アイアンはライ角がすべて

シャフトとソールが形作る角度が、ライ角。方向性やソールの利きに大きな影響を与える
ライ角といえば、ご存知の通り、ゴルフクラブのソールとシャフトが形作る角度。ロフト角やシャフトの硬さなどと比べるとあまり注意されませんが、「アイアンはライ角がすべて」と断言する上級者の方も多く、クラブ選びの重要なポイントです。

ライ角が重要である理由のひとつに、ライ角が打球の方向性に影響することがあげられます。ライ角がフラットになるほど、フェース面は右を向き、アップライトになるほど、フェース面は左を向きます。この傾向はロフト角の多いクラブほど顕著になります。つま先下がりだとボールが右に行きやすく、つま先上がりだとボールが左に行きやすくなることと同じ理由です。この傾向を利用して、最近ではつかまりを良くするためにアップライトにしたドライバーや、逆にひっかけを恐れてフラットなライ角設定にしているクラブも存在します。

ライ角をチェックするために昔からある方法としては、アドレスしたときにアイアンのトゥ側のソールに10円玉が2、3枚入るように、というものがあります。ゴルフクラブはインパクト付近で縦方向にしなる、いわゆるトゥダウンという現象が起こります。それを加味して、少しトゥ側が浮いた状態が適正なライ角というわけです。

この方法は、適正のライ角を定めるうえで、なかなか有効だと感じます。しかし、現在はさらに進んで、実際にインパクトをむかえた時に適正なライ角になるように、という考え方が主流です。確かにアドレス時にすごくヒールよりで構えるジャンボ尾崎さんのようなゴルファーもいるわけで、あくまでインパクトライ角を基準にしたほうがよさそうです。

”人間試打マシーン”マーク金井さんが主宰するゴルフスタジオ、アナライズ。測定機器をはじめ、弾道計測器やスイング解析ソフトなどを完備
ライ角といえば、ピン。「体験!クラブフィッティングPING編」でも紹介したように、独自のカラーコードで分類された12種類のライ角を用意し、クラブフィッティングの中核にすえています。ピンでは、インパクトライ角のチェックにシールを使用しています。

なじみの多いところでは、老舗のゴルフ用品販売店、シントミゴルフ(残念ながら、1年ほど前に倒産)では、以前からライ角にこだわったクラブフィッティングを行い、人気を集めていました。

今回は、以前からライ角の重要性を提言し、実際にライ角フィッティングを行っている、クラブアナリスト、マーク金井さんが主宰するアナライズのライ角フィッティングを体験。自分にあった、適正なライ角とはどういったものかを考えてみたいと思います。

>>実際に適正ライ角計測!>>

実際に適正ライ角計測

ソールにシールを貼り、ライ角のチェック!
ショット後のシールについた痕で診断。ソール真ん中に痕があると良い
ライ角だけ異なる同じクラブで、適正ライ角を判断
スイング解析ソフトをつかい、総合的な診断が可能。シャフトが縦にしなるトゥダウン現象もはっきり確認できる
では、適正ライ角チェックの手順を紹介しましょう。まず最初に、現在自分の使っているクラブを計測します。ライ角はもちろんですが、長さ、ロフト角も合わせて計測し、スペック表を作成します。

スペック表が出来たら、早速、適正ライ角のチェック。マイクラブのソールにマーカーシールを貼り、実際に打球します。シールは、ゴルフ用品店の多くで販売されている一般的なものです。トゥとヒールの向きを間違えないように、ソールの真ん中とシールの真ん中を合わせます。

シールに残った痕がソールの真ん中についているようであれば、ライ角は適正。ヒール寄りに痕がつく場合は、アップライト過ぎ。トゥよりに痕がつく場合は、フラット過ぎということです。

アナライズでは、ヘッド、シャフト、グリップなどすべてが同一で、ライ角だけが異なっているライ角別の試打クラブが用意されています。マイクラブの試打結果をもとに、より適正と思われるライ角のクラブを試し、自分に適正のライ角を見つけ出します。ヒール寄りに痕があるようであれば、ライ角度がフラットな試打クラブを試し、逆にトゥ寄りに痕があるようであれば、マイクラブよりもアップライトなクラブで試打を行います。

