石川遼、プロでの初優勝

国民的アイドルになりつつある(なってしまった)ハニカミ王子 石川遼。DVDや書籍も人気(DVD『15歳! 若きチャンピオン誕生の瞬間』)
2008年8月21日~24日に行われた関西オープンで、ハニカミ王子こと石川遼選手がプロ転向後初の優勝を飾りました。

石川選手は初日を7アンダー65の首位と好スタートを切り、そのまま最終日までトップという完全優勝ぶり。開幕戦の東建ホームメイトカップでは、最終日最終組で5位という好結果をマーク。その後、慣れない連戦の疲れなどで調子を落としていましたが、7月の長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップでは、プロ入り後自己最高の3位。徐々に調子をあげ、今回の優勝で完全に復調したと言えそうです。

もうすっかりツアーの中心選手となった感のある石川プロですが、まだ16歳。昨年2007年優勝のときは15歳であったことを考えると、改めて大変な才能の持ち主であることを感じさせます。16歳11ヶ月での優勝はもちろん史上最年少。それまでの最年少記録は、56歳のときに34歳の杉原輝雄プロを破った伝説的プロゴルファー、戸田藤一郎が持っていた18歳5カ月。なんと1933年から破られていない大記録でした。

ところで、この関西オープン、JGTO(日本ゴルフツアー機構)のツアースケジュールに含まれない、いわゆるツアー外の競技です。獲得賞金上位者に与えられるシード権を持った選手も3人しか出場していません。一体、どのような大会なのでしょうか?

>>次は、関西オープンとは?>>

関西オープンとは?

オープン競技への門戸は開かれている。実力さえあれば大舞台への挑戦も可能
関西オープンは、JGTO(日本ゴルフツアー機構)ともJGA(日本ゴルフ協会)とも異なる各地区のゴルフ協会によって行われるオープン競技のひとつです。他にも北海道オープン、中部オープン、中四国オープン、九州オープンなどがあり、これらの大会で成績上位に入れば、日本最高峰の大会、日本オープンの出場権を得ることが出来ます。石川プロも今回の優勝で、福岡県の名門、古賀ゴルフクラブで10月に行われる今年の日本オープンの出場権を獲得しました。

中四国オープンといえば、何といっても1980年に倉本昌弘プロ(※当時アマ)がアマチュアとして始めてプロの試合に勝ったことで知られる大会。アマチュア選手がプロの試合で勝ったのは、昨年2007年のマンシングウェアKSBカップにおける石川プロと、この時の2回だけです。ちなみにアメリカでは、フィル・ミケルソンがアリゾナ州立大学在学中のアマチュア時代にPGAツアーに勝利している例があります。

オープンとは文字通り開かれた大会。アマチュアでも参加資格をクリアすれば出場することが可能です。関西オープンの場合は、関西アマ、関西学生などの大会の上位選手、また予選会を勝ち抜くことで出場権を得ることが出来ます。関西アマの場合JGAから発行される公式ハンディキャップが9.4以下であれば予選に出場可能(※日本オープン予選は6.4)。実力さえあれば、関西アマの予選・本戦を突破し、関西オープン、日本オープンとより上位の大会へチャレンジすることが出来ます。

理論上は何の実績も持たない一般的なアマチュアゴルファーでも、超絶的なゴルフの技術があれば、日本オープンで優勝し、日本一のゴルファーの称号を手にすることも夢ではありません。あらゆるゴルファーに門戸が開放されているのが、オープン競技の最大の魅力です。

現に1993年には日大時代の片山晋呉選手が、日本オープン3位タイという好成績をあげています。日本女子オープンでは、2003年に宮里藍選手が5位タイ。2004年に諸見里しのぶ選手が5位など、優勝に迫る成績をあげたこともあり、前人未到のアマチュア選手による日本一も必ずしも可能性がゼロとは言い切れないのです。

こうした地区競技の歴史は古く、関西オープンはその中でも最古の大会で、第1回目は大正15年の1926年にはじまっています。日本のゴルフの次代を担う石川プロが日本最古のオープン競技に勝ったのも運命的といえるかもしれません。



<関連リンク>
総仕上げ!石川遼に近づくゴルフグッズ(All Aboutゴルフ)
15歳の新鋭、石川遼使用のこだわりグッズ(All Aboutゴルフ)
石川遼選手使用のこだわりグッズPart2(All Aboutゴルフ)
関西ゴルフ連盟
JGTO(日本ゴルフツアー機構)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。