横峯さくら選手も使用。チッパーとは?

横峯さくら選手も試したといわれるチッパー(写真はUSアスリート)
先日行われたフジサンケイレディーストーナメントの練習ラウンドでの出来事。横峯さくら選手がアプローチ専用クラブ、チッパーを使用していることが話題になりました。チッパーは、通常セッティングに加えることは少ない特殊なクラブ。ツアープロが使用する例は近年では全くないでしょう。

横峯選手は女子プロの中では抜群のパーオン率を誇るショットメーカーですが、ここ1.2年はアプローチの成功率が低くなっていました。開催コースである名門、川奈ホテルGC富士コースのきつい芝目をもつ高麗グリーンを攻略するため、チッパーでのアプローチを試してみたようです。

チッパーとはアプローチショットのために作られたクラブ。それも通常、5~9番アイアンを使用することの多いランニングアプローチをやさしく打てるように作られたクラブです。ロフト角の少ないモデルをジガーと呼ぶこともあります。パターと同じようにストロークしますが、ロフト角がある分だけ打ち出しから少しボールが浮き(「キャリー」と呼びます)、接地してからコロコロと転がす(「ラン」と呼びます)のが基本的な使い方です。

チッパーの特徴は、ロフト角が小さく、かつシャフト長が短いこと。一般的にアプローチでは、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ。P/S:ピッチングサンドと呼ばれる場合もあり)、SW(サンドウェッジ)を使用する場合が多いものです。ウェッジと呼ばれているこれらのクラブが、通常44~58度のロフト角であるのに対して、チッパーは10度以上ロフト角が立っています。これはウェッジよりも低い打ち出しで、よりラン(転がり)の出るボールを打つためです。

ロフト角と並んで特長的なのがシャフト長。パターやウェッジと同じくらいの比較的短いシャフトが装着されています(※40インチ強の中尺タイプもあります)。つまり、7~9番アイアンくらいのロフト角で、アプローチ用に使いやすく短くしたクラブがチッパーと定義づけられそうです。

ソールがすべりやすいように広く平たく作られているものが多く、最近ではよりパターに近い操作性を得るため、極太のグリップを採用しているものも増えてきました。

>>ルールに抵触するのか?>>

チッパーは、ゴルフルールに抵触するか?

チッパーについて多い誤解が、ルールに抵触する違反クラブだということです。結論から言うと、チッパーは違反クラブではありません。

チッパーは、ルール上はアイアンとして区別されます。ゴルフルールには、アイアンとして成立する条件が記載されていますが、これらを満たしていなければ違反となります。チッパーは、パターのようにストロークするケースが多いので、形状やグリップなどをパター同様にしてしまいアイアンとしての条件を満たしていないとルール違反となります。恐らく、過去に条件を満たしていないチッパーが存在したため、チッパー自体が違反であるかのような誤解を生んだのではないかと推測されます。

ゴルフルールの『ゴルフ規則裁定集』でも、チッパーの使用を前提とした記載があります。下記に引用してみましょう。

[4-1/3] チッパーの規則上の扱い
質問: 「チッパー」にはどの規則が適用となるか。

回答: 「チッパー」はパッティーンググリーンの外からの使用を主な目的としてデザインされたアイアンクラブで、ロフトは通常10度以上である。殆どのプレーヤーは、「チッパー」を使用する場合、「パッティーングストローク」を行なうようにしてストロークをするので、チッパーをパターのようなクラブにデザインする傾向がある。混同を避けるために、チッパーに適用される規則を列記すると、次のようなことが言える。

(1) クラブは、重さの調節を除き、調節できるようにデザインされたものであってはならない(付属規則II,1b)
(2) シャフトはクラブヘッドのヒールに取り付けなければならない(付属規則II,2c)。
(3) グリップの断面は円形でなければならない(付属規則II,3(i))。また、グリップは1つしか許されない(付属規則II,3(v))。
(4) クラブヘッドの形状は、大体において単純なものでなければならず(付属規則II,4a)、また、打面は1面だけでなければならない(付属規則II,4c)。
(5) クラブフェースは、インパクトエリア内の面の硬さや粗さ、材質、マーキングの各仕様基準に適合したものでなければならない(付属規則II,5)。

(『ゴルフ裁定集』2000年追加)

例えば、円形でない断面をもつパターグリップを装着すると、上記(3)の違反となり、ルールに抵触するというわけです。

>>「邪道」というイメージを払拭したPRGR R35について>>

悪評を払拭したPRGR R35&45

PRGRのランニングウェッジ「R35」
ルール違反と同時に多いチッパーへの誤解、「邪道」「オヤジ臭い」などといった悪評を払拭する存在となったのは、2005年にPRGRから発売された「R35」ではないでしょうか?