それに加えてアナライズでは、スイング解析ソフトcSwingを用いて実際のスイングを撮影し、試打結果と個々のゴルファーのスイング傾向の両面から最適なライ角を推奨する形をとります。

ガイドが以前からライフィッティングについて、疑問に思っていたこと。それは、例えば、ものすごくスイング中に伸び上がり、手元が浮いた状態でインパクトするゴルファーがいたとして、そのゴルファーの適正ライ角は彼の伸び上がったスイングに合わせて強烈にアップライトに決めるべきなのか?ということです。スイング傾向を考慮しながらであれば、ライ角をある程度アップライトに調整しながら、スイングを良くなるように促すような好ましい形にできるかもしれません。

ここでガイドは、シャフトの硬さについて、マイクラブと試打クラブのシャフトの硬さが異なれば、トゥダウンの量も変わるため(シャフトが硬いほうが、トゥダウンは少ないと考えられる)、適正ライ角が変わるのでは?と質問。その答えは、厳密には変わってしまうが、変わっても0.5度程度とのこと。そのスイングの傾向は大きく変わらないとのことです。最終的には、マイクラブを調整して、より適正な角度に近づけることになるでしょう。

こうして、それぞれのゴルファーの適正ライ角を決定。適正ライ角カードがもらえます。

>>次は、適正ライ角に調整! >>

適正なライ角に調整を

測定後は、その場で適正ライ角に調整することが出来る。調整不可能なアイアンも多いので、まずは相談
マイクラブのライ角が適正ではない場合、アナライズでは、1本1000円で適正ライ角に調整可能。しかし、アイアンの素材などの兼ね合いによって、調整が出来ないケースも少なくありません。ライ角調整を前提に考えるのであれば、大抵ライ角調整可能な軟鉄鍛造アイアンの購入が、おすすめです。

アナライズで、これまでライフィッティングを受けたゴルファーの大半が2度程度アップライトで適正という結果が出ているといいます。もちろん、よりフラットなクラブがマッチしたゴルファーも存在します。いずれにせよ、クラブのカタログ上の数値そのままで適正なゴルファーは、意外に少数。そのことだけでも、調整の必要性を感じます。

また、アナライズでは、これまで1000セット以上のアイアンを測定し、市販のアイアンでそもそもカタログ値通りのライ角(ロフト角含む)だったものは、全体の5%にも満たなかったといいます。ガイドも、番手間でライ角度が逆転していたり、大きく数値が狂っているセットに何度も出会ったことがあります。1本だけ引っかかったり、つかまらなかったりする番手がある事がありますが、そうした場合は、クラブが原因のケースが多いですね。残念ながら、市販されているアイアンセットでは、現状、何らかの調整が必要なケースがほとんどと言えそうです。

ちなみに、スイングや手の長さなど複数の要因によって変わってくるのですが、やはり身長の高いゴルファーは、アップライトなクラブ。身長の低いゴルファーには、フラットなクラブがマッチする傾向は確かにあるようです。身長183cmのマーク金井さんも市販品の平均に比べ、かなりアップライトなクラブを使用されています。

アナライズの計測結果を考えると、市販されている多くのアイアンが比較的フラットな設定といえます。その理由はわかりませんが、ゴルフメーカーで、身長が低めの方をユーザーに想定しているのでは、と考えるのが自然です。ちなみにアメリカモデルは、日本のクラブに比べて総じてアップライトな設定になっています。また、ゴルファーは極端な数字の変化を嫌う傾向にあるので、なかなかメーカーでもドラスティックに変えられないという側面があるのかもしれません。

以前、ブリヂストンスポーツから沼沢雄二氏デザインでライ角がかなりアップライト設定の「ACCESS」というブランドが展開されていましたが、商業的には今ひとつでした。ゴルファーは、革新的な性能向上を望んでいながら、スペックの数値や形状などが、大きく変わることを嫌う一面も持っています。それは、まさにゴルフクラブがもつゴルファーへの心理的影響を示す好例でもあります。見た目や数字から受ける印象なども、確かに実際のプレーに影響してしまうものなのです。

