憧れのゴルフ会員権

ホームコースを持つことはゴルファーの夢
ゴルフを始めると当面の目標はコースデビュー。上達にしたがってプレーの頻度も増え、ゴルフクラブなどの用品類もだんだん気に入ったものが欲しくなります。そして、最終的なゴルファーの夢と言えば、やはりゴルフ会員権を手にして、自分のホームコースを持つことではないでしょうか?

ゴルフ会員権とは、会員制ゴルフ場の会員になった「権利」のことです。ゴルフ場には、誰もが予約可能なパブリックコースと会員のプレーのためのメンバーシップコースがあります。メンバーシップコースのほとんどが、預託金制クラブという形式で会員権が譲渡可能となっています。これらは、流通性が高く、相場変動があるのが特徴で、通常、ゴルフ会員権という場合、この預託金制クラブの会員権を指します(※この預託金については次回解説します)。

しかし、ゴルフが大好きを自認するゴルファーの中でも案外、会員権について知られていないのも事実。雑誌広告の会員権相場表を見てその金額だけを見て腰の引けたかたも多いのでは?

そこで今回は、初中級者を対象にゴルフ会員権の初歩的な知識を解説します。

>>次は、ゴルフ会員権のメリットについて>>

ゴルフ会員権のメリットとは

気の合った友人とのホームコースでのプレーは格別!
会員権を手にすると、以下のような特典があります。いずれもゴルフにのめりこむほどメリットは大きくなります。

1.プレー料金が大幅に割安になる
メンバーにはグリーンフィーを無料か大幅な割引をしています。特に割高となる土日のプレーでのメリットが大きくなります。

2.月例競技・クラブ競技に参加できる
メンバーシップのゴルフ場では、通常、月例競技と呼ばれるコンペが行われます。ハンディキャンプを用いていて誰にでも優勝するチャンスがありますが、ゴルフルールにのっとった、れっきとした試合です。メンバーにはそうした試合の出場資格が与えられます。

また腕前に自身のあるゴルファーは、ハンディキャップなしのクラブ選手権などに参加できます。そこで優勝したゴルファーは、通称“クラチャン”(※クラブチャンピオンの略)と呼ばれ、大変な栄誉となります。

ほか、スコアカードを提出してオフィシャルハンディキャップを取得できるのもメリットのひとつです。

3.優先的にプレー予約できる
メンバーシップのゴルフ場の場合、メンバーは優先的に予約できます。予約がとりづらい土日プレーには大きなメリット。タブーとされがちな一人での予約も他のプレーヤーを融通してもらい、プレーできる場合がほとんどです。

また、名門と呼ばれているようなコースでは、そもそもメンバーの紹介がないと予約が取れずプレーすらままなりません。メンバー中心のコース運営を行っているゴルフ場は現在も大変多いのです。逆に言えば、メンバーになることでそうした恩恵にあずかることができます。

4.ホームコースを持つこと
自分のホームコースを持つのはゴルファーにとって自分の所属場所を持つことであり、非常に重要な意味を持ちます。多くのメンバーとの交流があり、それらは上達の契機にもなるでしょう。練習場のみを利用したりといった裏技もメンバーには寛大です。

ゴルフを通して、色々な交流がありゴルフライフを楽しめることが会員権の最大の魅力かもしれません。

>>次は、会員権選びのポイントについて>>

会員権選びのポイント

コースはもちろんロッカーなどの設備も評価のポイントに
実際に会員権を購入するかどうかは別として、自分が購入するにはどんなゴルフ場が良いか、想像してみるのは楽しいもの。購入を考えている方もそうでない方にも役立つ、会員権選びのポイントを紹介します。

1.アクセスが良いこと
ガイドの実家の近くには車で15分から30分でいけるゴルフ場が何箇所かあります。そうした恵まれた立地であれば問題はありません。しかし、東京近郊のゴルファーにはアクセスは切実な問題。

近くにゴルフ場のあるゴルファーには信じられないことですが、例えばガイド自身も午前4時には起床して、高速道路代を浮かせるために他のメンバーを車で迎えに行き、200km以上離れた茨城県のゴルフ場や片道3000円かかる東京湾アクアラインを利用して、千葉県のゴルフ場でプレーしています。これ以上書くと、恨み節になりそうですが……。車で一時間程度のアクセスが理想とされています。

2.予約の取りやすさ
予約の取りやすいゴルフ場を選ぶというのは、選び方の基本ですが具体的にはどう選べばいいのでしょう? 目安になるのはメンバー数です。ホール数や積極的にプレーするアクティブな会員数などの関係もあるので一概には言えませんが、1300名前後であれば予約が取れない状況はおきにくいでしょう。

3.プレー環境
ゴルフプレーを楽しむためには、最も重要かもしれません。コースのレイアウトが自分のもとめるゴルフプレーにあっているかを判断します。フラットで広々としたゴルフ場でゴルフしたいと希望しているのに、フェアウェイが狭くドッグレッグ(コースの曲がり)の多いホールの多いゴルフ場では困ります。上達を目指すゴルファーは、コースレート(ゴルフ場の難易度を示す数値)の高いゴルフ場を選ぶと良いでしょう。

またコースメンテナンスも重要です。特にグリーン管理はゴルフ場の評価に直結する要素です。グリーンがいつも整備されて良い状態のゴルフ場は他のメンテナンスも行き届いているといっても過言ではないでしょう。

ロッカーや浴室などクラブハウスの設備も考慮に入れたいところです。レストランの食事もできれば口に合うほうが良いですね。

次回も引き続きゴルフ会員権選びのポイントを解説します。



<関連リンク>
1netの日経ゴルフ
住地ゴルフ
日本ゴルフ会
ゴルフホットライン
シントクゴルフ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。