PRGRといえば、「ヘッドスピード」というコンセプトを最初に持ち込んだメーカー。ユーティリティークラブ「ZOOM」の大ヒットなど、新しい発想で開発するゴルフクラブに定評のあるブランドです。

もっとも「R35」は、チッパーではなく「ランニングウェッジ」と名づけられています。ピッチエンドランに使用するピッチングウェッジ、バンカーで使用するサンドウェッジと並べると、ランニングアプローチに使用するこのクラブの特徴がわかりやすくなります。

ロフト角35度で、通常のウェッジに比べてランの長くなる特性はまさにチッパーそのもの。キャリー1:ラン3の割合で打てるように設計されており、グリーンの外からパター感覚のラインでチップインを狙ったアプローチが可能に。ワイドなソール幅や太目の専用グリップ装着など、アプローチを行いやすい工夫がつまっています。総重量が547g、スイングバランスがE0(※ともに34インチの場合)と、他のクラブとは大幅に重くパターに近くなっているのも使用しやすくなっている重要なポイントです。

「R35」は、これまでのチッパーとは一線を画した丁寧な作りこみと、スタイリッシュな外観でスマッシュヒットとなりました。

今年、2008年2月には、ロフトを45度にして、アプローチをピンまで「キャリー1:ラン1」の割合で打てるように設計した姉妹品「R45」が発売に。下り傾斜や砲台グリーン、またグリーンエッジからの距離が短く、転がしていくスペースがあまりない場合などで力を発揮するクラブといえ、さらに選択の幅が広がっています。

>>気になるオデッセイ MARXMAN X-ACT 5について>>

オデッセイ MARXMAN X-ACT

オデッセイのアプローチパター「MARXMAN X-ACT」
オデッセイは、ゴルファーの間では既に説明する必要のない大ヒット商品「2ボールパター」を生み出したNo.1パターメーカーです。

そんなオデッセイから2007年10月に発売されたのが、「オデッセイ MARXMAN X-ACT(マークスマン・エグザクト)」です。こちらも「R35」同様、チッパーという呼称を使用せず、パターメーカーらしく“アプローチパター”という新しいコンセプトのクラブとしています。しかし、ロフト角37度に設定され、キャリーとランの比率は1:3を目安にグリーン周りから転がして寄せるという発想はまさにチッパーのものです。

「R35」と「MARXMAN X-ACT」に共通する点は、ワイドソールである点。これは手前からダフったとしてもソールがすべってミスになりにくくするための工夫。パターのように緩やかにストロークして、リーディングエッジが地面に刺さるほど鋭角に打ち込んだりしなければ、かなり手前からダフってインパクトしても実際のアプローチの結果はほとんど変わりないほど大きな効果があります。

「MARXMAN X-ACT」の独自の工夫としては、ネックが細いこと。グリーン周りでは、密集したラフがある場合も多く、芝の抵抗を小さくするための隠れたポイントです。

また、パターで定評のあるオデッセイ独自のフェースインサートを採用。打感は距離感に影響を与える重要なポイントなので、オデッセイパターを使用していれば同じようなフィーリングを得やすくなるでしょう。

PRGRやオデッセイといった大手メーカーからこうした新しいコンセプトを持ったクラブが登場したことは、ランニングアプローチ用のクラブが認知されることに大いに貢献したと思います。今後は他のメーカーからもチッパーが発売され、よりこうしたクラブが身近になるものと予測されます。

>>チッパーの使い方について>>

チッパーの使い方

打ち出しに少しだけボールを浮かせ、あとは転がして寄せるのがチッパーの基本的な使い方
グリーンを外した時に行う、いわゆるアプローチショットは大きく3種類に分類されます。ランニングアプローチ、ピッチエンドラン、ピッチショットです。

ロフトの少ないクラブで転がすのが、ランニングアプローチ。PWやAWでボールをあげて、着地後にコロコロと転がして寄せるのがピッチエンドラン。実際のプレーでは一番良く使用されます。SWやLW(ロブウェッジ)を使用して、ボールを高くあげて着地後のランを少なくしたアプローチがピッチショット。フェースを開いて打ちボールを高々と上げて止めるロブショットも同種のショットです。

状況に応じて、こうした打ち方を駆使しピンに寄せるのがアプローチショットの基本です。

その中で、一番簡単でかつ安全といわれるのがランニングアプローチです。転がしのほうが、ミスが少ないのは誰しもが認めるところ。青木功プロはアプローチの際、まずパターで転がせないかを検討するといいます。

しかし、実際のところ簡単だと言われるランニングアプローチも他の方法に比べて、大きなアドバンテージがあるかといえば疑問が残ります。ランニングアプローチを試してみて打ち損じたり、全く距離感が出なかったことも多いのではないでしょうか?