>>次は、適正なライ角とは?>>

適正ライ角がもたらす打感

左がマイクラブ、右が適正ライ角でのショット痕。ライ角が適正になると、痕はソール中心になり、ソールにかかる力は小さくなり(色が薄くなる)、軽やかな打感を生み出す
ガイドの測定結果ですが、多くのゴルファーとは逆にマイクラブから1度フラットという診断結果でした。マイクラブはとても平均的なライ角設定なので、身長178cmの私、おそらくアップライトなクラブを勧められるのではと予測していた自分としては意外な結果でした。しかし、ソールのややヒール寄りにいつも接地していることは常々感じていたので納得の結果でもあります。

実際に適正ライ角で試打を行った一番の感想は、何といっても打感の良さ。手ごたえは軟らかで、しかし、しっかりしたボールを打撃する感触があります。ソールは、薄く接地して軽やかに抜けていきました。実際にソールに貼ったマーカーシールの痕を見てもそのことは一目瞭然。私を含め、フィッティングを受けた全てのゴルファーが、マイクラブではソールのどこかに強く接地し、マーカーの色も濃いものでしたが、適正ライ角でのショット後は、ソールの真ん中にずっと薄く痕がついています。このソールがスッと抜ける感覚が、正しく、クラブの持つ機能を生かした打ち方になっている証拠。逆に言えば、ライ角の1~2度の違いが、ショットの質を大きく左右するともいえそうです。

ライ角が適正でないと、ソールが上手く使えていないということがいえます。その分、地面を強く打ったり、つっかかったりしてしまい、感触は悪くなり、また飛距離のロスにもつながります。フェアウェーバンカーやディボット跡、急な傾斜地などボールのライが良くないところからから打つと、極端に飛距離が落ちることはありませんか? ライ角が適正でないと、ソールがうまく使えず、突っかかる傾向が強くなるため、上手く打てなくなるというわけです。

しっかり芯に当てているつもりなのに、思いのほか距離が出ていない。または、あまり打感が良くないといった自覚症状のあるゴルファーは、ライ角を疑ってみるといいでしょう。

少しクラブをアップライトにして、つかまりを良くしたり、逆にフラットにして引っ掛けにくくするチューンナップがあります。上級者にも頻繁に利用されるポピュラーな調整方法ですが、これは厳密に言えば行わないほうが良いでしょう。理由は、やはりそうした調整を行うことで適正にソールを使うことが出来なくなってしまうからです。

適正でないライ角を使用する場合、スイングに悪影響を及ぼすことも考えられます。例えば、フラットで右に飛びやすいクラブを使用すると、無意識に左に引き込んでしまうようなスイングになってしまうなどといったようにです。

フィッティング後、適正ライ角カードがもらえる
ガイドは、その場では調整を行わず、スイングレッスンを受けながら少しづつ矯正しながら、最終的に自分の適性ライ角を決めることにしました。スイングの変化など、様々な要素によって、適正ライ角は変わっていきます。自分のスイングやゴルフの傾向などを考え、場合によっては調整後のライ角をさらに調整し、より適正なライ角にしていくことも有り得ると思います。

適正ライ角でのショットは、本当に心地良くおすすめ。それまでも距離はしっかり出て、変なショットはしていないつもりでしたが、その感触は格別でした。ベテランゴルファーでも、この感触、振りやすさを経験していない方も少なくないのではないかでしょうか。

アナライズの場合は、フィッティングが約50分で、料金が5,000円。機会があれば、ぜひ適正ライ角のフィッティングを試してみることをおすすめします。

【取材協力】
アナライズ神田スタジオ
104-0044 千代田区鍛冶町2-8-7光起ビルB2
03-5294-0160
yoyaku@analyze2005.com



<関連リンク>
体験!クラブフィッティングPING編1
体験!クラブフィッティングPING編2
試打で実感、シャフトスタビライザーの進化
絶賛シャフトスタビライザーの真価を探る
ロフト・ライ角調整でアイアンが変わる!
初心者ゴルファーのためのアイアン選び
アナライズ
マーク金井の書かずにいられない
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。