文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)


今年の秋もまたラケットメーカーから新機種が発表されました。
その中で最も注目を集めているウイルソンの
『TRIAD(トライアド)』シリーズの機能説明と
試打の感想をお伝えします。

機能的な特徴は
圧倒的に振動が手元に来ないということです。

その秘密はフレーム部分とフェイス部分をスロートで結合し、結合部分にアイソゾブという特殊ゴムを用いて連結しているからです。
このアイソゾブはゴールデンゲートブリッジにも使用されている超強化品です。

メーカーの説明によれば、
「ゴジラでなければ引き剥せない!」ということでもしも普通にプレーをして壊れたら保証する!とまで言い切っていました。
相当の自信あり!!って感じですね。

手に持ったボールをフレームにコンコンと叩くようにぶつけてみると振動の無さが他のラケットと比べて少ないことが大変良く分かりますので試してみて下さい。

『TRIAD(トライアド)』シリーズは全部で3機種
 
▼トライアド・ハンマー2.0(フェイスサイズ125)
▼トライアド・ハンマー3.0(フェイスサイズ115)
▼トライアド・ハンマー4.0(フェイスサイズ100)

全機種「ローラー」も搭載



1.トライアド・ハンマー2.0
   
【試打の感想】

 

 

最も大きな面サイズで中高年プレーヤー、ダブルスプレーヤーに適しています。
面が大きいためスイングが速い方には
ちょっと・・・という感じ。
振動吸収は面が大きいため思ったより効果を感じられません。
但し、ゆっくり振ると振動吸収効果が大きく現れます。
やはり使用者に合わせてある感じですね。

2.トライアド・ハンマー3.0
   
【試打の感想】

 

 

面サイズ115の扱いやすいサイズ。
スクール生など初級から中級のユーザーに最適だといえます。
男女を問わずに使えるタイプです。
やはりダブルス中心という機種ですね。
打球感もなかなか良く、振動吸収も強く感じます

3.トライアド・ハンマー4.0
   
【試打の感想】

 

 

今回の試打でコーチに最も評価が高かった機種です。
コーチや上級者プレーヤーなどはスイングスピードが速いためこの機種が最も「自分が打ちやすい」と感じたのでしょう。
私は典型的なダブルス好きですが、やはりこの機種が一番「お!これ良いじゃん!」と思いましたね。
インカレ、全日本クラスのスイングスピードの人にはこれでもちょっと飛びすぎる!と思えるでしょうが、一般プレーヤーにはシングルスでもピッタリです。
スピンも結構掛かりますよ。
打球感もとても良いものでした。

尚、『TRIAD(トライアド)』シリーズは全体的にグリップが細く感じます。
グリップサイズを決める際はその事を考慮してお選び下さい。

さあ、皆さんもご自分に適した機種を打ってみてね。
分からない時はコーチに相談するのが一番です。


1.トライアド・ハンマー2.0
   
【試打の感想】

 

 

最も大きな面サイズで中高年プレーヤー、ダブルスプレーヤーに適しています。
面が大きいためスイングが速い方には
ちょっと・・・という感じ。
振動吸収は面が大きいため思ったより効果を感じられません。
但し、ゆっくり振ると振動吸収効果が大きく現れます。
やはり使用者に合わせてある感じですね。

2.トライアド・ハンマー3.0
   
【試打の感想】

 

 

面サイズ115の扱いやすいサイズ。
スクール生など初級から中級のユーザーに最適だといえます。
男女を問わずに使えるタイプです。
やはりダブルス中心という機種ですね。
打球感もなかなか良く、振動吸収も強く感じます

3.トライアド・ハンマー4.0
   
【試打の感想】

 

 

今回の試打でコーチに最も評価が高かった機種です。
コーチや上級者プレーヤーなどはスイングスピードが速いためこの機種が最も「自分が打ちやすい」と感じたのでしょう。
私は典型的なダブルス好きですが、やはりこの機種が一番「お!これ良いじゃん!」と思いましたね。
インカレ、全日本クラスのスイングスピードの人にはこれでもちょっと飛びすぎる!と思えるでしょうが、一般プレーヤーにはシングルスでもピッタリです。
スピンも結構掛かりますよ。
打球感もとても良いものでした。

尚、『TRIAD(トライアド)』シリーズは全体的にグリップが細く感じます。
グリップサイズを決める際はその事を考慮してお選び下さい。

さあ、皆さんもご自分に適した機種を打ってみてね。
分からない時はコーチに相談するのが一番です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。