルギー)
23
29
8
1924 パリ(フランス)
19
44
27 2000 シドニー(オーストラリア)
28
200

一方、1900年にはデ杯(国別対抗戦)、1905年(第3回オリンピックの翌年)には全豪が加わり、4大大会と国別対抗戦を毎年行うようになってきた国際テニス連盟は4大大会とデ杯を中心とするトーナメントシステムを定着させ、スポーツビジネスとしてのテニスの確立を目指していました。

4大大会を頂点とし、オリンピックを5番目の大会と位置付け、オリンピックの運営を見下していた国際テニス連盟とオリンピックを頂点としたい国際オリンピック委員会とがうまくいくはずもありません。

1928年(第28回アムステルダムオリンピック)から国際テニス連盟は出場をアマチュアに制限し、五輪イヤーにはウインブルドンを行わないよう要望してくる国際オリンピック委員会と決別し、オリンピックの舞台から姿を消してしまいました。

オリンピックの回数と開催地
オリンピックにおけるテニスの歴史
1877
    第1回ウィンブルドン開催
1881
    第1回全米開催
1891
    第1回全仏開催
1896
1
アテネ(ギリシャ) テニスを含む8種目で競技
第20回ウィンブルドン
1900
2
パリ(フランス) 第1回デ杯(国別対抗戦)開催
1904
3
セントルイス(アメリカ)  
1905
  第1回全豪開催
1908
4
ロンドン(イギリス)
1912
5
ストックホルム(スウェーデン)
※日本オリンピック初出場(陸上)
1916
6
ベルリン(ドイツ)
※第一次世界大戦のため中止
1920
7
アントワープ(ベルギー) 日本初メダル 熊谷一弥(シングルス銀メダル
熊谷一弥・柏尾誠一郎組(ダブルス銀メダル)
1924
8
パリ(フランス)
1928
9
アムステルダム(オランダ) オリンピックの種目からテニスが外れる
9回大会~22回大会までテニスはオリピックの舞台から姿を消す
1980
1984
23
ロサンゼルス(アメリカ) エキシビション競技としてテニス復帰
1988
24
ソウル(韓国) 正式種目としてテニス復帰
プロ選手解禁後、初のプロ選手のメダル獲得(シュティフィー・グラフ)
1992
25
バルセロナ(スペイン)  
1996
26
アトランタ (アメリカ) 伊達公子ベスト8、杉山愛ベスト16
2000
27
シドニー(オーストラリア)
2004
28
アテネ(ギリシャ)

テニスがオリンピックと決別し半世紀近く経った頃、アマチュアイズムを堅守してきたオリンピックも、規模が拡大するに従い商業化の必要性に迫られることとなりました。
1974年、五輪憲章が見直され、アマチュアという言葉が憲章から外され、プロ選手の出場が可能になったことをうけ、
1984年のロサンゼルスオリンピックでエキシビション競技としてシングルスの試合が実施され、1988年ソウル大会から正式種目として、テニスがオリンピックに復帰したのです。

 

■オリンピック復帰後のテニス

1988年オリンピックに復帰を果たしたテニスだが、復帰後16年経ったが、4大大会を頂点とし、オリンピックを5番目の大会と考える選手の考えはそう簡単には変わっていない。
また、オリンピックの開催期間が4大大会で最も賞金の高いUSオープンの直前であることも選手のオリンピック離れに繋がっている。

□4大大会スケジュール(2004年)
 全豪
1/19~2/1
 全仏
5/24~6/6
 全英(ウインブルドン)
6/21~7/4
 オリンピック
8/15~22
 全米(USオープン)  8/30~9/12

4大大会男子シングルスで、史上最多の通算14勝を上げたサンプラス、その他にもヒンギス、ヒューイット、クライシュテルスなどもオリンピックを欠場している。
(下記のメダリストをみても4大大会では必ず名前が出る選手がほとんど入っていない)

□テニス復帰(1988年)後のメダリスト(男子)
開催年
回数
開催地
1988
24
ソウル
(韓国)
Miloslav Mecir
(チェコ)
 