失敗の大きな原因が、ウェッジ以外のクラブでのアプローチに慣れていないことではないかと思います。本来、ショートアイアンの小さなショットでアプローチするのは、ウェッジと比べてヒットしやすいはずなのですが、普段から練習していないとトップや大ダフリなどの大きなミスが起こります。

またロフト角が小さいため、ちょっとした加減で大きく距離の誤差がでる可能性があります。青木プロの5番アイアンやタイガーウッズのスプーン(3W)でのアプローチのように、ロフト角の小さなクラブで短い距離の微妙な距離感を出すのはかなりの上級テクニックといえるでしょう。

チッパーは、前述したようにランニングアプローチを簡単にするための道具です。ロフトを固定することで、キャリーと転がりを計算しやすくしてくれます。「R35」や「MARXMAN X-ACT」は、キャリーとランの比率を1:3の目安でプレー出来るように作られています。実際のグリーンには上り下りの傾斜がありますが、例えば下りのアプローチでは、キャリーとランの比率を1:5で計算して打つなど工夫すると距離が合いやすくなります。

ツアープロの多くはSW一本で、転がしたりボールをあげて止めたり自由自在にボールを操ります。しかし、一般的なゴルファーの場合、SWはもちろんのこと、PWやAWであってもアプローチショットでボールが上がりすぎ、距離感の合わないケースが多いのではないでしょうか?

チッパーを用いて、ランニングアプローチで起きがちなミスが軽減できれば、とりあえず転がしでピンに寄せることを厭わなくなるでしょう。それから状況によって、ウェッジを使ってボールをあげることを考えます。アプローチで転がる、あげるの使い分けがはっきりし、スコアアップに好影響を与えるものと思います。

>>チッパーは邪道か?>>

チッパーは邪道か?

チッパーは比較的価格が安いものが多く、試しやすい(写真はSANDJAWS CHIPIN36。1万円程度で購入可能)
前述しましたが、チッパーの使用は「邪道」「オヤジ臭い」などの誤解をいまだに受ける場合が多いのです。チッパーの使用率が高まれば、こうした誤解は少なくなると思いますが……。自分だけ人と違ったアイテムを使っていると気になったりするものです。

ツアープロが使用することがないのも、正統派でない印象を与えます。しかし、プロや上級者がチッパーを使用しないのは、ミドルアイアン、ショートアイアンで十分代用が出来る技術がある点と、キャディバッグの中に入れることを許されたパターを除く13本で、ドライバーからSWまで自分の思い描く間隔で距離を刻めるようにセッティングするためです。

200ヤード前後の長い距離をしっかり刻めるゴルファーはごくわずか。苦手なロングアイアンを抜いてチッパーを入れるほうがスコアアップにつながるゴルファーは多いのではないかと思います。

ガイド個人としては、人と違うセッティングにするのに抵抗があれば使用する必要はないと思います。そうした心理的なコンディションもプレーに影響を及ぼすからです。一方、アプローチが苦手でスコアを崩しているゴルファーには、チッパーの使用がスコアアップのきっかけになるかもしれません。

興味があるゴルファーは、まず低価格のものを試してみることをおすすめします。1万円以下で売られているものが多いですし、中には数千円程度で購入できるものもあります。それでしっかり、練習し自信がついたらコースで試して見ましょう。寄せワン(アプローチが寄ってワンパットでカップインさせること)やチップインなどの成功体験が重なれば、きっとチッパーへの見る目が変わるでしょう。



<関連リンク>
USアスリート チッパー(レザックス)
オデッセイ MARXMAN X-ACT(キャロウェイゴルフ)
PRGR R35&R45(横浜ゴム)
SANDJAWS CHIPIN 36(ビッグアップルゴルフ)
チッパーやジガーは適合クラブですか?(日本ゴルフ協会 ゴルフ規則・用具FAQ)
使用者急増!スティック型練習器具
レッスン不要のオススメ練習器具 その1
レッスン不要のオススメ練習器具 その2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。