文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)

 

 


 

自分のテニスのレベルってどの程度だろうか?
はっきりとした記録が出る陸上や水泳などと違い、球技全般は結果の勝ち負けでレベルを図る傾向があります。
テニスも例に漏れず、強い人=上手い人という図式があります。

試合ではA君には負けないけど、B君には歯が立たない。 フォアーは上級だけど、バックはちょっとな・・・
それって中級?それとも上級?そんなことを考えたことはありませんか。
実はテニスにも技術レベルを客観的に判定するレイティングというシステムがあるのをご存知でしたか?

今回は日本では馴染みの薄いテニスレイティングについて、 仕組みやメリット、診断方法について解説したいと思います。

 

 

 ■レイティングが設けられた背景
 
従来、日本にはテニスの技量について一定の基準や尺度がなく、コーチの主観や印象、また、プレーヤーの経験年数や戦績等によって、技量や上手・下手の判断がなされてきました。
その為、プレーヤー自身はどのショットがいけないのか?
何を練習し、矯正すればいいか判らなかったのです。

これではいけないということでプレーヤーのプレー能力を個々に判定し、総合評価を認定する制度を設けました。
それが日本テニスレイティングです。

日本テニスレイティングは、ゴルフの公認ハンディと同様、テニスにおけるプレーヤーのプレー能力を認定する制度であり、実は国際的にも通用するものなのです。

 
 ■レイティングの仕組み
 
レイトは日本テニス協会より認定されたレイト査定員の査定を受けることにより取得することができます。



レイト査定内容は
フォアハンドストローク,バックハンドストローク,サービス,ボレー,オーバーヘッド,ロブ,ドロップショット7種類のプレーをスコア(340点満点)により診断し、その得られたスコアにより自動的に決定されます。

 

   

引き続き、レイトの診断方法を見てみましょう

 
   

 

   

引き続き、レイトの診断方法を見てみましょう

 
   

 ■レイトの診断方法
 
査定員の球出しを規定回数ヒットし、その打球が決められたエリアに入ればそのエリアのポイントが獲得できる。
 
[フォアハンドストローク]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
クロス
10回
20点
得意なショットで打つ。
ダウン・ザ・ライン
10回
20点
クロス・トップスピン
5回
10点
クロス・アンダースピン
5回
10点
合計
60点
 
 
クロス
ダウン・ザ・ライン
色付きのエリアの数字が獲得ポイント

[バックハンドストローク]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
クロス
10回
20点
得意なショットで打つ。
ダウン・ザ・ライン
10回
20点
クロス・トップスピン
5回
10点
クロス・アンダースピン
5回
10点
合計
60点
 
 
クロス
ダウン・ザ・ライン
色付きのエリアの数字が獲得ポイント

[サーブ]   赤線・・・ヒット
 
●デュースコート
種目
実施回数
満点
備考
センター(赤線)
5回
10点
フラット
サイド(青線)
5回
10点
スライス
交互
10回
10点
得意なサーブで打つ。
●アドバンテージコート
種目
実施回数
満点
備考
センター(緑線)
5回
10点
フラット/スライス
サイド(橙線)
5回
10点
スピン
交互
10回
10点
得意なサーブで打つ。
合計
60点
 
ポイントの数え方
・狙ったエリア 2点
・他のエリア 1点
[ボレー]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
ローボレーフォア
5回
10点
 
ローボレーバック
5回
10点
 
ハイボレーフォア
5回
10点
 
ハイボレーバック
5回
10点
 
合計
40点
 
 
ローボレ
ハイボレー
色付きのエリアの数字が獲得ポイント

[オーバーヘッド]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
右サイドへ
5回
10点
反対サイドへ入った場合は0点
左サイドへ
5回
10点
交互
10回
20点
ネットへタッチして下がって打つ
合計
40点
 
 
ポイントの数え方
・狙ったエリア 2~1点
・他のエリア 0点

[ロブ]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
フォアハンド
10回
20点
 
バックハンド
10回
20点
合計
40点
 
 
 
色付きのエリアの数字が獲得ポイント

[ドロップショット]   青線・・・球出し
赤線
・・・ヒット
 
種目
実施回数
満点
備考
フォアハンド
10回
20点
 
バックハンド
10回
20点
合計
40点
 
 
ポイントの数え方
打ったボールがサービスラインを越えるまでに...
・3回以上バウンド 2点
  ・2回バウンド 1点
・1回以下 0点

 ■レイト診断してもらう方法は?
 

1.レイティングがカリキュラムに入っているスクールに入る。
2.査定員の開催する査定会に参加する。
3.査定員を派遣してもらい診断を受ける。

レイティングを実施しているスクールやクラブ、レイト査定員については
都道府県や各地域のテニス協会、または日本テニス協会へお問合せ下さい。

診断してもらうと、レイティングカード(2年間有効)とレイティングチャートが発行されます。

 
 ■スコアとレイトの関係
 
国際基準に合わせたスコアとレイトの関係は次の通りです。
 

スコア

~91

92~113

114~136

137~159

160~181

レイト
1.0
1.5
2.0
2.5
3.0
スコア 182~202 204~226 227~249 250~271
272~
レイト
3.5
4.0
4.5
5.0
5.5

レイト6以上は戦績等により決定

 レイト6 : インカレ,全日本選手権等全国大会出場者
 レイト6.5 : 生活費の一部を賞金より得ている選手
 レイト7 : 世界的レベルの選手  

 

 


 

レイティングを取得すると
     
■自分自身のプレーの客観的評価が可能

欠点の矯正が容易にできます。
上達具合がショット別に認識でき、上達具合が判るので励みになります。

■レイト別トーナメントへ出られる

レイト別トーナメントへ出場することができます。
同レベルのプレーヤーとの対戦ですので、誰にでも優勝のチャンスがあります。

■サークルなどでの練習分けやペア決めに最適

サークルやクラブ等でのレベルによるコート分けや ゲームでのペア決めの際、客観的にできるためスムーズな運営ができます。

多くのメリットのあるレイティングに皆さんもチャレンジしてみませんか?
自分の課題や実力が判っておもしろいですよ!

 

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。