ティム・メイヨット
(アメリカ)
ステファン・エドベリ
(スウェーデン)
ブラッド・ギルバード
(アメリカ)
1992
25
バルセロナ
(スペイン)
マーク・ロセ
(スイス)
Jordi Arrese Castane
(スペイン)
ゴラン・イワニセビッチ
(クロアチア)
1996
26
アトランタ
(アメリカ)
アンドレ・アガシ
(アメリカ)
セルゲイ・ブルゲラ
(スペイン)
リーンダー・パエス
(インド)
2000
27
シドニー
(オーストラリア)
エフゲニー・カフェルニコフ
(ロシア)
トミー・ホス
(ドイツ)
アーノルド・ディパスカル
(フランス)

□テニス復帰(1988年)後のメダリスト(女子)
開催年
回数
開催地
1988
24
ソウル
(韓国)
シュティフィー・グラフ
(ドイツ)
ガブリエラ・サバチーニ
(アルゼンチン)
ジナ・ガリソン
(アメリカ)
マグダレーナ・マリーバ
(ブルガリア)
1992
25
バルセロナ
(スペイン)
ジェニファー・カプリアティ
(アメリカ)
シュティフィー・グラフ
(ドイツ)
アランチャ・サンチェス・ビカリオ
(スペイン)
メアリージョーフェルナンデス
(アメリカ)
1996
26
アトランタ
(アメリカ)
リンゼイ・ダベンポート
(アメリカ)
アランチャ・サンチェス・ビカリオ
(スペイン)
ヤナ・ノボトナ
(チェコ)
2000
27
シドニー
(オーストラリア)
ビーナス・ウィリアムズ
(アメリカ)
エレナ・デメンティエワ
(ロシア)
モニカ・セレシュ
(アメリカ)

オリンピック欠場が相次ぐ一方で、既にに4大大会を制しているセレーナ・ウイリアムズやナブラチロワなどはオリンピック優勝に意欲的である。
4大大会制覇のグランドスラムにさらに、オリンピック制覇も加え、5冠制覇を『ゴールデンスラム』と言うが、セレーナ・ウイリアムズはゴールデンスラムを狙っている。
現在、ゴールデンスラムを達成しているのはアガシとグラフのみ。(夫婦で凄い!)

 

■オリンピックにはどうすれば出場できるの


オリンピックは男女のシングルスとダブルスが行われます。
※団体戦、ミックスダブルスはありません
出場数は男女ともシングルス64選手、ダブルス32組です。

サッカーやバレー、野球などと違い、テニスにはオリンピック予選はありません。
テニスの場合は、各国での代表経験の有無と世界ランキングによって出場できるかどうかが決まります。

□各国での代表経験の有無

出場資格は、まず第一に2001年~2004年の間に、男子はデ杯に、女子はフェドカップに最低2回以上、出場した選手である事。
さらに2回の内、1回は2003年~2004年である事です。

出場資格を満たしている選手を各国の協会が推薦するのですが
推薦を受けたからといって出場はできません。

□世界ランキング上位者

毎週発表されている世界ランキングの2004年6月14日(月)時点の世界ランキング上位者
(男子はATPランキング、女子はWTAランキング)

上記の参加資格を満たした選手の中からITF(国際テニス連盟)が国別の出場上限数に応じて出場選手を決めます。

ですので、最終的にはITFから参加の通知が来て、初めて決まるのですが、代表選手の経験もあり、現在、世界ランキング11位の杉山愛選手などは6月14日までの間にランキングが大きく下がることもないので、出場決定といえるでしょう。

 

■日本人選手の現在の世界ランキング


□男子ランキング(2004年5月10日発表ATPランキング)

 
 212位 鈴木 貴男
 270位 本村 剛一
 317位 寺地 貴弘
 325位 岩見 亮 
 346位 岩渕 聡
ダブルスのランキングでもトーマス嶋田が78位。
男子は出場の可能性は低い。

□女子ランキング(2004年5月10日発表WTAランキング)

 11位 杉山 愛
 46位 小畑 沙織
 53位 浅越 しのぶ
 61位 森上 亜希子
 127位 吉田 友佳
11位の杉山選手はほぼ決定。
46、53、61位の3人は5月24日(月)~6月6日(日)に行われる
フレンチオープン(全仏)の結果次第で出場の可否が決まる。

現在、世界ランキング11位の杉山愛選手はダブルスでの金メダルだけではなく、ランキング上位者のオリンピック欠場が見込まれるので、シングルスでもメダル獲得の大きなチャンスです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。