石川遼、早くも今季2勝目!

石川遼選手が、トーナメントで使用するヨネックスの「NANO V NEXTAGE TYPE430 ドライバー」。石川選手と同じシャフトも受注生産で装着可能
7月30日から8月2日、北海道小樽カントリークラブで行われたサンクロレラクラシックで、石川遼選手が今季2勝目となる優勝を果たしました。初日からトップを守り続けての完全優勝で、石川選手は17歳にして早くもツアー通算4勝。昨年2008年までは、プロの大会で高校生である彼がどれだけ通用するか?というところに関心が集中していましたが、もはや完全に日本トッププレーヤーとしての地位を確立したといえるでしょう。

石川選手は、これで賞金ランキング2位に浮上。現在、1位は賞金王獲得5回を誇る日本の第1人者、片山晋呉選手です。片山選手の賞金額には、今年のマスターズ4位での賞金が加算されており、国内ツアーのみでの賞金に限っていえば、石川選手は現在ダントツの1位。高額賞金の試合が続く、後半戦の出来如何によっては、史上初の10代賞金王の可能性も高くなりました。

今年前半戦のツアーは、有力なプレーヤーの成績がそれほど良くありません。賞金王経験者の谷口徹選手や日本ツアーに復帰した丸山茂樹選手、近年ブレイクを果たした矢野東選手、谷原秀人選手等もまだ優勝がない状況。後半戦の巻き返しも十分期待できますが、前半戦のアドバンテージは小さくありません。

今年、日本プロゴルフ選手権で優勝した池田勇太選手、全英で活躍した久保谷健一選手、全米プロにも出場した藤田寛之選手など、好調の選手がこれからさらに成績を伸ばしてくると、実際に賞金王レースで石川選手のライバルになる可能性が高そうです。

賞金王を狙うにあたり、石川選手の最大の強敵になりそうなのが、現在平均ストローク1位のブレンダン・ジョーンズ選手。サンクロレラクラシックでも石川選手と最終ホールまでもつれる激闘を演じたジョーンズ選手は、優勝がないにも関わらず賞金ランク現在2位。石川選手をしのぐほどの飛ばし屋でもあり、後半戦最大のライバルになるでしょう。

>>石川遼、賞金王獲得の可能性は?>>

石川遼、賞金王獲得の可能性は?

プロ転向直後、まだあどけなさの残る16歳当時の石川選手。その後は、予想を上回る活躍
石川遼選手の現在の部門別成績を見てみましょう。

最大の武器であるドライビングディスタンスは7位。勝負どころで放つ300ヤードオーバーのドライバーショットは迫力十分です。一方、フェアウェイキープ率は、51.56%の87位。優勝したサンクロレラクラシックでも最終日にOBを連発するなど、正確性は後半戦の課題です。

昨年2008年好成績の大きな要因となった平均パット数は4位。国内ツアーでは名手の部類に入るといってよいでしょう。バーディー率は2位。イーグル率は7位。攻撃的なゴルフにはますます磨きがかかっているといえます。全体的に昨年好調だった要素がさらにレベルアップし、前半戦の好調につながっているようです。

最終的に賞金王争いの行方を左右するのは、優勝回数でしょう。ご存知の通り、優勝と2位では賞金額に倍の差がつきます。1回でも優勝賞金が加算されると、賞金額に大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

特に後半戦は、優勝賞金が3000万円という高額賞金の大会が何試合も続きます。石川選手が後半戦で、もし2勝できれば、前半戦のアドバンテージもあり賞金王はほぼ確定。1度でも優勝があれば、賞金王はぐっと近づくでしょう。

以上のような点をまとめると、石川選手が賞金王を獲得する可能性は非常に高いとガイドは考えます。

大きな根拠としては、2点。

一つめは、実績のある実力者のプレーヤーの多くが、コンスタントな成績をあげられていないこと。賞金王候補最有力と目される片山晋呉選手も、故障に苦しんでおり、後半戦も万全の状態で臨める保証はありません。ライバルの不調は10代での賞金王獲得を後押しするでしょう。

二つめは、後半戦との相性の良さ。昨年10月の日本オープンまでは、予選落ちも多く十分な成績をあげられませんでしたが、後半大きく巻き返し、最終的には賞金ランキング5位となりました。良いイメージがある上、ゴルフ全体がレベルアップしており、ツアー本格参戦も2年目のため、経験を生かして昨年を超える好成績が期待できると思います。

現在、最年少賞金王の記録は尾崎将司選手の26歳。もし10代での賞金王が誕生すれば、日本のゴルフ界にとどまらず、世界的なニュースになるでしょう。後半戦の男子トーナメントでは、さらに石川遼選手に注目が集まりそうです。



<関連リンク>
石川遼、夢のマスターズで通用するか?
石川遼プロ、データで見る強さの秘密
総仕上げ!石川遼に近づくゴルフグッズ
JGTO オフィシャルホームページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。